アトリエを運営しながら多くの本を書いてきた、美術作家永井宏がこの世を去ったのは、2011年。59才の若さでした。ミュージシャンとしてもライブを行い、また、今でいう「一人出版社」の走りとも呼べる「WINDCHIMEBOOKS」を立ち上げて、表現活動を行ってきました。

華美に走らず、ストイックに、物静かに、日々の暮らしを見つめた彼の文章にはファンが多くて当店でも人気があります。この程、新しく立ち上がった「一人出版社」信陽堂が、「愉快のしるし」(ミニプレス新刊/2420円)を出版しました。社長の丹治史彦さんは、2003年、暮らしや旅を見つめる出版社アノニマスタジオを作り、永井宏、高山なおみ、早川ユミなどの本を出してきました。2010年ぐらいから信陽堂の準備を始めて、この本を世に送り出しました。

先日、丹治さんが来店された時に、まだ未発表の原稿がこんなにあったのですね、とお訊ねすると、永井がオープンさせた「SUNSHINE+CLOUD」というショップの通販カタログに17年間載せていた彼の文章を集めたもの、ということでした。

「インディゴは洗えば洗うほど愉快な色になる。生活と水と太陽の光と風が響き合って肌に馴染んでいく色だから。」

と服飾店のカタログらしい文章もありました。

永井は、1992年生まれ故郷の東京を離れ、神奈川県葉山の海辺のまちに転居。「サンライトギャラリー」を開設して、生活に根ざしたアートを提唱しました。過剰な消費生活に背を向けて、足元を見つめながらアートと共に暮らしてゆく生活を実践していき、その思想が、多くの著書で若い世代を中心に支持が広がっていきました。この人のことが当店のお客様に受け入れられていることは、嬉しい限りです。

本書の中で、書店にとっては”天の声”みたいな文章を見つけました、

「カフェ・ブームの次にきてるものは個人的な視線や趣味を持った書店だって知ってた?新刊も古書も含めた、ブック・ストア、好い感じの言葉だ。どんな小さな街にも、面白いブック・ストアがあるときっと楽しい。ちょっとお茶を飲めたりするのも基本的なパターンになっているから、色々な話の詰まった本を背にしたり、手に取ったりしながら世間話をそこで始める。文化っていうのはそんな些細なことから定着したり、育っていったりする。そして、それが、これからの時代って言うもんじゃないだろうか。」

永井の旧作もどんどん入荷中です。これを機に一度手に取ってみてください。蛇足ながら信陽堂社長の丹治さんは、バームクーヘンでお馴染みの近江八幡の「たねやグループ」広報誌の監修もされています。

★レティシア書房 年末年始の休み

12月28日(月)〜1月5日(火)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

Tagged with: