京都市美術館は1933年に開館し、公立美術館としては東京都美術館に次ぎ日本で二番目に開館した美術館だそうです。2017年春から全面改修工事に入り、今年京セラ美術館として新装オープンしました。その杮落とし企画された杉本博司「瑠璃の浄土」展にやっと行ってきました。(コロナ対策として、事前予約しないと入場できません。)美術館は、壮麗でクラシカルな正面の外観を残しながら、中に入ると、明るく現代的なデザインでした。杉本博司展は館内奥「東山キューブ」と名付けられた場所で行われていました。

京都での杉本の初の大規模個展は、写真作家としての彼の作品が「京都」、「浄土」、「瑠璃・硝子」というテーマでくくられています。三十三間堂の千手観音立像を撮影した「仏の海」は、早朝の朝日が仏像の顔を通過してゆく瞬間が、見事に捉えられていて荘厳でした。

以前、TV「日曜美術館」で取り上げられていた「日本海、隠岐」という三点の作品が、放映時から強く印象に残っていて、その作品を見ることができるのが最大の楽しみでした。

一見すると、沖合を捉えたに過ぎない作品なのですが、海と空の境界の彼方に広がる世界に思いをはせる作品です。生き物のように悶える白波、限りなく境界線が混じり、どこまでが海で、どこからが空なのか、見ていると魂が、するりと身体を抜け出して、彼方へと漂っていくような錯覚に陥ります。何時間でも、ここにいたいと思える作品でした。世界初公開となる大判カラー作品「OPTICKS」シリーズも展示されていて、色彩の揺らぎの中に、自分が溶けていきそうでした。猛暑の朝でしたけれど、素敵な展覧会を見ることができました。