東京自由が丘で立ち上げた小さな出版社「ミシマ社」が、京都へ来て数年。当書房から、そう遠くない川端丸太町にオフィスを構えて、独自の流通方式で良書を届けています。最近出版された井川直子「シェフを『続ける』ということ」(1944円)は、イタリアで修行した15人のシェフにインタビューして、彼等なりの「継続は力なり」を読者に届けてくれます。

そのミシマ社から、全国365人の本屋さんが中高生に心から推す「この一冊」をコンセプトにして、「The Books green」(1620円)が刊行されました。京都からは、新刊書店、古書店など22店舗が参加。私も声をかけていただき、一冊推挙いたしました。「中高生に」という企画ですが、大人が読んでも面白い本ばかりです。大江健三郎「新しい人よ目覚めよ」、ポール・オースター「ムーン・パレス」、「萩原朔太郎詩集」など、お〜っ、これを推挙するかぁ〜と、思って、推挙の理由を読むと成る程と納得したりします。

その本のここを読め!みたいな推薦者の手描きポップと、「次の一冊」というさらなる一冊のお薦め本の紹介、そして紹介された方のお名前、勤務先と住所までが記載されています。気になる本屋さんを訪ねてみるのも楽しいかもしれません。

私がパラパラと読んだ中では、西原理恵子の「この世でいちばん大事な『かね』の話」を紹介されていました。ごもっとも!、高校生にも、大人にも読んでもらいたい本ですね。

因みに私が選んだのは、池澤夏樹「アトミック・ボックス」

「少女は知恵と度胸で危機を突破する」がポップです。推薦理由?、それは、この本をお買い求めください。(本日入荷予定)

ミシマ社からは同時に、甲野善紀著「今までにない職業をつくる」(1728円)という、これまた読んでみたい本が出ました。武術研究者として35年のキャリアを誇る甲野先生が「自分の感覚を育て、現在の我々が置かれている状況をよく観察し、自分自身がより納得できる生き方をするために、自分の仕事を選ぼうという若い方の参考に」と書かれたものです。