現在、当ギャラリーで写真展開催中の、動物レスキュー組織「アニマルレフージュ関西(ARK)」の来年度カレンダーが入荷しました。毎年、販売していますが、なんとか今回の写真展に間に合いました。今日から12月まで当店でお取り扱いしておりますので、よろしくお願いします。

壁掛けタイプ(1000円)と、卓上タイプ(800円)の二種類があります。顔を寄せ合った子いぬの写真なんか、もう可愛い!!と、抱きしめたくなりますが、彼らは決して幸せな境遇にいたわけではなく、それぞれの事情を抱え、ARKにたどりつきました。今でこそ、ARKという保護施設で、安心した生活を送り、また新しい家族に迎えられた犬や猫もいますが、過去には、遺棄されたり、暴力を受けたりしています。

ARK代表、エリザベス・オリバーさんの「動物と分かちあう人生」(1944円)、「スイート・ホーム物語」(1836円)、「日本の犬猫は幸せか」(734円)を読むと、ヨーロッパに比べて動物保護意識の低い日本の現状、災害時のペットの安全対策、あるいは安楽死の現状をつぶさに知ることができます。(以上3冊の本の販売は写真展最終の18日まで)

動物にとって優しくない国は、やはり人にとっても優しくない国ではないでしょうか。

 

さて、本日オープンしたMUJIBOOKS(イオンモール京都/無印良品)の「オススメ本の紹介」コーナーに参加させていただくことになりました。これは、何人かが、それぞれセレクトした本を数冊選び、コメントとともに店内で展示販売してもらうという企画です。テーマは何でも良かったのですが、「共生」ということを考えるという意味合いで、以下の文を添えて熊に関する本を選びました。こんな本です。

「ぼく生きたかったよ」 すずきまりこ かりん舎
「ブルーベア」 リン・スクーラー 集英社
「熊になった少年」 池澤夏樹 スイッチ・パブリッシング
「終りのない旅星野道夫インタビュー」 湯川豊 スイッチ・パブリッシング
「なめとこ山の熊 あべ 弘士 三起商行

いつから、熊は人間の敵になってしまったのでしょうか。クマモンは可愛いけど、本物は人を襲うから怖いと考えますか?本来、熊は山の奥で彼らの生活を全うしていたはず。それが、人間の住む近くまで出てきたのは何故でしょう。そんな事も含めて、人間にとっても、熊にとっても住みやすい世界のありようを考える本です。」

 

私たちも、犬も猫も、熊も、この星に共にへばりついて生きていることを、頭の隅に置いておきたいものです。

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知弘さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショーを予定しております。(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

Tagged with: