ビートルズの”ALL You Need Is Love”、邦題「愛こそはすべて」(1967年発表)という曲がかつて大嫌いでした。

リフレインで“All you need is love,All you need is love,All you need is love,love love is all you need love,love,love” と歌われると、「やかましい!」と叫びたくなったものです。多分、愛だ愛だ、とだけでええんかい?と単純に思っていたのが原因です。

ビートルズのアニメ映画「イエローサブマリン」に収録されている彼らの曲をすべて収録した「イエローサブマリン〜ソングトラック」が1999年発売されました。このアルバムに収録されている同曲を、何度も聴き直してゆくうちに、いや待てよ、この曲は奥が深いと思い直すようになりました。

音楽技術、表現、方法論どれを取っても、ビートルズ以上の音楽はないというのは衆目の一致する意見です。技術という点ではこの曲が、コラージュという美術的テクニックを見事に生かしています。作曲、リードボーカルは、J・レノン。最初にフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が使われ、さらにバッハ「2声のインヴェンション番BWV779」、グレン・ミラー楽団の「イン・ザ・ムード」のイントロ部分が使われ、エンディングにはイングランド民謡「グリーン・スリーブス」が巧みにオリジナルメロディーにかぶさってきます。他にも使われているのかもしれませんが、私が言えるのはここまでです。

ところで、イギリス人のレノンが、わざわざフランス革命時に歌われた曲をなぜコラージュしたのでしょうか。「武器を取れ 市民らよ、隊列を組め 進もう 進もう!汚れた血が、我らの畑の畝を満たすまで!」という歌詞が象徴するような戦闘モード一杯の音楽です。多分、レノンはこのモードを皮肉りたかったのではないでしょうか。

「形にならないものを作ろうとしても無理さ 救いようのない人を救おうとしても無理さ そういう場合にには無力に等しい」と否定につぐ否定の後の「愛こそすべて 愛こそすべて 愛、愛があれば 何事もたやすくなる」と一転、ひっくり返る歌詞をぶつける不思議。その奥に光るレノンの平和への眼差しが見えてくる曲です。おそらく、異なった文化、人種など異種のものを否定しがちな今の世界で、最も歌われるべき歌でしょう。

このアルバムは、彼らのオリジナルアルバムではありませんが、複雑な音楽テクニックと多様な表現形態に満ちていて、ビートルズの傑作ではないでしょうか。今、当店にはCD(国内盤1300円)とアートワークの良さがよく分かるアナログ(レア!国内盤3000円)があります。

1970年にアメリカの雑誌「ローリング・ストーン」誌で行われたジョン・レノンへのインタビューをまとめた「ビートルズ革命」(片岡義男訳/古書500円)も入荷しました。ビートルズ結成から解散、小野ヨーコとの出会い、ポールとの確執等々、おそろしい数の質問に答えた一冊です。

ミンガリンク・マイクは、膨大な数のレコードを自主製作しましたが、全く聴くことができません。なぜ??

製作されたアルバムジャケットは見開き仕様の豪華さで、ミンガリンク自身の詳細な解説が付いています。が、そこに収められているレコードは、すべてダンボール紙で作られているのです。ご丁寧なことに、レコードの溝まで丹念に描かれています。つまりダンボール紙で作られた、架空のレコードなのです。

マイクの製作したレコード、シングルを集めた「ミンガリンク・マイクの妄想レコードの世界」(P-VINE/古書5000円)を入手しました。驚きました。ここには音楽への愛が満ちあふれています。引きこもって、たった一人で作り上げた作品群は、彼の頭の中だけで鳴っていた音楽を安物の紙の上に作り上げたものです。作品集には、ジャケットだけでなく、レコード盤も紹介されていますが、まぁ〜芸の細かいこと!レーベルロゴから、曲目(シングル盤は、その曲の時間も)まで描き込まれています。

1967年から10年間、彼は自宅にこもり、大量の贋物レコードを作り続けました。その作品群を誰の目にも見せず、ひっそりと倉庫の奥に隠していました。このままだったら、彼の名前がネットで飛び交うことも、作品集が出版されることもなかったはずです。

しかし、倉庫賃料の延滞に業を煮やした業者が、オークションに放出。たまたまその場に居合わせたDJドリ・ハダー(この本の著者)が発見して、世に出ることになりました。さらに本業が警察官のドリは、少ない手がかりを元に彼を探し出し、実際に会うことに成功しました。まるで、映画みたいなお話ですが、事実です。

音楽家サエキけんぞうが、「たった一人の頭の中で描かれた、極端に自分中心の世界観が、現実のヒット世界よりも見ていて楽しくなるのはなぜだろう」と書いていますが、マイクの作品を凝視していると、ソウルミュージックの分厚いサウンドが聞こえてきそうです。

 

★お知らせ★

  レティシア書房 第5回「女子の古本市」2/21(水)〜3/4(日)月曜定休日

京都・大阪・兵庫・滋賀・岐阜・東京などから、出展者が女性という古本市です。お買い得の面白い本を見つけにお越しくださいませ。

 

 

今日と明日の二日間のイベント「第二回京都レコード祭り」に朝から行ってきました。ゼスト御池の広場は、オープン直後だというのに、大勢の方がもう真剣にレコードを探していました。そこだけ、恐ろしい熱気と殺気でした。

大学卒業後、最初に飛び込んだ業界が輸入レコードを取り扱う商社でした。30年以上前の事です。もちろん、ネットもない時代。アメリカで新作が出て、日本盤が出るのが数ヶ月後という時代。頼るべき情報は「ビルボード誌」のみでした。ジョン・レノンが射殺された時、泣きながら遺作の「ダブルファンタジー」を必死に輸入して、寒い中、伊丹空港の倉庫からせっせと運んでいたことを思いだします。

しかし、今や、音楽業界にかつての盛り上がりはありません。多くのCDショップが閉店に追い込まれました。そんな状況にも関わらず、レコード祭りの会場は熱気でムンムン。知り合いのレコード店主も、こんなにレコード買う人いたんなんて…..と茫然としていましたが、気がつけば、私もその大混雑の中で、何枚ものレコードを手にしていました。

さて、音楽を熱心に聴く喜びを教えくれるのが、片岡義男と小西康陽が「雑誌芸術新潮」に掲載していた音楽談義をまとめた「僕らのヒットパレード」(国書刊行会1600円)です。オタク的な情報の網羅ではなく、世界中のありとあらゆる音楽を聴いてきた二人の喜びが溢れています。これを聴け!的な押しつけがないのが良いですね。

もう一点。いとうせいこうの「世界のポップス1991」(JICC出版850円)。ここで紹介されている曲は、例えば

「国連事務総長の歌」とか、「私は遺伝子」とか全く知らない歌ばかりです。取り上げた曲の歌詞を日本語で紹介して、その国で、その歌が流行ったのは何故か、ということを解き明かしていきます。「歌は世につれ、世は歌につれ」って、こういう事だったのですね。

ユーゴスラビア発の流行歌「歌が聴こえない」の紹介では

「歌というものの根源、特にこの連載で紹介し続けている”社会に密接な流行歌”、”社会の深層”を象徴的にあらわしてしまうポップス”それ自体を問い直さざるを得ない内容なのである」と書かれています。

歌の持つ深い世界を知るには絶好の一冊でしょう。

 

Tagged with:
 

また、珍しいレコードが入ってきました。「綿の国星」作詞:大島弓子 作曲&演奏:ムーンライダースです。LPの中に封入されているインナースリーブには大島弓子のイラストがふんだんに使用されています。発売は1980年。

漫画「綿の王国」は78年から87年に、『LaLa』に連載され、79年に、第3回講談社漫画賞少女部門を受賞しました。その後、84年にアニメーション映画として劇場公開されています。このLPですは、アニメ化される前に製作されたもので、アニメサントラでも何でもなく、独立した作品でした。残念ながら一度もCD化されずに終わったみたいです。ただ、サントラ盤と一緒の二枚組CDに、このLP丸ごと収録されていたことがありますが、今や絶版(中古で15000円〜23000円ぐらいの高値が付いています)レコードプレイヤーなくても、大島ファンなら、このジャケットは飾っておきたいでしょうね。(価格は5000円)

昨年出版された「大島弓子のはなしをしよう」は残1部です。次回入荷は7月下旬です。

 

 

さて、先日店長日誌でもふれましたキョンキョンのCD「Koizumi in the house」(700円)入荷しました。セルフプロデュースで、作詞作曲には近田春夫、ピチカートの小西康陽等をメインに起用。当時最先端のダンスミュージックを作れるミュージシャンにサウンドを任せるとは、やはり感覚が鋭いキョンキョンですね。約8分にも及ぶ「FadeOut」の、ちょっと下世話な歌謡曲っぽい、哀愁のあるメロディーは、きっと踊り出したくなります。アイドルが、ミュージシャンに変貌してゆく様を捉えたCDです。「あまちゃん」の作者、宮藤官九郎も愛聴してたのかなぁ〜?

★CDコーナー本日より「往年のアメリカンロック」フェアです。バーズ、CCR、ザ・バンド等60枚程展示しております。初めて聴かれる方も、あ〜なつかしいと思われる方もどうぞ。(試聴大歓迎です)

Tagged with: