2012年12月、出町柳商店街を特集した「気になる京都1号」が発売されました。

当初、こちらの感覚ではそんなには売れないかもなぁ〜、とちょっと思ったりしてました。が、そんな杞憂など吹き飛ばす売行きで、15年には三条商店街を特集した2号を出版、翌16年にはパン屋さん特集の3号が出ました。どの号も未だ売れ続け、ミニプレス平台の一等席を占拠し続けています。

そして最新号はカフェのモーニング特集です。

「近所のおじちゃんは今日もあの席に座っている。トーストを食べ終えて、週刊誌を読みながら珈琲を飲んでいる。そんな喫茶店の『モーニング』風景。」

この本を一人で編集した太貫まひろさんは、市内のカフェを週末の楽しみに回りました。掲載されているどの店のモーニングも、実に美味しそうです。

レティシア書房のご近所さん「COFFEEポケット」は、通る度に気になっていました。雑穀パンを使用したサンドウィッチは、すぐにでも噛りつきたくなります。また、あっという間に無くなる「Cafe廻廊」のモーニング。太貫さんは「ほどなく運ばれてきたトーストは、宝石のように美しかった。」と表現されています。だいたいトーストと珈琲という献立ですが、それぞれ個性的です。

太貫さんは、さらに足を伸ばし、モーニング発祥の地と言われる愛知県一宮市に出向きます。一宮商工会議所が中心となって作成したモーニングマップを手にして、向かったお店は「グリーンカフェ」。ドリンク代のみで、モーニングサービスが6種類も用意されているのだとか。彼女が選んだのはサラダセット。「ホットコーヒーだけの値段で何が出てきたかと言えば、サラダ、コーンスープ、ゆでたまご、ポテトサラダ、オレンジ、クロワッサン!ここまでサービスして頂けるとは・・・。さすが発祥の地、これはまごうかたなき『文化』である。」と大満足だったみたいです。

約101件のモーニング情報が掲載された「おさんぽMAP」も付いていますので、この地図を参考にしながらモーニング巡りはいかがでしょうか。

ところで、この号の最終ページに紹介されている喫茶店は、店の名前、場所はシークレットになっています。フットボールが好きな店主が、このスポーツに因んだ名前を付けたとか。美味しそうなサンドウィッチが目を引きます。さて、どこの店なのでしょうか?

「気になる京都」1〜3号は864円、4号は950円です。

 

奈良の古書店、「とほん」さんが製作されているミニプレス「ブックレットホン」の3号(648円)が発売されました。特集は「空と本」です。本好きには、楽しいことこのうえない仕上がり。

「空を読む」というコーナーは「いろいろな空の意味を思い浮かべつつ、空と本というテーマでいくつか本を紹介していきたい」と様々な本が取上げられています。「空」を見上げて思い浮かぶ「まどみちお詩集 こんなにたしかに」、「夜空」なら最果タヒ「夜空はいつまでも最高密度の青色だ」、「星空」の名文は石田五郎「天文屋渡世」、「雪空」は中谷宇吉郎「雪を作る話」、角田光代「学校の青空」と素敵な本が並んでいます。「空」を「から」「くう」と読めば、「架空」「空想」「空白」「空欄」という言葉にはまる本も紹介されています。

出版社、書店員が「空」というお題で、この一冊をセレクトするコーナーは、ミシマ社さん、徒然舎さん、ブラックバードブックスさん等、個性的な面々が集まっているだけに、選んだ本もユニークです。ブラックバードブックスさは谷川俊太郎の「空に鳥のいなくなった日」(サンリオ/古書700円)から「空に小鳥のいなくなった日 空は静かに涙ながした 空に小鳥がいなくなった日 ヒトは知らずに歌いつづけた」というフレーズを抜き出しておられましたが、これはいい。私も好きな詩です。

「本は何を読んでも、面白い。それは、どんな人にでも面白いと思える箇所があることと似ている。本屋は一冊の本を愛するというよりは、本そのものが持つ『空』に惹かれる人種なのかもしれない」と書いているのは、書店titleの辻山さん。選んだ本は、「わたしの名前は『本』」。辻山さんがどのような意味合いで「空」と言っているのかわかりませんが、無限に広がってゆく空間とでも解釈すれば、たしかに本屋は、果てしなく広がってゆく様々な世界の彼方を愛する人種なのかもしれません。

さて毎回、奈良の魅力的なお店紹介が楽しいのですが、今回紹介された靴屋さん「NAOT NARA」さんは、出版も開始されました。「ループ舎」という版元を立上げ、いしいしんじ、大竹昭子、広瀬裕子等が参加した「靴のおはなし」(ループ舎/ミニプレス1404円)がそれです。靴屋が出した靴の本って魅力的です。当店でも販売中です。

「ブックレットホン」には「休日は本屋さんへ」という連載があります。今回、なんと当店を載せていただきました。音楽好きのとほんさんらしく、CDコーナーの写真を使われています。是非、お買い求めくださいませ。

★レティシア書房恒例「夏の古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催です。

 

盛岡発のミニプレス「てくり26号」は、「文学の杜にて」(648円)という特集です。盛岡で俳人、歌人として活躍する工藤玲音さんが、市内の高校の文芸部に所属している学生たちと語り合います。

各校とも文芸誌を出していて、17年の全国高校文芸コンクールでは、発行している文芸誌が盛岡第三高校が最優秀賞を、盛岡第四高校が優秀賞を受賞しています。石川啄木や宮沢賢治が若き日々を過ごした盛岡ならではですね。

盛岡には「さわや書店」という有名な書店があります。手書きPOPやパネル展示、果ては本全体を手書きのカバーで覆って中身をわからなくして販売した”文庫X”まで様々なアプローチでベストセラーを生み出した書店です。

「最近、世の中じゃあ軽い言葉しか聞かれなくなった。これはハードボイルド小説が読まれなくなったことと無関係ではないだろう……….。真に重い言葉は沈黙のなかにあるべしと識るべし」

こんな店長の作ったポップがズラリ並んだ楽しい書店です。この書店に勤務する方々5人が集まって、文学をテーマにした座談会が掲載されています。「よくわからないものが、文学なんだ!」なんていう意見も飛び出す楽しい座談会。全国的に文芸書の売上げ不振で、各書店の文芸書の在庫比率が下がっている中で、さわや書店は「うちも文芸書の比率は低いですが、文芸書は『顔』、花形だと思っていますから、しっかり棚をつくっているつもりです」と頼もしい。

一方、2017年オープンのセレクトショップ「BOOKNERD」、本とコーヒーとワークスペースのある古書店「ponobooks&time」も紹介されています。どちらも盛岡へ行ったら、お邪魔したい居心地の良さそうなお店です。

現在の「盛岡の文学」を語る上で、欠かせない二人が、沼田真祐と木村紅美です。盛岡在住の沼田は「影裏」で第158回芥川賞を受賞、盛岡に実家のある木村は「雪子さんの足音」で第155回芥川賞候補に選ばれた若き文学者です。

二人が、それぞれターニングポイントになったという作家の話から、興味深い文学論へと突入していきます。オーソリティのある文学者の対談よりも、若手のスリリングなトークの方が格段に面白いと思いました。

ところで、昨年の総務省の統計で、盛岡の書籍購入額は全国の県庁所在地・政令指定都市の中で第一位でした。読書への意識の高い都市なのですね。毎回読み応えのあるミニプレス「てくり」が26号も続いて来たのも土地柄と無関係ではないのかもしれません。

★レティシア書房恒例「夏の古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催です。

山形県、置賜(おきたま)地方で、、開催されたブックフェス「Book!Book!Okitama」。そのイベント関係者のお薦めの一冊や、ゲスト参加した高橋みどり、甲斐みのり、永江朗等のエッセイを収録したミニプレス「ndanda!(んだ・んだ)2」(750円)を入荷しました。

「Book!Book!Okitama」で開催された一箱古本市に、出店した方々が選ぶ「わのおすすめ、この一冊」が、面白いです。岡崎武「古本道入門」みたいな、いかにも古本好きならではのセレクトもありますが、ウンベルト・エーコ&ジャン=クロード・カリエール「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」という、本屋がドキリとする本も登場します。この本を推薦された装丁家は、日本語装幀が素晴らしいと書かれていますが、私も手に取った時にそれは感じました。

さすがだと思ったのが、南陀楼綾繁さんがお薦めの「山熊田」という写真集。山熊田は、新潟県村上市の地区名で、マタギの村。写真集は、ここで暮す人達を撮っています。以前に写真集を手に取った時、その迫力に驚かされました。東日本大震災時の地元新聞社の人々の悪戦苦闘を伝える「河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙」が登場するのは、東北ならではです。

後半、置賜に住む人達のこの一冊というコーナーがあって、景山民夫「遠い国からきたCOO」を推薦されている方がいました。自然破壊の問題、人と動物のコミュニケーションなどのテーマに挑んだ海洋冒険ファンタジーで、感動しました。小説の面白さをよくわかっていた作家だったと思います。

今年も、9月22日から10月7日の16日間にわたって、このイベントが開催されます。なんだかとても、楽しそうなブックイベントです。

 

★連休のお知らせ 7月2日(月)、3日(火)

★夏の一箱古本市8月8日(水)〜19日(日)まで店内にて開催

NHK朝の連ドラ「半分青い」の舞台になっている岐阜から、素敵なミニプレスが届きました。タイトルは「Edit Gifu」(864円)。

内容は盛り沢山ですが、本好きなら、古書店「徒然舎」の記事を先ずお読みいただきたいです。当店の一箱古本市にも、毎年面白い本を選書して出してもらっている素敵なお店です。『「古書と古本 徒然舎」をめぐる4人の考察』と題して、数ページに渡る特集が組まれています。4人の方々が「徒然舎さんで購入した印象深い本」の解説をされています。探していた、向田邦子の愛読書「酒吞みのまよい箸」(浅野陽)を見つけた方、田村隆一の「スコッチと銭湯」をゲットした方など、それぞれ「徒然舎」との思いを語っています。

「徒然舎さんはどんな場所?」という質問に「ゆっくりと、本に向き合える場所」と答えた方がおられましたが、こんな風にいわれたいものです。店主夫婦の素敵な笑顔のツーショットや、店内の写真が並んでいるのを見て、ご無沙汰しているのでぜひ行ってみたくなりました。

デザイン事務所「リトルクリエイティブセンター」を中心にして、3人の若者が、様々な活動をしている街中のビルがあります。1Fは、内外の文房具を販売する「ALASUKA BUNGU」。2Fは、出版社「さかだちブックス」。ここから出版された「私的岐阜観光案内」(350円)、「地方に住み始めました 岐阜市編」(702円)は当店でもお取り扱いしています。そして、3〜4Fがデザイン事務所。ここを運営する3人のロングインタビューが載っています。等身大に、無理をせずに、地道にやったきた彼らのヒストリーを読むことができます。

一つ面白い場所を見つけました。昭和の名作を”フィルム”で上映する珍しい映画館「ロイヤル劇場」です。1作品1週間交代で上映とか。古いフィルムを取り寄せると、痛みが激しく、フィルムをつなぎ合わせる作業が待っています。でも、そんな作業すら、支配人は喜々としてされているみたいです。今や、デジタル上映全盛の時代、こういうフィルムに拘る映画館は貴重です。今、上映されいるのは、昭和38年日活映画「アカシアの雨がやむとき」。西田佐知子(知らない人も多いかも。関口宏さんの奥さんです)のヒット曲を元にした、典型的な歌謡曲映画。こんな作品まだ残っていたんですね!観たいなぁ〜。

美川憲一のヒット曲「柳ヶ瀬ブルース」で有名な夜の柳ヶ瀬やら、スウィーツやら、食の情報も満載の「Edit Gifu」です。これをお供に岐阜へ行きましょう!

★「Edit Gifu」の挿絵が大好きです。(女房)

この書店の店主に会いに行きたい、という新刊書店があります。東京「Title」、博多「ブックスキューブリック」、岡山「スロウな本屋」、そして熊本「橙書店」。

「橙書店」店主の田尻久子さんは、お店の傍ら、文芸誌「アルテリ」を発行されています。最新5号では、「ことば」というタイトルで書かれています。

識字実践活動を続けながら、学校教育から排除され、切り捨てられ、文字の読み書きをできなくさせられた人たちとの出会いと交流を描いた、大沢敏郎「生きなおす、ことば 書くことのちから」をテキストにして、文字がわからないとはどういうことかを自分に問いただします。

「まわりの人に、読めない書けないと知られてしまうことへの不安。どんなに心細いだろう。生命にかかわることもあるだろう。表面に見える不自由しか想像できないということが、いかに人を傷つけるかということに思い至る。」

さらに、「読み書きどころか、ことばそのものを奪われた人たちがいる。」と、胎児性水俣病患者を思います。一言も発することなく、この世を去った人達。彼らは「ことばだけではない。生活そのものが奪われた。」と。彼らだけではなく、美しく、豊かな世界を持っていたアイヌ民族も、土足で踏み込んで来た日本政府によって、その言葉を奪われていったのです。私たちが日頃、何気なく使っている「ことば」について考えさせられます。

このエッセイの最後が素敵だと思いました。「生きなおす、ことば 書くことのちから」の本のことを、田尻さんに教えてくれたお客さんが、橙書店のカウンターで話していた時に差別的な物言いをしてしまった、と反省のメールを送ってこられました。田尻さんも気づかないくらい些細なことでした。メールには

「橙書店だから、気が付いたのかも、と書いてあった。本の目がありますので、そう書き添えてあった。そうか、わたしは毎日、生きていることばに囲まれている、彼女の文章を読んで、思わず襟を正した。」

「本の目」とは、なんと良い言葉でしょうか。静かに書架に収まっている本たちは、その主人たる人間がどれほど真剣にことばに向き直っているのかを、見ているのかもしれません。私も大いに襟を正さねばならないと思いました。

「アルテリ」は3号、4号のバックナンバーも少しあります。また。今月下旬にはナナロク社より、田尻さんの「猫はしっぽでしゃべる」という単行本も出ます。もちろん、当店でも取り扱います。

5月15日(火)から「ほんまわか作品展 紅型染めと小さな絵本」が、始まります。

 

 

 

名古屋発のミニプレス「棲(すみか)」は、タイトル通り「住む」という事に特化した雑誌です。最新14号の特集は「家をつくる、という冒険」(972円)。この特集の中に、愛知県にあった自宅から、岐阜県に自分の理想の家を建てるために、5年間せっせと通って、自力で家を建てた女性が紹介されています。

40代後半。自分だけの場を作ろうと思い立ち、方々探し50歳の時、この地を見つけて、雑木をチェーンソーで伐採することから始まりました。もちろん、いくら何でも一人で家なんて建てられません。基礎部分は、岐阜の工務店にたのみました。それから5年。井戸を掘ってもらったり、建具屋さんに玄関ドアを依頼したりと多くの人に助けてもらいながら、花や野菜を植え、愛犬の囲いを作り、家を整備していきました。

彼女は独身ではありません。既婚者で、別に離婚の危機があるわけではありませんが、一番大変だったのは「家を出ると夫に告げた時だった」そうです。

「なにもかもなくす覚悟を決め、自分本来の生き方を始めたら、人も知恵も集まってきた」

という彼女の言葉はとても重いと思います。

もう一人、極めて潔い生き方をしているすぎのまきこさんが登場します。馬二頭と犬一匹と暮らしているのですが、その暮らしはまるで遊牧民です。夏は京都北部の山間部にある村で暮らし、冬は琵琶湖西岸、高原市のゲルで暮らしています。定収もなければ、未来もどうなるかわからない。けれども、彼女の生き方は決まっています。

「私はジプシーのように生きたい。意味も残さず結果を残さず、この世から消えてゆきたい」

そんな彼女のもとには、多くの人達がその魅力に引かれてやってきます。こんな自分流の生き方は、なかなかできないけれども、余計なものをそぎ落とすことの素晴らしさにはあこがれます。

 

 

 

ミシマ社さんの「京都本屋さんマップ」ついに、昨日完成しました!その労力と根性に拍手です!!「ミシマ社と京都の本屋さん展」は、本日5時過ぎまで。ぜひ、このマップを見に来て下さい。全部作った長谷川さん、お疲れ様でした!!

三重県津市発のミニプレス「Kalas34号」(620円)の巻頭を飾るのは、文具専門店「銀河堂Z」オーナー夫妻、奥田邦雄さんと典子さんです。元々、邦雄さんは、学校や官庁街にも文具を提供する「博進堂」の社長で、今は息子さんに会社経営はバトンタッチされています。そして、この会社の持っていた休眠中だった店舗を新たな文具店「銀河堂Z」としてスタートさせました。

文具好き、紙ものフェチの貴方なら、嬉しくなるような店内写真が載っています。「フリクションというパイロット製の消せるボールペンを使ったことは?あのインクは全て津工場で製造されているってご存じでした?もし興味があるなら工場の方を紹介しますよ」と、商品への深い知識と愛情に満ちた説明をされます。

「妻と私が気に入った筆記具を、実際に手にとって体験していただける店をと考えました。」

スーツ姿で店にいらっしゃるお二人と店内の雰囲気を見ていると、きっと楽しい時間が過ごせそうな予感がします。行ってみたい!!

帯広発ミニプレス「スロウVol.54」にも、素敵な人が載っています。石狩市でカフェを営む加藤哲平さん、裕子さんです。お店の名前は「暮らしと珈琲みちみち種や」です。出身は宮城県。3.11を経験した後、紆余曲折を経て北海道へ渡り、石狩にお店を出しました。もともと鉄平さんは、珈琲に興味はありませんでしたが、お父さんの看病で疲れきった時に立ち寄ったカフェで、マスターが一杯の珈琲を出してくれました。美味しい!

「マスターの心遣いがうれしかったし、たった一杯の珈琲がこんなにも心を解してくれることに感動しました、」

それがお店を開く原点となりました。初めて焙煎を経験した時に、じっくりと焼き上げられてゆく豆を見て、彼は「不思議なことに、豆が笑っているように見えたんですよ」と振り返っています。自分の心が喜んでいる!と感じた彼は焙煎を本格的に学び、2014年お店を開店しました。

ミニプレスには、様々な土地で、好きなこと生業にして生きている人達の素敵な笑顔が一杯です。大都会のトレンドなんて全く関係ありません。

田辺聖子は「人間の最上の徳は、人に対して上機嫌で接することと思っている」と書いています。ミニプレスに登場する方は、まさに毎日、上機嫌で接している人達ですね。

★近日入荷お知らせ

盛岡の「地から編集会議室」が出している「地から」の最新2号を送っていただきました。ここにも、素敵な笑顔の方が一杯でした。早速1号と2号を送ってもらうようにお願いしました。入荷したらまた、ブログでご紹介します。

★4月9日(月)10日(火)連休いたします。

4月11日(水)から、京都の出版社ミシマ社の展覧会『ミシマ社と京都の本屋さん』を開催します。 京都の本屋さんマップをレティシア書房の壁に作り、刊行した書籍や制作資料も展示します。お楽しみに!


 

「街と山のあいだ」をテーマにしたミニプレスmurrenの最新22号が、なんと重版!これ、朝日新聞書評欄にて、最新号が取り上げられたからです。新聞掲載された途端に、どどどと注文が入ったとか……

で、この号の特集は何かというと、「岩波少年文庫」だったのです。表紙をめくると、murren編集長の若菜昇子さんセレクトの「少年文庫 私の10冊」が飛び込んできます。選ばれたのは、ローラ・インガルス・ワイルダー「長い冬」、ヨハンナ・シュピリ「ハイジ」、トラヴァース「風にのってきたメアリー・ポピンズ」、ヒルダ・ルイス「とぶ船」、バーネット「秘密の花園」、ルブラン「怪盗ルパン」、メアリー・ノートン「床下の小人たち」、ドッジ「ハンス・プリンカー」、アーサー・ランサム「ツバメ号とアマゾン号」、トルストイ「イワンのばか」。すべての本について若菜さんのコメントが付いています。

「いやいやえん」の作者中川李枝子さんとの、児童文学をめぐる楽しいインタビューが続き、そして、現在岩波書店で児童書編集に携わっている愛宕裕子さんが、この時代に児童文学を出し続けるしんどさ、楽しさを語っておられます。この二つのインタビューは児童文学ファン必読です。

インタビューの間には、装幀の移り変わりが作品書影を元に解説されていたり、少年文庫の背表紙に印刷されている小さな数字の謎ときの楽しい読物があったりと、読むほどにのめり込んでいきます。

雑誌「PAPERSKY」を立ち上げた編集者井出幸亮さんも、10冊を選んでいます。今江祥智「ぼんぼん」、カニグズバーグ「クローディアの秘密」、舟崎克彦「ぽっぺん先生よ帰らずの沼」、エンデ「モモ」、マーク・トウェイン「トム・ソーヤーの冒険」、リンドグレーン「やかまし村の子どもたち」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」、ケストナー「エミールと三人のふたご」、山中 恒「ぼくがぼくであること」、ロフティング「ドリトル先生航海記」の10作品です。

小さな小さな雑誌ですが、中身は大きな大きな一冊です。(当店でも人気ですので、お早めにお求め下さい)

 

★佐賀と長崎をめぐる無料配布のミニプレス「SとN」入荷しています。今回も、ほんまに無料??と言いたくなるような豪華な出来上がりです。こちらもお早めに。

 

 

 

障害のある人達の「はたらく」をテーマにした季刊誌「コトノネ」主催の「ことばを授かる」展が本日より始まりました。

様々なシーンで、障害者たちの生きる姿からみえてきた素敵な言葉が、店内に展示されています。

例えば、とある幼稚園での出来事。そこは健常者と障害者が共に過ごす幼稚園ですが、そこで子供たちがドミノを並べていた時のこと。自閉症の子どもが、並べたドミノを倒していったのです。やめてね、と言っても、並べば倒し、また並べては…..その時、健常者の子どもがドミノを二列作り始めたのです。そして、こう自閉症の子どもに言います

「こっちは倒していいよ」

この場面を見守っていた先生は「あの子たちは、配慮の仕方が本当に自然なんです。大人のわたしたちにはない発想が出てくる。困ったときにも、何かやってあげる、という感じではなく、すっと手が出る。」と驚かれていました。それを受けて、「コトノネ」編集部は、「それぞれの違いが、新しい出来事をつくり、それが新しい知恵を生み出していくのだろう。子どもの環境は、子どもにゆだねよ。」と結んでいます。

21号の熊谷晋一郎さんのインタビュー記事は、「津久井やまゆり園」の衝撃的な事件について考えさせられるものでした。その中で熊谷さんがおっしゃっていた「生きるとは、依存すること。自立とは、自分で何でも出来ることじゃなく、依存先をたくさん持つこと。」という言葉が印象的でした。障害者も健常者もいない。みんながとても生きづらい世の中なのだと、つくづく思いました。

この雑誌は障害者福祉のために専門誌ではありません。障害という”個性”を持った人達の、ユニークな生き方、働き方を通して、これからの私たちの生き方を見つめてゆく雑誌です。ファッション雑誌のようにデザインされた表紙もさることながら、小川洋子、大友良英、坂口恭平、石川直樹、山田太一らのインタビューゲスト陣にも注目です。最近では、賢くもなく、強くもない弱いロボットを作り出した岡田美智男さんのインタビューは、180度ものの見方が変わる秀逸なインタビューでした。(22号)

または、

「レコパスタ、おひとつですね」という展示にある『レコパスタ』って?

この意味を知ったら、そうか、言葉ってこんなに楽しいもんか、と思えます。店内には創刊号(非売品)から最新24号まで「コトノネ」バックナンバーと一緒に、成る程!と納得する言葉の数々がお待ちしています。この展示を機に、「コトノネ」という雑誌のことを知って頂ければ、と思います。

先般我が国の首相が、働き方を変えると薄っぺらい自説をぺらぺらと国会で話ていましたが、地に足が着いた働き方をこの雑誌を読んで学んでいただきたいものです。

季刊『コトノネ』「ことばを授かる」展は1月23日(火)〜2月4日(日)まで 月曜日定休

 

 

 

.