「ヒト」というタイトルのミニプレス8号到着しました。コンセプトが良いプレスです。

1号「絵」をかくヒトーインタビュー漫画家江口寿史

2号「旅」をするヒトーインタビューイラストレータ下田昌克

3号「縫う」ヒトーインタビュー服装家&漫画家ワタナベ・コウ

4号「キャラクター」をつくるヒトーイラストレータ坂崎千春

5号「本」をつくるヒトーインタビュー装丁家、川名潤、清水良洋、関善之

6号「撮る」ヒトー女優裕木奈江*撮られる側の女優が、何故?ここがひねってあって面白い

7号「書く」ヒトー随筆家山本ふみこ

最新8号「絵」をかくヒト2ーイラストレーター&画家長野剛

もう、どれも編集部が頭を捻って紙面つくりした企画ばかりです。しかも、雑誌一冊丸ごとその特集で埋めるという快挙を8号まで続けてあります。個人的には本に関連した5号を愛読しました。(難を言えば、おじさんには字が小さいので、老眼鏡を買わなくてはいけない)

装丁家三人のお話も笑えます。また、三木俊一さんの「アートブック」は美しいし、手製本を作らているオバネヤさんの本はどこまでも愛しいし、もうどのページもナゼナゼ(別に紙面フェチではありません)したいプレスです。手作りという技術はもっと高くてもいいはすですが、すべて500円!という安さ。まとめて買いましょう。

Tagged with:
 

100円のミニプレス「本と本屋とわたしの話」の第三号入荷しました。

大阪にお住まいの女性四人が記事を書いて、編集されている小さなミニプレスです。中身は、タイトル通りの本についての、本屋についての思いのままを綴ったものです。

「読み終わったあとに何か種のようなものが残るのが、よい本です」

という書き出しではじまる「ソング・フォー・マイ・ファーザー」。お父様が買ってくれた小川未明の童話集で語られている北国の風物が筆者の心に種をまき、憧憬を膨らませてゆく。そして、その憧れは須賀敦子の「ミラノ霧の風景」や、堀江敏幸の「河岸忘日抄」と繋がる幸せな読書につながってゆく。

「本棚にまっすぐ立っている本」

とタイトルだけで、本好きにはたまらないお話です。庄野英二の「ロッテルダムの灯」をもう一度読んでみたくなりました。

「いちばん敷居の低い店ー古書店街の草」

これは、入りやすい古書店、入りにくい古書店についてのお話です。銀閣寺の古書店善行堂さんの格子戸が、「さあ、おはいり」と言われている気がするというのは同感です。後半では武庫川の古書店「街の草」のことを愛情たっぷりに書かれています。

最後はお好きな詩の一部を抜粋された「とっておきのフレーズ」

「ふる里は/山嶽のかなた/雪にみちて/はてしなく離れていた」

と北園克衛の詩がさりげなく引用されています。

執筆者みなさん、全くの素人さんなのに、本を読む幸せを噛み締めていることをきちんと伝えてもらえて、微笑んでしまう一冊です。100円で100円以上の価値ありというのは、間違いではありません。

1号、2号も再入荷しました。すぐに完売しますので、お早めにお越し下さい。

Tagged with:
 

新しいミニプレスです。名前は「ボタンとリボン/BUTTONS andBOWS」

コンセプトはこうです。

『ボタンとリボン』は、詩や散文を掲載した本ですが、『クウネル』や『アルネ』など生活雑貨誌を愛読している、雑貨やカフェ好きな人たちのために制作しています。可愛いもの、素敵なもの、また音楽や料理などに興味を持ち、自分なりの新しい暮らし方を望む人たちへの読本として、詩や散文を通して、生活のイメージを共有することを目的としたものです。
ここに文章を掲載している人たちは、それぞれ、身近なところからその生き方などを見つめ直し、考えてみようと、文章を書き始めました。そして、泣いたり、笑ったり、喜んだりと、季節ごとに新しい内容のもの描き出す準備をしてきました。
『ボタンとリボン』は、自分たちの生活風景を文章で描き出してみようという新しいタイプの本です。

お店には2号から5号まで揃っています。最新号の特集は「新しい雲の作り方」というまるで雲をつかむような、漠然とした特集です。写真があり、絵があり、詩がありと盛りだくさんな内容です。パラパラとめくっていると、気持ちよくなってきます。綴じ込み付録は永井宏さんの「worksー永井宏の雲」。何気ない日々の、小さな幸せを大事に、慈しんできた永井さん。彼の言葉。

自分にいろいろな足跡を残していこう/憂鬱なことですら/新しい希望の中に埋もれていくのだから/そこから花が吹き出すかもしれないのだ

軽やかにステップを踏みながら生きることを選んだ永井さんは、2011年に亡くなられましたが、このミニプレスにはそのスピリットが受け継がれています。

写真と文で構成された「つづきを見つけに」。11年の原発事故で、自分の果樹園を手放し、家族と札幌へ移住した方がこう言っています。

「パラダイスだよ、ここは」

新しい地に咲く花の写真がとても眩しく感じます。自分の作りたい果物を作り続けるために移住した彼は、「もちろん福島もあきらめない」と声を荒げることなく口に出しています。記事を書いた千葉奈絵さんは最後にこう書いています。

「パラダイスのその先には福島がつづいているかのように見えた」

ジーンズのポッケットにでもこの雑誌入れて、奇麗な秋空の下でぱらぱら読めば、きっと新しい雲ができるかも。

 

Tagged with:
 

ミニプレス「日々」最新号が到着。

特集は「cimaiのパン」そしてパンの「お気に入りの食べ方」と丸ごとパンの特集です。cimaiは埼玉県で姉妹が手がけるパン屋さん。姉が天然酵母のパンを作り、妹はイーストのパンを作るユニットです。お店の写真を見ているだけで、お腹が減ってきます。ページをめくっていくと、「カレ・プランの作り方」、「カンパニューの作り方」へと続き、そして、七名の方が写真入りで紹介している「お気に入りの食べ方」は、さらにお腹が減って、パン屋さんに走りたくなります。最後に載っている「パンをおいしく食べる」で見つけた「パンとにんにくのスープ」は美味しそう!香りが漂います。

 

ところで、前回大好評で、熾烈な競争(でもないですが)になった京都西陣の「はちはち」のパン出張販売が決まりました。

  10月19日(金)、10月30日 (火)午後4時からです。限定販売ですので、お早めに。

 

さて、京都発の文藝ミニプレス「APIED」の20号も入荷いたしました。特集は「海外短編小説」。私はあまり、海外の小説を読まないので、この中で紹介されているものも、初めて知るものが多かったのですが、山田稔がらみで読んだ「フィリップ短編集」やら、村上春樹訳のレイモンド・カーブァー「僕が電話をかけている場所」などもあり、興味深く読みました。この中で、三浦沙良さんの「美味しくてやがて恐ろしき」で、こんな文章を見つけました。

「私としては、この『島』でモンタギュー夫人が夢見る食事のように、美味しいものを少しづつ、目次をひらいた好きなところから楽しめる、というのが短編小説を味わうことの贅沢であると思う。(中略)たとえ灰色の日々であろうとも、こうした心の食事がとれる日常が、一日でも長く続いてほしいと、己の足下を見るたび、祈らずにはいられないのだ。」

本読みの至福の瞬間とは、こういうものでしょう。

APIEDには連載で「善行堂」の山本さんの「善行堂通信」が載っています。古本屋のつくりかたが懇切丁寧に書かれています。是非、この連載をお読み、読者の方々、レティシア書房近辺にどんどん、古書店を開店させてください。

 

 

Tagged with:
 

特集は「しばったり、つつんだり」ーえっ、SM雑誌?違いますよ。

「BOOK5」は、「本」について様々な人が、いろんな角度から書いたミニプレスです。古本だけではなく、「既刊新刊」コーナーでは、こんな本出てたんだ、という様な新刊が紹介されています。「新刊屋ツアー・イン・ジャパン」があると思えば、「古本屋開店記」が連載されいます。そして特集の「しばったり、つつんだり」です。古書店では、本を紐でしばることが日常的に行われています。(私は紐の扱いが下手なので、しばりません)東京の古書店「古書往来座」の店主へのインタビューに始まり、本のしばり方を図解で説明したり、「旅猫雑貨店」の本の包み方が懇切丁寧に解説されています。そして、最期は「ブックカバーを探せ」。本の装幀の特集はよく見かけますが、こんな特集は前代未聞です。

2号の特集は「本で旅する日本地図」。「古本と旅情が絶妙に絡み合う古本屋さん16店を、東日本を中心に切なく感傷的にリストアップ!」してあります。岐阜発のリトルプレス「ギフノート」の作り方を編集者へインタヴューしている記事もあります。そしてまた、当店で人気の盛岡発ミニプレス「てくり」について、これまた人気のミニプレス「のんべえ春秋」の編集者木村衣有子さんが書いていたりと、本好きには盛りだくさんな内容です。

50ページ弱の雑誌ですが、連載記事も含めて、本の奥深い迷路のような森に入り込んで行く感覚です。私は那覇の公設市場前で「市場の古書屋ウララ」を開店された「古本屋開店記」を楽しみしています。連載三回目にして、やっと古物商の許可のためにお役所まで行ったところまできました。

「BOOK5」は創刊号から最新の3号まで揃えています。値段は500円です。発行はトマソン社。

 

Tagged with:
 

本日より一週間「やんちゃ挿絵原画展」始まりました。

「やんちゃ」は45年前に発行を開始した児童文学専門の同人誌です。今回、120号発行を記念して、使用された挿絵原画を展示いたします。児童文学誌とはいえ、大人が読んでも、その内容の濃さと文章の完成度に驚かされます。120号に載っている「ひとりじゃない」は、40ページ程のボリュームで今を生きる少年達の闇を見つめた小説です。閉塞感で圧迫される少年達。ラストの「そう、だれもひとりなんかない」という独白、少年も読者も解放されます。

或は、詩「春を嫌う」の最期はこんな感じです。

「絶望をしれっと覆い隠す 沼の色した春の空 どこ吹く風の 空のいきものたち 春なんか大嫌いだ」

初めて読みましたが、どれも面白そうな内容です。バックナンバーも販売しています。一部300円です

 

先日、三重県津市でミニプレス「kalas」を発行されている西屋さんご夫妻が、新刊を持って三重からご来店。聞けば、姫路で開催される西日本のミニプレスの編集者達の集まりに参加される途中に寄ってくださったとか。ありがたいことです。

「kalas」は先ず、表紙の写真がいい。すべて物語を感じます。今回の特集は「続けかたの創りかた」「続ける」ということを巡る四つの物語。秒単位で変化してゆく世の中で、一つの事を続ける困難さと、楽しさ。それは、小さな古書店を営む私にも、大きく関係することです。「創りかた」の漢字が「作り」ではなく、「創り」になっていることにヒントがありそうです。西屋さんご夫妻の郷土への愛に溢れた優れたミニプレスです。バックナンバーも置いています。このボリュームで400円!!

Tagged with:
 

大手出版社の規模には負けますが、愚直に素敵な本を送り出してくれる出版社を応援します

「夏葉社」

会社のすべてを1人でやっておられる島田さん、忙しいのに二回も営業に来て頂きました。「星を撒いた街」、「昔日の客」、「さよならのあとで」、「近代日本の文学史」と文学好き青年が一途に、精魂こめて送り出した本の数々。帯の文句も秀逸です。「星を〜」は「30年後も読み返したい  美しい私小説」(この空白部分が美しいレイアウトです)。「昔日〜」は「古本と文学を愛するすべての人へ」。「さよなら〜」は「いちばんおおきなかなしみに」。「近代〜」は一言「必携」。簡素にして、その本のすべてを物語っています。もうすぐ、「星を〜」の上林暁のエッセイ集が入荷(写真参)しますが、それも楽しみです。どの本も手触り良く、猫を撫でるみたいに、撫でていると不思議と落ち着いた、そして豊かな気分にさせてくれるものばかりです。

「ECRIT/エクリ」

先日、代表の須山さんがご来店されました。ここが出版する本はどれも美しい。繊細な感覚で、丁寧に作り出した本とでも言うべきでしょう。ロシアの映画作家タルコフスキーのお父様の詩集「白い、白い日」、ロベール・クートラスニ作品集「僕の夜」、長田弘の詩画集「空と樹と」、アンドレ・ブルトン&ポール・エリュアール+宇野亜喜良「恋愛」そして。私がこの出版社を知るきっかけになった本、「樹と言葉」。西行、宮沢賢治、串田孫一、松浦弥太郎、いしいしんじ、そして細野晴臣までズラリ並んだ作家達が興味深い一冊です。この出版社のイメージは真っ白、それも高貴なまでの白さです。

 

「ミシマ社」

ここを、小さいと言っては失礼かもしれません。京都にも営業所があって、専属の営業マンがいますからね。でも、通常の新刊書店の出版社〜取次ぎ(問屋です)〜書店のぬる〜い関係を打破し、熱心に売ってくれる店を開拓し、そして読者の知的興味をそそる本を連発する、極めて小回りのきく出版社です。最新刊は、私も大好きな内田樹教授の「街場の文体論」です。教授生活最後の半年の講義。「クリエィティブ・ライティング」14講義をまとめたものです。 著者曰く、文学と言語に関しての最後の一冊とか。平易で、ユーモアたっぷりの導入から、一気に高度な論へと読者を誘う内田節の魅力一杯の一冊です。この出版社の本を長きにわたり平台で展開する書店には、間違いなく熱心な、本好きな書店員がいる店です。

 

 

Tagged with:
 

と初めてお会いした時と同じような笑顔の彼女がお店に来ました。

豊原エス。京都在住の詩人です。彼女との出会いは、もう10年ぐらい前になるのかなぁ?北山で書店員をしていた時に、自分の詩集を置いて欲しいと持ち込んでこられました。確か、その時売ったのが、足田メロウさんが絵を担当された二冊の小さな本、「うた」「ホイッスル」だったような気がします。どちらも、前向きな言葉が光り輝く詩集で、大学生を中心に売れていました。

それから。十数年たった昨日、彼女はひょっこり店に来てくれました。一瞬、誰か分かりませんでしたが、「豊原です」とおっしゃった瞬間に、書店の平台に、この詩集を並べていたあの日のことが蘇りました。で、再び本を置く話が決まり、早速持ってきてくれました。

今、店には「うた」「ホイッスル」(どちらも600円)、足田さんとのコンビによる詩画集「空を見上げる」(800円)、「ありがとう と さようなら」、単語帳をめくるような楽しさに溢れた「嘘をつけばよかった」(1575円)、詩集「あとからわかること」(600円)、「時間と僕」(1200円)、「WHITE FILM」(840円)、そして石川文子さんの写真とのコラボ「水の鳥」(1600円)と、ほぼ全作品扱っています。自分に忠実に、明日のことを真摯に考えると、こういう言葉になって、クロスロードで迷っている人の心にストンと落ちるのでしょうね。

私は「WHITE FILM」に入っているこんな詩が好きです。

「私は泥の中に凛と咲く一輪の花だ などと思ってはいけない 蓮は泥のために咲く」

詩人は己を振り返り、「水の鳥」ではこう問いかけます

「本当にしたい事はこれだけか 小手先の器用さだけを競うだけの日々 いつの間にか」

そして、こう締めくくります

「非難されない程度の 無難なもので満足するのは ただ惨めでしょう」

ボロクソけなされて作品は作品に成長するのかもしれません。

 

★死ぬ程、仕事の嫌いな私が、次週16日(月)祝日&祇園祭り宵山は開店します。だから、皆さん万難を排して来て下さい。パンの販売もあります。

 

Tagged with:
 

オープン以来、ミニプレス好調です。

最近、お客様から、ミニプレス一冊買うのに、左京区のK社まで行かなくていいので楽、というお声をよく聞くようになりました。ありがたいことです。最初は、量、質とも大したことなかったですが、継続は力なりですね、最近は先方から取り扱い希望のご連絡を頂くようになりました。で、オープン4ヶ月を記念?して、現在の在庫を公開(保存版です)★印はバックナンバーありです

「本」

「本のある部屋Vol.1」500円*2号は秋発行予定

「SanpoMagazine5号」950円*恐れ多くも、インタビューを載せていただきました。

「BOOK5」創刊号500円

「旅と本のコラム」700円*オリジナル枝折付き

「ぽかん2号」1000円

●「本と本屋とわたしの話」1号、2号とも完売しました。ありがとうございました

 

「食」

「パンとたまねぎVol.4うわさのパン」600円

「のんべえ春秋」1000円*「猫の本棚」「京都カフェ」でお馴染み木村衣有子さんの本です

「木曜日」創刊号600円*ポストカード付き

 

「生活」

★「murmur magazine16号」525円

★「季刊サルビアvol.25」500円

★「日々26号」735円

 

「衣」

★「はなうた4」780円

「yururina6号」600円

★「SPINNUTS No.82」1300円*京都発スピナーのための情報誌

「北の国から」

★「northern style スロウVol.31」880円

「カイKAI Vol.15」680円

「なまくら蝦夷8号」800円*北海道旅行必備品

「旅粒5号」700円

●「シリエトクノート」完売しました。ありがとうございました。

 

「各地から」

「せとうち暮し7号」600円*6号もあり

名古屋発「なごみなごや」650円*今絶好調のミニプレス

★石川発「そらあるき13号」330円

★岡山発「aube4号」420円

★滋賀県発「cococu vol.3」500円

★盛岡発「てくり15号」500円*ロングセラーです

長崎発「ナガサキリンネ1号」1000円*創刊号

岡山発「旅人の木」945円

●「こけしの旅の本」完売しました。ありがとうございました。

「文芸」

「歩きながら考える」735円

★「APIED 19号」600円

 

「アート」

「四月と十月Vol.26」525円

★「モジ便りVol.2」500円

「サンカクカンケイ」500円

★「CINEMA APIED vol.7」700円

 

「自然」

「murrenVol.10」525円*山をめぐる小冊子。近日新号入荷予定

 

と、こんな在庫です。全国のミニプレスの編者者の皆様、じゃ、私たちのも扱ってよ!という気分になられましたら、ご一報をお待ちしております。個人の方もOK。ただし、私の伝記やら、こんな研究してましたから発表しました的な本はお断りしております。

理想は全国都道府県すべてのミニプレスがある店。近辺にお住まいの方、お勤めの方。もう京福電鉄乗って、一乗寺まで行かなくて大丈夫。(写真はミニプレス熟読中の猫おやじ殿です)

 

 

 

Tagged with:
 

電話を取ると、「ミニプレス出したんで置いてもらえますか」という奇麗な声の女性でした。

夜、もう閉店間際に、その女性は来られた。拝見する。「本のある部屋」というミニプレス。特集は書店員の座談会「本屋大賞を全力で楽しむ」と、「梅田書店マップで、もっと楽しい本屋巡り」。新刊本のことがメインですが、私には、古本も、新刊本も、ミニプレスも関係ありません。紙の上に字が書かれてある「楽しきもの」です。面白いってこういうことね、とニンマリさせてくれるミニプレスの登場です。次号は11月とか。応援しますよ。因みにこの雑誌のデザインをしているAさんの「妄想本棚」に並んでいる本が、彼女の個性の良く出た楽しい一項ですね。(500円)

 

先日、大阪の版元で、限定販売の書籍を送り出していた湯川書房の「花深き」(小川国夫著)を、ご存知「善行堂」で入手しました。挿絵は平野遼。丁寧な本はこうして作るんだというお手本みたいな一冊です。この大量出版時代には、到底こんな本作りは不可能でしょうが、一日に一度はページをめくりたい魅力に溢れた本らしい本です。置いておくだけで光り輝く、そんな気がします。

 

と思えば、「富嶽三十六景」という全46枚のポストカードを収録したものが入荷しました。これは、なんと藤沢薬品という製薬メーカーが販促で作ったものらしく、各ポストカードには、主力商品の「ノイビタ」、「チオクタン」のロゴの入った代物。当然非売品ながら、ちょっとマニア心くすぐる一品です。

Tagged with: