ミシマ社から「バンド クリープパイプ」(新刊2090円)が出ました。

これは、「インタビュー」(ミシマ社2420円)や「善き書店員」(ミシマ社1980円)等の著者木村俊介が、今年バンド結成して10周年を迎えるクリープハイプのメンバーに、インタビューしたものです。4人のメンバー一人一人から丁寧に話を聞き取り、インディーズアルバムの成功とメジャーデビュー、解散の危機、バンドへのバッシング、ミュージシャンとしての身体的トラブルなど、10年間の様々な困難の中で、彼らが何を感じたのかが語られています。

しかし音楽に限らず、表現の場で問題にどう対処し、乗り越え、時にはその渦中で自分自身をどう見失ってゆくのか、他者とのコミュニケーションの難しさ、表現者として、人間としてどう伸びてゆくのかを、インタビューから浮かび上がらせた本だと思います。

フロントマンの尾崎世界観(ボーカル・ギター)は、こんなことを話しています。

「他流試合のような場面では、とくに積極的に『自分のなにがダメなのか』を人に訊いたり、確認し たりしています。そのあたりの勉強は、必ず音楽に返ってくると思っています。 そうやって『知らない、わからないという自分の至らなさ』に向き合うプロセスのなかでは、気づくことがいくつかある。その新鮮さを、かつてそうだったように音楽で感じられるのが、ほんとうはいいのですが。でも、十代の頃からバンドばかりずっとやってきたなかでは、それなりに音楽というものの本質が見えてきています。」

これは、一人の若者がいかに謙虚に自分の表現に向き合っているのかを、木村が聞き出した場面です。尾崎は、この春から夕方の放送のラジオ番組でパーソナリティーを担当しています。リスナーの年齢層が高いところで、さらに研鑽しようとしています。初回のゲストは落語家の立川談春さん。立川の話し方を聞いて、彼はこう語っています。

「談春さんは『自分の言葉は、確実に伝わる』という確信を持ちながら喋っているように見えるんです。そこを見習いたいと思って、話をさせてもらいました。」

彼の学びへの姿勢はとても素敵です。「何事も勉強」こんな古臭い言葉が新鮮な輝きを伴って蘇ってくる一冊です。

クリープハイプの曲では「ただ」がオススメです。youtubeで聴けます。

 

 

 

左京区浄土寺にある「ホホホ座」は、皆さんよくご存知の書店。この店を切り盛りする二人、山下賢二さんと松本伸哉さんの本「ホホホ座の反省文」(ミシマ社1944円)は、最初、なんや二人の愚痴本かいなぁ〜、なめんとんなぁ〜、などと思いつつ読み始めたところ・・・・・。

読み進めてゆくと、実に面白い。

「『わざわざ言いたいためだけに、遠回りをする』ことは、意識的にやっているわけではないのですが、なぜか、ホホホ座では多い気がします。日頃、無駄話ばかりしているからでしょうか。面白い表現は、合理性から離れたところから生まれる。そんな気もしています。」とか、「あらゆる物事は、自然発生的に始まることが、一番長続きし、強い。と僕は考えています」という山下さんの文章に出会うと、そうだよな、と納得します。

ホホホ座開店への道、そして京都市左京区という特殊な環境下で、どのようにしてホホホ座を育ててゆくか、二人の考えが明らかにされていきます。ホホホ座が開店したビルの二階で、元々古本屋「コトバヨネット」を営んでいた松本さんは、2000年前後から書店業界でのナチュラルな暮らし・生活を目指す流行に対して、こうぼやきます。

「ひたひたと忍び寄る『暮らし・生活系』の足音に、お店の存続をかけて歩調を合わせながらも、時として、その道に、バラバラと画鋲をまき散らしたくなることもあります。それは、常に人生の脇道に追いやられていた、サブカル者としての怨念と、燃えカスのようなプライドがもたらす、屈折した感情なのかもしれません」

「バラバラと画鋲をまき散らしたくなる」というご意見、私も同感です。その手の本一色に染まってゆくことへの苛立ちは、今もあります。

これは素晴らしいと思った山下さんの考え方を見つけました。子供が買って欲しいとねだった本を、親が難しいからもう少し大きくなってからと拒む、よく見かける光景に対して彼はこう書いています。

「その本に『大きくなってから』出会うチャンスは、決して多くはありません。そもそも、本は可能性を開拓するためにあるので、今この時点で、理解できるかどうかは、たいして重要ではないのです。

可能性しかない子どもが、直感で『面白そう』と思った本は、なるべく買ってあげるべきだと、僕は考えています。」

ぼやき本かと思っていたら、深く考えさせる。あるいは、こんな新しい仕事のやり方ってあるんだと驚かせてもらえる刺激に満ちた本でした。二人の中年男の今後に嫌が応にも期待度アップ。

ところで、版元のミシマ社が作ったポップが素晴らしい出来!

「もはや夢も希望もなく それでも毎日店あけてます。」

そして帯の文章

「『ていねいな暮らし』『セレクトショップ』『夢を持とう』…..そういうものに疲れてしまったすべての人へ。」

お見事!座布団一枚です。

 

 

トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。

 

 

最近リリースされているミシマ社の新刊は、眠っている脳みそをハンマーで殴って、刺激を与えてくれる本が多いように思います。森田真生著「数学の贈り物」(1728円)、松村圭一郎著「うしろめたさの人類学」(1836円)そして、最近出された安田登著「すごい論語」(1944円)も、そんな一冊でした。

今から2000年以上も前に、孔子の言行を弟子たちがまとめたのが「論語」です。「子曰く」で始まるアレです。あぁ、早くも辛気くさそうな気配がしてきますが、孔子の研究者ではない三人の著名人が、著者の安田と語り合うというスタイルを取っているので読み進めることができました。その三人とは、音楽家で作家のいとうせいこう、宗教家の釈轍宗、情報学のドミニク・チェン。安田も本職は能楽師ですので、これまた論語の専門家ではありません。

で、これを読んで論語がわかったかと問われれば、理解できないことも多々ありました。しかし、なんだかもうメチャクチャ面白い。いとうせいこうとは、「『論語』に『音楽』を投げてみる」というテーマでスタートするのですが、

安田 「あの、本題からどんどん離れちゃっていいですか?」 いとう「どんどん行きましょう。僕もそういう方向に話を展開していますから」

という具合に、四方八方へと話題が飛びまくるのです。論語で音楽を意味する「樂」という言葉を巡る話から、笑いの話へと移行し、いとうが「『樂』の対象はもともと先祖だったんですね。芸事の基本は先祖を喜ばせることにあるっていうのは、僕はすごくしっくりきます。」と発言し、客席の一番前を笑わせているのはたいした事のない芸人で、大向こうの客を笑わすこと、それは延長すれば、そこにいない人、すでにこの世にいない人を喜ばせる感覚を理解しているという言葉に対して、

安田「なるほどまさに、『樂』を届かせようとするのは、いまここにいない人です。そこに届かせるところから、『樂』や芸事は始まったという事ですね」

と答えています。もう、ここら辺りは芸とは何かみたいな論議です。

三人の中で最後に登場するドミニク・チェンは、一番知名度が低い人だと思いますが、彼が言った「ヒューマン2.0」を巡ってのスリリングな対話は、脳みそガンガンとやられます。とても私には要約できませんので、本文をお読みください。

読み終わって、アレ?論語の本読んでたんだよなぁ、と再度タイトルを確認しました。頭脳明晰な人たちの会話って、これほど刺激を受けるものなのだ、ということを見せつけられた一冊でした。

著者とは、一度ミシマ社のパーティーでお会いして、少しお話をさせていただきましたが、何事にも興味津々という知性の塊のような、面白そうな方でした。そのイメージ通りの本です、これは。

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)


ミシマ社から出た森田真生「数学の贈り物」(新刊/1728円)を読みました……..。『「一般に、自然数のたし算とかけ算の間には、a(b +c)=ab+ac という『法則』が成り立ち、これが『分配則』と呼ばれる。」 

なんや、これ、さっぱりわからん! こらぁ、ミシマ社!お前ん所は、いつから専門書出版社になったんや!責任者、出てこんか!と本を投げつけようと思いましたが、なぜか、頭の方は読み続けようとするのです。イライラするなぁ〜と歯ぎしりしながらも読んでいくと、なんだかわからんままに、これが面白いのです。

この本、数学研究者として在野で研究を続ける著者の初の随筆集です。中学の時、古代ギリシアの数学者ユークリッドに出会い、彼の編纂した「原論」に触れます。「学校の数学で、第一巻の命題の証明を、一つずつ再現させられる授業があった。僕はこの授業が気に入って、毎週、幾何の時間が楽しみだった。」という数学少年でした。

だからと言って、この随筆集は数学に関するものではありません。一人の子供の親として、日々感じたこと、暮らしの中で気づいたことを、数学者らしい思考で書いてあります。芭蕉、道元、マルクハーン、岡潔など、多彩な人物が登場しますが、明晰な文章が読む者の心に響いてきます。いかなる権威のある機関、大学に頼ることなく、在野で研究し、発信し続けている学者の矜持があるので、(私にとっては)ややこしい数式を前にしても、この人の考えていることを知りたいと思うのかもしれません。

「自明視されていた様々な規範が、音を立てて壊れていく」のが現代だと指摘し、そんな不確定な時代を生き抜くために、「不確かな未来を恐れてパニックに陥ることは、不確かな未来は『悪い』未来であると、決めつける傲慢さの裏返しだからだ。『戸惑い(bewilderment)』は『パニック』よりも謙虚なのである。『恐ろしい未来がくる』と思考停止で叫ぶよりは、『何が起きているのかさっぱりだ』と困惑しながら、考え続けることの方が前向きだ。」という意見には、そうだ、そうだと拍手したくなりました。

最初に書いたように、すべてを理解できているとは思えませんが、う〜む、ここは手強いなと思いつつも、再度ページをめくっています。「数には、人の心の向きをそろえる働きがある。『六日後に会おう』と約束すれば、まだ来ぬ時間に向かって心が揃う。『右から二番目の椰子の木』と言えば、会話している二人の注意が、同じ木の方へ揃う。数は世界を切り分け、その切り分けに応じて、人の心の向きを揃えていくのだ。」という著者に、注目していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

イスラム研究者の内藤正典とイスラム法学者の中田考が、イスラムについて語った「イスラムが効く!」(ミシマ社1728円)を、時に笑ったり、時に成る程と頷いたりしつつ読みました。これ、大上段構えて、イスラムとその世界を論じたものではありません。こういう考え方もありか、と思って読んでいると不思議に心落ち着きます。

著者の内藤正典が、同社から出版した「となりのイスラム」(ミシマ社1728円)も以前ご紹介しましたが、さらに分かりやすくイスラム教と、その信者の人たちの生活を語りながら、窮屈で八方塞がりの日本社会でなんとか生きている私たちに、発想を変えてみませんかと教えてくれます。

「マー・シャー・アッラー」

これは、「アッラーが望みたもうたこと」という意味だそうです。

「悪いことがあっても、『それはきっと次に起こる良いことのためになるのだ』という考えなんです。

悪いことがあると、私たちは、こうしなかったからだ、ああしなかったからだと反省しがちです。しかし、イスラム教では、神様が次に良い事を望み、それを自分で発見することがげきる前触れなのだ、だから良いことなんだという、ノーテンキながら、そう信じていればラクになってくる考え方です。」

ところで、ムスリムはうつ病気になりにくいらしいです。え?そうなん?と思いますが、物事の結果責任が自分に返ってこないように出来上がっていることを考えると、納得できます。あ、それ、神様が決めたんで私の責任じゃありませんよ、と考えるのが当たり前ならそうかもしれません。日本社会はストレスを軽減するための知恵を生み出すことが下手だ、という指摘に著者の内藤はこう続けています。

「ものごとの結果責任が怒涛のように本人に押し寄せてくるんじゃ、生きているのもつらい。イスラームがもっているストレス軽減の知恵、言い換えれば『癒しの知恵』に学ぶべきところがたくさんあると思っています。」

イスラームの教えの基本は「人の言うことを気にしなくてもいい」です。神様がそれで良しなら、もうそれで完結です。神様に従っているから、あかの他人がどう言おうと関係ねぇ、もうこれだけです。そしてイスラム教には聖職者は存在しません。

「神様になり代わって、『あなたの罪は赦された』みたいなことを言う人がいない。カトリックでは司教さんの前で「懺悔』をすると言いますよね。ところがそれがない」

信者と神様だけのストレートな関係しか存在しないので、他人がなんと言おうとどうでもいいようになっているのです。このへんの考え方を読むだけでも、なんか心が楽になってきそうです。この本は、イスラムってこんなに楽チンですよ、と伝えてくれます。だからと言って、イスラムに改宗するとか、入信するとかそんなことを進めるトンマな本でもありません。

世界に3人に1人がイスラム教徒になるご時世、隣のイスラム系の人たちにラクに生きてゆく方法を聞く日って、そんなに遠くではないと思います。

さて、レティシア書房は開店から丸7年を迎えました。7年前の今日、前日からの雨が上がりとっても暖かな良いお天気でしたが、お客様は来て下さるのだろうかと不安を胸にシャッターを開けたことを覚えています。これまで支えて下さった皆様に改めてお礼を申し上げます。毎日のブログもこれからも頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

エチオピアの農村や中東で、フィールドワークを続けてきた文化人類学者松村圭一郎が、その活動を通して、世界を、私たち日本人を、見つめ直した「うしろめたさの人類学」(ミシマ社/新刊1836円)は、新しい発見が沢山ある素敵な本です。

目次には「経済ー『商品』と『贈り物』を分けるもの」とか、「関係ー『社会』をつくりだす」、「国家ー国境で囲まれた場所と『わたし』の身体」等々、難しそうなタイトルが並んでいますが、最後まで読めるかな〜?などの心配は無用です。

「できれば人類学とは無縁の人に自分の言葉で届けたいという思いでここまで書いてきた。願わくは、紡いできた言葉が学問の垣根を越えた越境的な贈り物となることを祈りつつ」と最後に書かれている通り、もう、めちゃくちゃ日常の事柄を例を引っ張ってくるので、成る程、成る程と読み進むことができます。

まず彼が足しげく通ったエチオピアの様々な現場から、新しい考え方を模索していきます。例えば、この国では、みんな平気で物乞いにお金を渡します。

「物乞いに抵抗なくお金を与えているエチオピア人の姿を見て、なぜ自分はお金を与えることに躊躇するのだろう、と問うことができる。他者の振る舞いから、自分自身がとらわれた『きまり』の奇妙さに気づくことができる。人の振りみて、我が身を疑う。これが人類学のセンスだ。」

良い言葉ですね、「人類学のセンス」って。遠い所にあった人類学という学問がぐぐぐっと近づいてきます。

人類学のフィールドワークでは、当然その地の人と深い関係性を持ちます。様々な状況で、色々な感情、行動を体験します。そんなフィールドに馴染んだ身体は、フィールドから、ホームに戻ってくると、あれ、なんか違うなぁ〜というずれを経験します。「自分の居場所と調査地を往復するなかで生じる『ずれ』や『違和感』を手がかりに思考を進める。それは、ぼくらがあたりまえに過ごしてきた現実が、ある特殊なあり方で構築されている可能性に気づかせてくれる。」

私たちがいきる社会を構築しているものは何なのか、その延長にある国とは何なのかと、答えを求めていきます。格差は深く進行し、膨大な情報の洪水の中に溺れ、人とのつながりが遮断され、出口の見えない孤独に苦しむ。しかし、表向きは、街がピカピカに美化され、格差なんてどこにも存在しないような顔をしているのが、今の日本だとすると、「ホームレスも、障がい者も、精神を病む人も姿を消した街は、どんなにきれいに開発されても、ずっと生きづらい。バランスの崩れた場所になっているはずだ。格差を突きつけられる機会が失われているのだから。表向きの『美しさ』は、その裏で不均衡を歯止めなく増殖させてしまう。」ことになります。

震災の映像を見て、何もしない自分のうしろめたさを感じ、義援金を送った人も多いはず。著者は言います。

「知らないうちに目を背け、いろんな理由をつけて不均衡を正当化していることに自覚的になること。そして、ぼくらのなかの『うしろめたさ』を起動しやすい状態にすること。人との格差に対してわきあがる『うしろめたさ』という自責の感情は、公平さを取り戻す動きを活性化させる。」

うしろめたさを起動することで、現実を見直し公平さへの希求が持ち上がるのだという事を、多くの体験を通じて、私たちに語ってくれます。本書は、今年度の「毎日出版文化賞特別賞」を受賞しました。

 

 

 

 

 

マスコミ報道、TVニュースで「イスラム」という言葉が、飛び交っています。そして、受け取る側は、あんまりイスラム人に近づきたくないイメージを持ちがちではありませんか。

しかし、そのイメージがいかに誤ったものであるかを、はっきりと極めて分かりやすく教えてくれるのが、内藤正典「となりのイスラム」(ミシマ社/新刊1723円)です。世界の人口の1/4にあたる15〜6億人がイスラム教徒といわれているのですから、彼らと関わることなく生きてゆくのが困難になってきています。

「イスラムにはキリスト教の『原罪』という感覚はありません。単純な話で、『生まれてきた赤ん坊に罪なんかないだろう』ということです。キリスト教では生まれながら人間は『原罪』を背負っていることになっていますが、イスラムにはそういう”辛気臭さ”はありません。」

ミッション系の大学に通学していたので、「宗教原論」が必須でした。その講義で、のっけに出た言葉が「原罪」です。なんじゃ、それっ???の状態でしたが、この本に出会ってすっとしました。

イスラム教は、利子を禁じていることをご存知ですか。私は池澤夏樹の著書で、彼がそのことに賛同していたことから覚えていました。「簡単に言ってしまえば、眠っているあいだに金が増えたり減ったりするということがダメだという意味です。」何もしないのに、お金が増えているっておかしいですよね。高い利子に目がくらみ、無謀な投資を行い、すってんてんになった人の話はそこら中にあります。ちゃんと汗かいてお金儲けしようよっていうのは、当然の教えではありませんか。

著者はイスラム教徒の本質をこう見ています。

「他人を騙すようなことは決してしない、他人を見下さない、自分の家族を含めて、何が正しいことなのか、いつもそれを考えて行動する。」

だから、イスラム圏に旅すると、安心と平安をもたらすと感じるそうです。キリスト圏の国に旅した時には感じない、だらっ〜としたリラックス感に満たされるのだとか。そういうことを、著者自身の体験を交えて書いています。そこから、実際にイスラム教徒とお付き合いする時に、どうすべきかが丁寧に解説されています。お役立ち情報満載です。

さて、そんなイスラム教徒のイメージが凶悪なものになってしまったのは何故なのでしょうか。暴力組織として恐れられている「イスラム国」最大の問題は、「イスラム千四百年の『共存の歴史』に学ぶつもりがさらさらないということです。寛容であり、共存のために積み重ねてきたイスラムの伝統や知恵を、完全に無視してしまうことなのです。」

一方で、先の大戦で西欧列強が、今の中東・イスラム世界をずたずたに分割し線引きをし、植民地支配を続け、あげくにイスラム文化よりもヨーロッパ文化が上であると考え、無理矢理欧化させようとしたことが、イスラム国の暴力化に火を付けたのだといいます。フランスでは公教育の場から、イスラム教徒の女性が身につけているスカーフやヴェールの着用を禁止しました。彼女たちにとって、髪の毛やうなじは性的な羞恥心の対象です。だからスカーフなどで隠しているのです。例えば、ミニスカートをはくのが恥ずかしい人は、パンツルックにするとか、ロングスカートをはきます。何を着るかは、本人が決めることであって、国家があれこれ指示することではありません。イスラム文化が劣っているから、優美なフランス文化を教えてあげようというゴーマンフランスの姿なのです。

「これは国家をあげてセクハラを働いているようなものではないか。髪の毛をあらわにしてヴェールをとれば女性が解放されて自由になるとでも思っているのかもしれないが、それはミニスカートをはけば女性が自由になるといっているようなもの。逆に女性の側からいえば、性を商品化する行為そのものだ」と、著者は欧州評議会でぶち上げたそうですが、反応は,,,,,,,,,だったようです。

イスラムを学ぶことで、世界を違う角度から見ることが出来る書物です。

先日お客様と話している中で、「ミシマ社の本ってどれも読みたくなるね」と言われました。京都を本拠に出版活動しているミシマ社さんは、文芸書こそありませんが、評論、エッセイ、実用など様々なジャンルに渡って数多くの本を出されています。

今回、人気の何点かを選んで、当店でもフェアを開催しています。当店の一番人気は、大瀧純子著「女、今日も仕事する」(1620円)です。マヤルカ古書店の店主なかむらあきこさんは、こんな推薦文を書いています。「生きるようにしなやかに、そしてできれば自由に仕事がしたい。すべての女の願いではないか。」仕事と人生を調和させる女性の毎日を描ききっています。

女性の生き方では、山口ミルコ著「毛のない生活」(1620円)、「似合わない服」(1620円)もお薦めです。仕事ばりばりの編集者が、癌を告知され闘病生活が始まります。まさか、毛のない生活をするなんて!?そこから見えてくるものを綴った前著と、そこから自分の暮らし方と今の社会の有り様を見つめて”似合わない”ものを脱ぎ捨ててゆく様を、爽快に描いたものです。もちろん性別を問わず、読んでいただきたい2冊です。

癌の事が出たので、健康に関わる本を三冊。こちらもブログで紹介した小田嶋隆「上を向いてアルコール」(1620円)は、元アル中だった著者の悲惨で、つらかったに違いない過去を描いているのに、なぜか大笑いしてしまう不思議な本です。また、鍼灸師の若林理沙著「絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話」(1620円)は、そんじょそこらの健康本とは違います。死ぬまでの一時の間、この世を楽しむための心と躰の「いい塩梅」の状態を目指すのが健康だという彼女の思想の詰まった一冊です。もう一冊は、長谷川智・矢野龍彦共著の「ナンバ式!元気生活」(1620円)。今年4月、当店で「ミシマ社展」をした時にも良く売れていた本で、発行は2008年と少し古いのに、何故売れるのかなぁ、とミシマ社の人も首を傾げていた一冊です。

昨今、何かと悪いイメージが先行するイスラム教。誤解を生むような情報ばかり垂れ流される時だからこそ、きちんと知っておきたい人のために恰好の一冊が、内藤正典著「となりのイスラム」(1728円)です。スラスラ読めるところがいいですね。名作映画「アラビアのロレンス」の描写に、西洋的思い込みが在った指摘など、成る程と思いました。帯の「中学生にも理解できます」と書いてありますが、「小学生なみの頭脳」と揶揄されているトランプさんにも、わかっていただけるはず。

お隣の韓国から来日して、日本人の夫の出会い結婚し、しかし、習慣、文化の違いで巻き起こる妻の不満をコミカルに描いた趙美良「わが家の闘争」(1620円)。ムカつく妻とその不満をぶつけられた夫の”夫婦漫才”を聞いているようです。

フェアと同時に新刊も入荷しています。ミシマ社発行の読み応えのある雑誌「ちゃぶ台4号」(1728円)と、同社から「何度でもオールライトよ歌え」(1620円)を出している後藤正文の新作「凍った脳みそ」(1620円)です。同社の宣伝マンH嬢から、店長(私)にぜひ読んで欲しい、とのお言葉をいただきました。了解しました。近日中にブログに感想を書きます。

 

★ 勝手ながら10月22日(月)23日(火)連休いたします。


 

札幌に、「くすみ書房」という名前の本屋がありました。

2015年、内外のファンに惜しまれつつ、約70年間の書店の歴史の幕を下ろしました。二年後の春、店主久住邦晴氏は病に倒れ、復活することを強く希望されていましが、その年の夏の終わりに他界されました。享年66歳でした。

ミシマ社から出た「奇蹟の本屋をつくりたい」(1620円)は、その闘病時に書き残した原稿をもとに構成されています。本が売れない時代に、なんとか本を売ろうと奮闘努力した書店の記録です。

1999年、様々な外的要因でくすみ書房は経営のピンチに陥ります。営業努力しても一向に売上げは回復せず、支払いは滞り、督促の電話が鳴り続けます。そして、どん底の2002年、高校に入学されたばかりの邦晴氏の息子さんが白血病で亡くなりました。葬儀の香典をかき集めて、本の支払いに回したその日、閉店することを決意します。しかし、邦晴氏はそこで、「くすみ書房さんは、きっと息子さんを亡くして力を落とし店を閉めたんだろう。しょうがないね」と言われるだろう、閉店を息子のせいにするわけにはいかない、と思い直します。

そこから、邦晴氏は新しい本屋の姿を模索してチャレンジを開始します。

業界、マスコミが注目したのが「なぜだ、売れない文庫フェア」と称する文庫の企画展でした。POSデータではじき出された文庫売上げ順位の下位には、名作が並んでいます。でも、売行き不良でどの本屋にも置いていない。良書が消滅する危機感と、売上げデータ最優先の画一的品揃えのナショナルチェーンへの抵抗の意味も含めて、このフェアを敢行します。これが当たりました。マスコミを味方につけた戦略も功を奏して、店の売上げも復活してゆきます。さらに、当時まだ珍しかった店内での朗読会を始めます。

出版社や取次ぎのお仕着せで、独創性のないフェアに背を向けて、「本屋のオヤジのおせっかい『中学生はこれを読め』」といった書店独自の企画で勝負をしていきます。順調に回復していったのも束の間、またもた大型書店の出店で売上は下降。思いきって、本屋を始めた場所を捨て、新しい土地に移転を決意します。

しかし、今度は邦晴氏の妻が病に倒れます。何度かの手術の後、2011年、57歳で妻は天国に旅立ってしまいます。そんな失意の中にあっても、「高校生はこれを読め」展を企画し、実行します。だが、本屋を取り巻く状況は厳しさを増すばかりです。移転した店も2015年6月閉鎖。再建を目指そうとした矢先、病が発覚。肺がんでした。

闘病中、彼は本書の執筆に全精力を傾けます。最後にこんな事を伝えます。

「お金がなくても作れる本屋 だから借金の無い経営 きちんと休みのとれる本屋 知的好奇心の満たされる本屋 文化を発信できる本屋 置きたい本だけを置いている本屋 何者にも束縛されない本屋を目指します」

この言葉を書店業に携わる人間は、真摯に受け止めるべきだと思います。「奇蹟の本屋をつくりたい」は、不幸にも病に倒れた本屋の一代記と同時に、人が一生かかって、一つの事を成し遂げる長い道程を支える希望を語った本です。多くの読者に読んでもらいたいお薦めの一冊です。

なお、店内にはこの本の出版記念として、各地で活躍する書店主さんが書いた本を並べています。夢の実現に悪戦苦闘したステキな人達です。

 

ミシマ社から、「絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話」(若林理沙著/1728円)という長いタイトルの本が出ました。京都は40度近い猛暑の日々、外へ出るだけで危険な暑さです。こんな時こそお薦めの、ココロとカラダを考える一冊です。

本の中に「ミシマ社通信」という小冊子が付いています。そこに、著者が、夏バテは冬と春から始まっているという東洋医学の考え方を述べています。即ち、「すでにバテ気味だという人、冬の間に夜更かしをたっぷりしたり、冷たいもの・ナマモノをよく食べる生活をしていませんでしたか?これらは夏の暑さに対抗するために必要な体のラジエーションシステム(陰気)を弱める行為とされています」ということです。

著者は、死ぬまでの間それなりに楽しめる、ココロとカラダの「いい塩梅」の状態を目指すことが健康であり、最終目標は、ああ、楽しかったと息を引き取ることだと考えています。そのために、何をどうしてゆくのか。自分の健康法の棚卸しに始まり、「寝る・食う・動く」の時間を決める、「寝る・食う・動く」の質を高める、風邪は引き始めに東洋医学で治す、生活そのものが養生になるという順番でステップアップしていきます。

成る程と思ったのは、「ハレ」をちょこちょこ消費する不健康という見方ですね。たまにしかない「ハレの日」は、豪華で楽しい一時です。それに比べて、ごく普通に続く、そして日常生活の多くを占める「ケの日」は地味な日です。ところが、ネット時代の到来と共に、膨大な量の情報が流れ込み、これも楽しい、あれは美味しい、こっちはお買い得と、本来なら「ハレの日」の情報が、日々の生活を侵します。増加する情報や刺激の量が、ハレの感覚を麻痺させてしまい、現代人は祝祭が毎日ないと我慢できなくなりつつあるようです。結果、ちょこちょこ「ハレの日」を消費してしまい、「ハレの日」へのハードルが上がってしまい、感動が目減りして、徒に多くのものを消費してしまいがちです。

「生きている間の限られた時間を最大限に楽しむためには、ハレとケをある程度分離させた、メリハリが必要なのです」という著者の考えには頷きます。BS放送の民放チャンネルを回していると、健康食品からファッション、美容に至るまで「ハレの日」の情報の垂れ流しに遭遇します。このスィッチをオフにすることから、健康は始まるのかもしれません。

ミシマ社からは、矢野龍彦&長谷川智「ナンバ式元気生活」(1620円)、大塚邦明「病気にならないための時間医学」(2376円)、そしてブログでも紹介した小田島隆「上を向いてアルコール」(1620円)など面白い健康関連の本が出ています。

★レティシア書房恒例「夏の古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催です。