布作家、早川ユミの新刊「野生のおくりもの」(KTC中央出版1728円)が入荷しました。

「土から生まれる 土は はじまり 土にふれる手によろこび 土のうえにいると、わたしの野生がおどる」

という詩で始まるこの本は、土、そして大地と共に生きる考えを、様々な角度から描いた、いわば彼女の思想の拠り所をまとめた一冊です。

1971年、京都国立近代美術館で開催された「現代の陶芸ーアメリカ・カナダ・メキシコと日本」展で、鯉江良二の「土に還る」という作品に出会ったことが、彼女の分岐点でした。当事14歳だった著者はこう語っています。

「一瞬にして『土に還る』ということばが、わたしのからだにすっぽりはいっていきました。そして、そのあとのわたしの人生には『土に還る』が、こころのまんなかにいつでもあって、わたしの根っこのひとつになったのでした。」

「土に還る」とは、具体的にどう生きてゆくことなのかの思索の旅の始まりです。沖縄へ、アイヌへ、インドへ、とその土着の文化の根源に触れてゆきます。

「土から生まれる思想。沖縄やアイヌの祖先、縄文人にとっても、土は母なる大地だと信じています。縄文土器は母なる女のひとのからだをあらわしたもの、沖縄のひとのお墓は子宮のかたち、アイヌにとっては母なるものは川だといわれています」

母なるもの、女性性を代表するようなものを、現代の文明がぶち壊してきました。これからは、いかにして自然によりそう暮らしへとむかってゆくかを彼女は考えます。この本には、多くの人が登場します。この本に力強い絵を提供したミロコマチコ、フォークシンガーの友部正人、作家の田口ランディといった個性的な面々。京都白川にある「なやカフェ」や、鎌倉にあるパン屋「パラダイスアレイ ブレッド&カンパニー」等の、大地と関わりながら生きている人達の面白い生き方や、考え方が満載です。「くらしに野生の種をまく」指針となりそうです。巻末には、「野生をまなぶ本たち」という有り難い一覧まで付いています。

以前の著作、「種まきびとのものつくり」(2052円)、「種まきびとの台所」(1944円)も入荷しています。

 

 

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

★休業のお知らせ 8月7日(月)8日(火)は古本市の準備のため連休します。 

8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。


Tagged with:
 

画家・絵本作家のミロコマチコさんちには、「ソト」と「ボウ」という名の猫が居ます。外房線地域に捨てられていた、彼ら2匹とのまったりした日常を描いたカレンダー(540円)が入荷しました。これが、実に面白い。女房は、このカレンダーの大ファンで毎年部屋に掛けています。

2012年に死んだ先代ネコ、「鉄三」にマチコさんが語りかけるような形で、「鉄三、ソトがね。冬は猫みたいだけど、夏は宇宙人みたいになるよ」なんて、不思議な言葉を散りばめながら、猫を飼った事がある人には、なんとなく思い当たる行動が、彼女の独特の自由奔放なイラストで描かれています。

なお、このカレンダーの影の主人公、”暴れネコ”として名をとどろかせた鉄三を主人公にした絵本「てつぞうはね」(ブロンズ新社)も、近日再入荷予定です。

さて、ほっと人を和ませるこのカレンダー同様に、気持ちの良い朝には鳴らしておきたいイ・ランの「ヨンヨンスン」(Sweet Dreams Press1500円)のジャケットの猫も素敵です。

彼女は2010 年韓国ソウルの学生街ホンデを中心とする、新しい自主独立音楽シーンの活況の中にあっても格別に大きな注目を浴びて登場したマルチ・アーティストで、このアルバムが処女作。ホームレコーディングされたアルバムで、ギター一本で、自分の日常のことをとっかかりにして、様々なことを語っていきます。透明な歌声は、朝聴けば、今日がいい日であるように思えるし、夜聴けば、良くなかった一日でも、ま、新しい朝が来れば、いい日になるよねと思わせてくれます。

「私はアパートに住んでいた/我が家は702号室/兄貴と私はひとつのベッドで眠った/父さんは貧乏で母さんは優しかった/私は兄貴の乳首を触りながら眠った/学校に行きたくなかってけど/先生がきらいだったけど/毎日小さな部屋で遊んで眠った/私は背が小さかったけど暑かったけど/つま先立ちでも窓は高く/ある六月廊下の向こうから吹いてくる風/その風 風 風 風 風 風 風 風 風/私はラッキーアパートに住んでいた」

私の一番好きな「ラッキーアパート」という曲の歌詞です。すっきりした風が部屋に入ってくるようです。

 

絵本作家の名前です。しかし、内容は子どもにはさっぱりわからん、と思います。彼は72年ドイツで生まれで、美術大学を経て、デビュー作「まっくら、奇妙にしずか」が、ドイツ国内の絵本賞を受賞。さらに07年のブラティスラヴァ世界絵本原画展で、グランプリ受賞(因みにデヴューでグランプリ受賞は初)。

本として発表されているのは、「まっくら、奇妙にしずか」(絶版で古書は高くて手が出ません)「月の花」(新刊でも入手可能)、そして今回入荷した「おそろし山」(河出書房・初版2000円)です。

「蝋燭が下から上に燃え、雨が地面から降る国のこと。気味の悪い名の山があった」

という文章で絵本は始まります。その山に登った者は危難に合い、戻った者も狂わされるという。しかし一人の男が挑戦します。全編モノクロ、硬いタッチで描かれた絵が、迷路の世界へと誘います。変型した岩、鳥の頭部の如き崖、そして奇妙なフォルムの生き物のようなオブジェ。戻りたくても、戻れない。

本の帯にはこう書かれています。「前人未到の道を行くものだけが知る、孤独と愉悦」

そうとも取れるし、そうではないとも取れます。

もう一点、新刊書ですが、ミロコマチコ初の画集「けだらけ」(筑摩書房3456円)が入荷しました。彼女の描いた「いきもの」を1冊にギュッと詰め込みました。「動き出すかもしれないのでご注意ください」と帯に書かれていますが、その通り、こんな狭い本の中なんて、嫌だと飛び出しそうな動物で一杯です。「オオカミ橇」という作品が好きです。大きなオオカミの曳くこんなソリに乗ってみたい!

「生き物たちの目は決まって鋭い。激しい世界で一生懸命生きるには、どんなに愛くるしい目をした生き物たちも、目の奥は鋭い。それがわたしが思う生き物の姿だ」

という彼女のお気に入りの動物達が縦横無尽に駆け巡る画集です。これは見飽きません。

いつも楽しい個展をされているnowakiさんが、ミロコマチコさんの本を出版されましたので、早速わけていただきました。本のタイトルは「ねこのねかた」(税込1080円)です。

「ベロのザラザラさ」とか、「耳の中の複雑さ」とか、「せなかのでこぼこ」とか、「ボタンみたいにならんだおっぱい」とか「ゴロゴロ」とか極端なクローズアップの作品で、一見しただけでは、何だか分からないかもしれませんが、猫を飼ったことがある人は、ニヤッとして頷いてくれます、きっと。イラストの線に躍動感があり、個性的な猫のイラストと言葉遊びが満載。個人的には「「せなかのでこぼこ」が一番のお気に入りです。

 

最後のページは、これぞ太々しい!という言葉がぴったり(右下)。なにを言われても動じなさそうで、ご立派、ご立派と拍手したくなります。うちの猫もこういう顔して寝転んどります。歪んで、ぶかっこうな線なのに、この作家だけが表現できる力強い線はやはり魅力的です。

 

「敵か味方か すぐ分かる  カレンダーはきになるけれど 時計は見ない  電話はするけど 旅行には行かない  興奮するけど 落ち込まない  鏡は見るけれど 目はつぶっている  こどもは産むけど 結婚なんてしない  それが ねこ」

100%自由という衣を身にまとっている猫への、作家自身の憧憬なのかもしれません。いえ、もしかしたら、この猫はミロコマチコそのものかも。