レティシア書房での、松本紀子さんの写真展は今回で3回目です。

2019年、シンガーソングライターのヤマモトケイジさんの詞から「そのかわり その代わりに」という小さな写真集を作り、それを持って店に来られたのが出会いでした。写真集の販売を兼ねた個展に続き、2021年には「Dream」という写真集を自費出版されました。これは、山崎まさよしさんの楽曲の中の「夢」という言葉が出てくる歌からイメージして作られました。いずれも敬愛するミュージシャンの歌に触発されたものでした。

そして今回、映画のワンシーンのような作品が並びました。彼女の内にあるこの映画のストーリーはわかりませんが、自身の中から紡ぎ出した言葉を写真に焼き付けたのだと思いました。溢れる感情を静かに受け止めて、シャッターを切る音が聞こえてくるようです。

「偽りの自分で君の話を聞く 君が夜が怖いなら いつでもここにいる  本当の自分を隠して君の話を聞く きみが朝が怖いなら いつでもここにいる  赤い秘密が胸を焦がすけど 君が教えてくれた歌だけが 私の心を癒す」個展のフライヤーに書かれた松本さんの詞です。

言葉と写真。これからも、きっと自分の気持ちにまっすぐに向き合って撮り続ける松本さんの新しい旅立ちのような作品展です。どうぞ御高覧下さいませ。(女房)

☆松本紀子写真展

8月31日(水)〜9月10日(土)13:00〜19:00    月火定休(最終日は18:00まで)  

 

☆レティシア書房からのお知らせ

9月11日(日)〜15日(木)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

Tagged with: