凝った装丁で、珍しい文学作品を小さな豆本にしている「ぢやむ」さんが、活版小本の新作を持ってこられました。

一つ目は萩原朔太郎の「散文詩集宿命」(1980円)です。これは散文詩集「宿命」より六作品を選んで豆本にしたものです。

二つ目は佐藤春雄の「指輪」(1980円)です。和綴じの上品な装丁ですが、妻が欲しがっている指輪を浮気相手に贈る男の物語で、「男の不貞が今程咎められなかった時代の空気が感じられ、罪悪感のない主人公と作者が重なり、後味の悪い作品として記憶に残りました。」とは、製作者の弁です。

三つ目は、松尾芭蕉の「幻往庵記」(2750円)。元禄三年、芭蕉は石川県の奥地にある幻往庵に移り住みます。ここで、日々のことをしたためました。「奥の細道」に並ぶ名文と高い評価を得た作品です。豆本の方は函入りで、函を開けると小さなお香が入っていて、いい薫りがします。

もう一作は、以前販売していたカフカの「道理の前で」(1980円)のニューバージョンです。縦6.5cm、横4cmのケースに入っています。本というよりは、インテリアですね。

 

こちらは、豆本ではありませんが、ミニプレス「なnD」の最新7.5号(550円)も入ってきました。7号と8号の間の小さな号ですが、ホホホ座の山下店長も原稿を寄せています。後半に、夏葉社から「全ての雑貨」を出した三品輝起が「境界」という文章を載せています。雑貨店を営む著者は、「あらためて私の店をながめてみると、弁明の余地もないほど、不要不急の物ばかりがならんでいて肩身がせまい。必需品がなにひとつない異様な空間のなかで、店、つぶれちゃうのかなーと他人ごとのように考えた。」という書き出しで、現状を語ります。

最後には、同誌編集者の小林英治さんがインスタ日記を載せています。当ブログでも紹介した映画「パブリック図書館の奇跡」を大絶賛。面白いインスタ日記です。