ミンガリンク・マイクは、膨大な数のレコードを自主製作しましたが、全く聴くことができません。なぜ??

製作されたアルバムジャケットは見開き仕様の豪華さで、ミンガリンク自身の詳細な解説が付いています。が、そこに収められているレコードは、すべてダンボール紙で作られているのです。ご丁寧なことに、レコードの溝まで丹念に描かれています。つまりダンボール紙で作られた、架空のレコードなのです。

マイクの製作したレコード、シングルを集めた「ミンガリンク・マイクの妄想レコードの世界」(P-VINE/古書5000円)を入手しました。驚きました。ここには音楽への愛が満ちあふれています。引きこもって、たった一人で作り上げた作品群は、彼の頭の中だけで鳴っていた音楽を安物の紙の上に作り上げたものです。作品集には、ジャケットだけでなく、レコード盤も紹介されていますが、まぁ〜芸の細かいこと!レーベルロゴから、曲目(シングル盤は、その曲の時間も)まで描き込まれています。

1967年から10年間、彼は自宅にこもり、大量の贋物レコードを作り続けました。その作品群を誰の目にも見せず、ひっそりと倉庫の奥に隠していました。このままだったら、彼の名前がネットで飛び交うことも、作品集が出版されることもなかったはずです。

しかし、倉庫賃料の延滞に業を煮やした業者が、オークションに放出。たまたまその場に居合わせたDJドリ・ハダー(この本の著者)が発見して、世に出ることになりました。さらに本業が警察官のドリは、少ない手がかりを元に彼を探し出し、実際に会うことに成功しました。まるで、映画みたいなお話ですが、事実です。

音楽家サエキけんぞうが、「たった一人の頭の中で描かれた、極端に自分中心の世界観が、現実のヒット世界よりも見ていて楽しくなるのはなぜだろう」と書いていますが、マイクの作品を凝視していると、ソウルミュージックの分厚いサウンドが聞こえてきそうです。

 

★お知らせ★

  レティシア書房 第5回「女子の古本市」2/21(水)〜3/4(日)月曜定休日

京都・大阪・兵庫・滋賀・岐阜・東京などから、出展者が女性という古本市です。お買い得の面白い本を見つけにお越しくださいませ。