政治屋さんがよく御使用されるお言葉「粛々と進めてまいります」。「粛々」の意味知ってますか?

・ひっそりと静まりかえっていること ・おごそかなさま ・つつしみうやまうさま

政治屋さん、失格です。この言葉をお使いなら、本日より取り扱い始めたミニプレス「Shuku Shuku」をご一読下さい。創刊のことばにこうあります。

3・11以降、暮しの根本について真剣に考える人が増えています。「日々をより丁寧にまっすぐにしていきたい」 そんな想いを持って生きている人を取材しながら。雑誌を作りたいと思いました。「Shuku Shuku」は、これからの豊かさとはなにか、哲学していくライフスタイルマガジンです。

セラピスト石井健介さんの豊かになるための「暮しの引き算」にこうあります

1依存しない、依存させない 2冷やさない 3コンビニでモノを買わない 4人のせいにしない 5無理しない

ね、興味深いでしょ。

今回、インタビューが二つ入っています。一人は文化人類学者で、「ナマケモノ倶楽部」主宰の辻信一さん。3・11以後の生き方、考え方についてのインタビューです。この時代、そして来るべき時代を語り、我々は、あまりにも先を急ぎすぎて、魂をおいてけぼりにした。だから、こう言われます

魂を失くさないようにスローなペースで生きていく

もう一人はミュージシャンのCarvanさん。私はお初の方でしたが、久しぶりに澄んだ目をしたミュージシャンの顔を見ました。遠くを見ているというのでしょうか。あえていえば、忌野清志郎みたいな視線。いいなぁ〜この人。彼はインタビューでこう言います

自分にとっての幸せについてちゃんと自問しながら生きていきたい。そうしていかないといろいろブレちゃうから。

再び創刊のことばにもどります。最後にこう書かれてあります

粛々と生きていくための知恵を集めた雑誌を創りたいと思いました。

いやぁ、立派に出来上がっています。500円で、色々考えさてくれるなんて、お見事です。応援しますよ、小さな古書店ですけれどね。

 

Tagged with:
 

新しいミニプレス入荷です。タイトルは「雲遊天下」バックナンバーも含めて11種入荷しました。店においてあるミニプレスは、地方からの生活提案型の「お金なくても、豊かに暮そう」的テーマの本が多いのですが、こちらは「毎日が、文化の日みたいに暮そうよ」みたいな雑誌です。なんのこっちゃ??

107号は特集が「うたがうまれるところ」、105号が「映画を越えて」、103号が「写真家の流儀」、101号が「雑誌のゆくえ」とこれだけ書けば、あ〜サブカル系ね、と思われる方もおられでしょうが、固有名詞や作品名の羅列の駄菓子屋みたいなもんではありません。その辺のサブカルオタク系雑誌と似て非なるところは、執筆者の語り口(文章)がもの静かなことです。よって嫌みが全くない。

執筆者の一部をご紹介すると友部正人、早川義夫、大塚まさじ、豊田勇造等の音楽系、大竹昭子、岡崎武志等の書物系 滝本誠の映画系など入り乱れての登場です。最新号111の特集は素敵です。「なくなったもの」です。

のむみちさんは、「失われた名画座、失われる名画座」で、こう言います

今は無きモノ、今は亡き役者、今は亡き風景、失われた豊かな何かを、映画を通して我々に教えてくれる名画座を、これ以上失う訳にはいかないのです。

或は、岡崎武志さんは、上京した当時、大都会を前にして萎縮して臆病になり、出身地の大阪弁も使えなくなります。それが、二十数年後の今日、こう思います

大東京を前に、あの気弱で臆病だった私はいなくなった。二十数年は確実に橋の下を流れていったのだ。

彼は「気弱で臆病な私」を無くしたのでした。

連載では、友部正人さんの「ニューヨークを踏んづけた人たち」の文章がたまらなく素敵です。

レイアウトや、装丁に凝るというより、愚直に「書く」ということを求めた本です。税込み525円。和田誠の「お楽しみはこれからだ」的に言えば、「お楽しみは、すべてここにある」です。

Tagged with:
 

1号ー群馬県、2号ー千葉県、3号ー愛知県、4号ー神奈川県。これ何だか分かりますか?ミニプレス「しのそのへ」の各号の特集です。県の特集?そんな観光ガイドごとき単純なものではありません。このプレスのHPにはこう書かれています。

『しのそのへ』は、日本全国に数多ある“市営施設”をテーマにした、極少部数発行のミニマガジンです。ガイドブックと個人的旅日記のちょうど中間のような、ゆる〜い作りでお送りしております。そうです、「しのそのへ」は「市の園へ」なのです。

この「市営施設」というのがミソです。最新号(ついにカラー印刷です!おめでとう!)で取り上げられている神奈川県の施設は、本牧海づり施設、尊徳記念館、鎌倉文学館、相模の大凧センターと、京都の人間には縁もゆかりもない場所ばっかり。しかし、これがどれも面白いんです。地方を発信するというミニプレスの意義を100%発揮しています。このプレスを製作している二人の女性が現地に赴き、訪ね歩き、各施設の職員のお話を聞き、楽しいイラストと写真で紹介するというもので、訪ね歩いた施設、駅のスタンプも載っていて、ちょっとした旅行気分です。旧前田伯爵家別館を利用した鎌倉文学館なんて、是非行ってみたくなりました。「ゆる〜い作り」なんて書かれていますが。彼女達の歩き回った元気が漲るプレスです。

次は京都特集お願いします。そして当ギャラリーで京都公共施設写真展してください。お団子でもつまみながら、お二人のお話会なんてできればいいですね。(今のところ、京都での扱いは当店だけみたいですので、お早めに)

 

もう一点、いや二点。やはり旅ものですが、こちらも抱腹絶倒にして、可愛らしいミニプレスが入荷しました。おくがわじゅんいち氏が個人で出されている「なんで九月に屋久島に行ってしまったんだろう」と「インスタントチェンマイ人」です。「なんで九月に屋久島に行ってしまったんだろう」の巻頭文「はじめに*まじめに」にこう書かれています

この本は「初心者の語りをそのまま本にするシリーズ」の第2弾。

一日早く現地入りした先輩がいろいろなお話をしてくれるような本で、、旅行ガイドというよりは初心者ならではの新鮮な感動やカンチガイなどをもとに正直につくった旅エッセイみたいなものです。旅行ガイドってたくさん情報があってウキウキなんですが、実際に自分が初めて行った時に消化できるのはその何分の一じゃないですか??なので初心者が体験できる“限られた日にち”と“ピンポイントな目的”にこだわって作ったので少し偏りがあるかもしれません。でも初めて行った人が初めて体験したことを素直に載せています。その屋久島編です。

この「はじめに*まじめに」が剽軽というか、しゃれているというか楽しい文です。日曜日に入荷した途端、さっと買ってくださった女性の方、センスいいですね!

屋久島の男子トイレの話は抱腹絶倒。でも、それだけじゃなく、写真も紙面の構成もセンス良く、ちょっと出かける時に持っていると気分まで楽しくなりそうです。この号には、可愛い小さなクマの縫いぐるみがリュック背負った写真が、さりげなくレイアウトされています。どっかで見たなぁ〜と思っていたら、「ブラウンダイアリー」という可愛い写真集を出版された方でした。新刊書店員時代、これはいい!と思って大きく展開したら、北山界隈の若い女性の大受けした記憶がよみがえりました。やぁ、ブラウン君おなつかしい、とほぼ十年ぶりの再会となりました。

 

 

Tagged with:
 
安曇野発の沖縄紹介リトルプレス「ぱぴる文庫」1〜3号が入荷しました。
ページを開いた瞬間、眩しい!と感じるリトルプレスですよ、これは。
そして、各号で紹介されている沖縄野菜の写真やら、お料理を見て猛烈な食欲が襲ってくるアブナイ本でもあります。「ゴーヤーのサラダなんとなくベトナム風」、「タイ風かぼちゃのオレンジカレー」「ナーベラーとエビの卵炒め」(ナーベラーはへちまの事です)等々、名前を聞いただけでお腹が減ってきますね。
連載記事もユニークです。題して「沖縄おべんとうウォーズ」。1号の巻頭文にこうあります。
「ここに記すのは、沖縄おべんと修行の記録である。真夏の暑くて倒れそうな日も、台風の暴雨風が吹き荒れる日も、北風が吹きつけ凍え上がる日も、毎日毎日ここにたたずみその熾烈な争いを乗り越えてきたのだ。たかがおべんと、されどおべんと、たったひとつのおべんとの中にも、さまざまなドラマが詰め込まれているのである。」
と、日々灼熱の沖縄のストリートで繰り広げられるおべんとの顧客争奪合戦をレポートしてあります。その涙ぐましい努力。もちろん、写真入り。これが、また胃袋を刺激します。調査した久茂地交差点のマップと、どこでどんなおべんとを売っているかまで網羅されています。「今日のランチボックス」というコーナーでは、レシピも載っています。もう拍手、拍手です!
で、こんな沖縄100%の雑誌が、沖縄ではなく信州の安曇野発というのが面白い。このリトルプレスの主催者の方が、沖縄に移住し、また故郷に戻って来られたという経緯が創刊号に書いてありました、なるほどね。
そして、ここからもう一冊「くっきりと安曇の光の中で」という本も出版されています。循環型エココミュニティ「シャロムコミュニティー」を丸々紹介した本です。大地とともに共生し、自然と共に行きて行く実践の場としてのコミュニティーの姿が、美しい写真と共に掲載されています。こちらは、全く沖縄とは違う自然が楽しめる一冊に仕上がっています。
Tagged with:
 

新しいミニプレスの仲間が増えました。タイトルは[Bon Appetiit/ボナペティ」雑誌のテーマは「つくること」です。

パラパラとめくると、あぁ、大橋歩が編集していた「アルネ」風ね、と思われる方もいらっしゃるかともしれません。でも、キラリと光る記事を見逃してはいけません。今回、バックナンバーから揃えましたが、例えば4号では、このブログでも紹介した大竹昭子さんが主宰されている「カタリココ」という朗読とトークイベントに関しての記事が載っています。「カタリココ」は大竹さんの造語で、「語り」と「ココ」を組み合わせてあります。様々な場所で、様々な人達を呼んで、本の、そして言葉の楽しさを分かち合うイベントです。何故、こんなイベントを始めたのか、という質問に彼女はこう答えます

「人のため、本のため、自分のため」

最新12号は、「今だから、自分らしく真っ当な店」というコンセプトで、喫茶店オーナー、アンティークファブリック主宰者、生活雑貨屋さんが登場します。「静謐」という言葉がピッタリのお店とオーナーの言葉です。

ところで、連載記事に、一度行ってみたい書店「森岡書店」オーナー森岡督行の対談「本と人」は、本好きにお薦めです。今回、対談のお相手は生活雑貨店Roundaboutオーナー小林和人さん。対談の俎上にのる書物は、河井寛次郎「いのちの窓」、尾崎放哉「尾崎放哉句集」、ロラン・バルト「愚景」、谷川俊太郎「しりとり」という渋いラインアップです。尾崎放哉「尾崎放哉句集」は全く知りませんでしたが、小林さんはこう言っています

「その言葉の外に広がる、途方もない余白に魅力を感じるんです」

きっと、この人のお店もそんな、余白の魅力を楽しめるのだと思うと、行ってみたくなりまね。

この連載は三度目で、11号、10号でも読めますが、残念ながら11号は品切れだそうです。いずれ、この連載をまとめて、さらに本好きに気に入られるような企画を入れて一冊の本にしていただきたいものです。

表紙に曰く「つくる人の姿を伝える本 ボナペティ」とありますが、正確に言えば「つくる人の静かな姿を伝える本」だと、私は思います。バックナンバー(550円)と「思いつきは神のささやき〜旅するシェフの4000日」(1200円)本日より販売開始です。

 

Tagged with:
 

「本のある部屋」2号と「BOOK5」4号どちらも、ほぼ同時に発売です。価格はどちらも500円

「本のある部屋」特集は「愛すべきへんな本」。海外文学から「紙葉の家」(ソニーマガジンズ)が紹介。この本が、いかにヘンかが、写真入りで念入りに説明されています。一緒に置いてありますので、ページを開いて下さい。こんなへんなスタイルないです。

その後の座談会では「鼻行類」(思索社)が取り上げられています。「鼻で歩き、鼻で獲物を捕える哺乳類」の生体分析を学術論文のスタイルで書かれています。そんなもん存在するわけないんですけれも、信じる人が後を絶たないという一冊です。あとがきには、この生物がいた島は、核実験で吹っ飛んでしまって、もうない。だから、再調査できませんとまで書いてあります。よくもまぁ、調べたなぁ〜と感心するぐらい面白い座談会です。本を読んでなくても、大いに楽しめます。この座談会が二色刷にしてあって、本のタイトルをみんな、マーカーでラインを入れた感じになっています。

ところで、このミニプレスの編集者のA女子の連載「妄想本棚」のセレクトも、毎回(と言っても、二回目ですが)楽しみにしています。今回は石田五郎「天文台日記」が載ってました。欲しいなぁ〜、この本。とにかく、楽しい一冊です。

もう一つの企画「京都書店マップ」も充実。我が店も大きく取り上げてもらって、感謝です。

一方、「BOOK5」は、4号まで順調に売れています。今回の記事の中で興味深く読んだのは、「取次勤務からギャラリー開設へ」です。元、出版取次ぎトーハン勤務の松本さんが、実家を開放してギャラリーにした取材記事でした。新刊書店員時代、トーハンとはお付き合いがありましので、親近感もありました。大企業トーハンを辞めて、ギャラリーかぁ〜。

「これからもイベントであったり、地域の表現活動をしている人の発表の場として使っていただきたいと思っています」

とは、オーナーのお言葉ですが、うちの店と全く一緒です。記事によると、取材当日は岡崎武志・古本泡山の「二人古本市」の日だったとか。なんか、楽しそうなギャラリーです。

 

Tagged with:
 

香川の島と陸をつなぐミニプレス「せとうち暮し」9号は美味しい!

特集は「島の台所」です。先ず、表紙をめくると、昭和40年代から50年代にかけての伊吹島でお昼ご飯を食べている女性達の写真が飛び込んできます。あっ〜、湯気が立っている!たった1枚の何気ない写真ですが、食事をする喜びと楽しさがバンバン伝わります。そして、こう書かれています。

瀬戸内の島々には、その島々ならではの味の記憶があります。 それは、島のお母さんたちが代々受け継いできた島で生きる知恵。

起きて、食べて、働き、眠る。一年365日、島の毎日を見守り続ける台所からは、どんな風景が見えるでしょう?

はい、人と自然が調和して、何も望まない生活が見えて来ます。(もちろん、あれが欲しい、これが欲しいという欲望はあるにせよ)

大将が獲ったタコで作る女将さんのタコ飯

香川県西部の塩飽諸島で、江戸時代から伝わる「茶粥」

いりこ島と呼ばれる伊吹島の味”ヨウショク”

どれも、食べたくなるものばかりです。昨今B級グルメの大会がお盛んですが、私はこちらの方を食べてみたいですね。そして、その後に続く特集が、島のお土産物。どれも、美味しそうなものばかりですが、「醤油サイダー」なんて飲んでみたいし、島で収穫されたジャムをトーストに塗ってみたいし、直島の塩で作ったおにぎりは、幾つでもお腹に入りそうです。

このミニプレスを出版しているのは、香川の小さな、小さな出版社ROOTS BOOKSです。けれど、「幸せに暮そうよ」というコンセプトのもと編集される紙面作りは、東京の大手出版社に負けません。そう言えば、もう十年程前に、食に関する出版社の集まりで、「食はすべて東京に集まるのよ」とかのたまわれたお美しい女性編集長がおられました。(その時は、お江戸の人はわかったはりまへんなぁ〜、と同じ在京の書店の方と頷き合ってましたが)あの方のお手元のこの雑誌をそっとお届けしたいものです。

我が店にはバックナンバーも揃えています。この本持って、瀬戸内巡りツァーなんて出来たら楽しいですよ。「せとうち島手帖」も付いて600円。安い!

Tagged with:
 

先日、「京都カフェ案内」や「猫の本棚」などの著書でお馴染みのの木村衣有子さんがご来店されました。お店では、彼女のミニプレス、と言っても彼女一人で作っている本ですが、「のんべえ春秋」(木村半次郎商店)を販売しています。

いいなぁ〜、この本。同じお酒好きとして、どのページをめくっても楽しいですね。お酒がダメな方には書評エッセイ「酒飲む本」をお勧めです。書評ではこんな本が紹介されています。

大竹聡さんの「酒呑まれ」(ちくま文庫)

タイトルは「飲」ではなく「呑」と表記されていても本文では一貫して「飲」が使われている。あえて使い分けられている。「呑む」か、「飲む」か

という些細な事から、木村さんと著者の馴れ初め、当然酒場ですが、が語れていきます。2002年、大竹さんは「酒とつまみ」という小雑誌を発行されるまでが書かれています。どこまでいっても、酒の話というところが面白いですね。お酒の本以外の木村さんの本は「手紙手帖」を在庫してあります。これは、手紙の書き方に始まって、手紙必需品の紹介、そしてどんな手紙をだしているのかの実例紹介まであります。何かと、メールに頼りがちな昨今ですが、手紙の良さも見直していただきたい一冊です。

さて、本日よりギャラリーでは、高山正道作陶展「On the table 」が始まりました。素敵な作品が並んでいます。 ぐい飲みに最適なおちょこも数点あります。価格は2000円ちょっとからです。日本酒の美味しい季節になりました。今日のお酒もさらに楽しくなる事間違いなしです。

Tagged with:
 

「ヒト」というタイトルのミニプレス8号到着しました。コンセプトが良いプレスです。

1号「絵」をかくヒトーインタビュー漫画家江口寿史

2号「旅」をするヒトーインタビューイラストレータ下田昌克

3号「縫う」ヒトーインタビュー服装家&漫画家ワタナベ・コウ

4号「キャラクター」をつくるヒトーイラストレータ坂崎千春

5号「本」をつくるヒトーインタビュー装丁家、川名潤、清水良洋、関善之

6号「撮る」ヒトー女優裕木奈江*撮られる側の女優が、何故?ここがひねってあって面白い

7号「書く」ヒトー随筆家山本ふみこ

最新8号「絵」をかくヒト2ーイラストレーター&画家長野剛

もう、どれも編集部が頭を捻って紙面つくりした企画ばかりです。しかも、雑誌一冊丸ごとその特集で埋めるという快挙を8号まで続けてあります。個人的には本に関連した5号を愛読しました。(難を言えば、おじさんには字が小さいので、老眼鏡を買わなくてはいけない)

装丁家三人のお話も笑えます。また、三木俊一さんの「アートブック」は美しいし、手製本を作らているオバネヤさんの本はどこまでも愛しいし、もうどのページもナゼナゼ(別に紙面フェチではありません)したいプレスです。手作りという技術はもっと高くてもいいはすですが、すべて500円!という安さ。まとめて買いましょう。

Tagged with:
 

100円のミニプレス「本と本屋とわたしの話」の第三号入荷しました。

大阪にお住まいの女性四人が記事を書いて、編集されている小さなミニプレスです。中身は、タイトル通りの本についての、本屋についての思いのままを綴ったものです。

「読み終わったあとに何か種のようなものが残るのが、よい本です」

という書き出しではじまる「ソング・フォー・マイ・ファーザー」。お父様が買ってくれた小川未明の童話集で語られている北国の風物が筆者の心に種をまき、憧憬を膨らませてゆく。そして、その憧れは須賀敦子の「ミラノ霧の風景」や、堀江敏幸の「河岸忘日抄」と繋がる幸せな読書につながってゆく。

「本棚にまっすぐ立っている本」

とタイトルだけで、本好きにはたまらないお話です。庄野英二の「ロッテルダムの灯」をもう一度読んでみたくなりました。

「いちばん敷居の低い店ー古書店街の草」

これは、入りやすい古書店、入りにくい古書店についてのお話です。銀閣寺の古書店善行堂さんの格子戸が、「さあ、おはいり」と言われている気がするというのは同感です。後半では武庫川の古書店「街の草」のことを愛情たっぷりに書かれています。

最後はお好きな詩の一部を抜粋された「とっておきのフレーズ」

「ふる里は/山嶽のかなた/雪にみちて/はてしなく離れていた」

と北園克衛の詩がさりげなく引用されています。

執筆者みなさん、全くの素人さんなのに、本を読む幸せを噛み締めていることをきちんと伝えてもらえて、微笑んでしまう一冊です。100円で100円以上の価値ありというのは、間違いではありません。

1号、2号も再入荷しました。すぐに完売しますので、お早めにお越し下さい。

Tagged with: