大空に、一羽、また一羽とハゲタカが現れてきます。そして、それが数十羽、もしかしたら100羽以上、地上に舞い降りてきます。そこには解体され、バラバラになった遺体。ハゲタカ達は一斉に肉に、骨に食らいつきます。その様子を遺族たちが眺めています。

チベット高地に住むチベット人にとって、最もポピュラーな葬儀が「鳥葬」です。チベット仏教では、魂が解放された後の肉体は、単なる抜け殻でしかありません。その亡骸を天へと送り届けるための方法として、こういった葬儀がとり行われています。日本語では、「鳥葬」と訳されていますが、中国語では、「天葬」というとか。多くの生き物の命を取り込んで、生命を全うしたのだから、せめて抜け殻同然の肉体ぐらい、他の生命のために与えようという思想が流れているみたいです。死体の処理は、鳥葬を仕切る専門の人が行い、骨も石で細かく砕いて全て鳥に食べさせるので、ハゲタカがいなくなった後には、ほとんど何も残らないのです。

そんな鳥葬の様子を捉えた吉田亮人写真展「鳥葬」を、店から歩いて行ける「gallery SUGATA 」(無料)まで観に行ってきました。

どこまでも広がる青空と、大地で繰り広げられる葬儀は、清いものがあります。風の強い高地は、天に近く、なにもかも風が運んでいってくれます。これ、当然のことながら、スモッグで汚れた大都会の郊外でやったら、説得力のない、単に残酷な儀式でしかありません。

布切れがくくり付けられた多くの竿がたっています。布には経文が書かれていて、お経も風に乗って世界中に広がっていくのだそうです。ハタハタと風になびく音が聞えてくるようです。

骨をついばむハゲタカ達を見つめる人々の静謐な顔を見ていると、人の生も、死も大いなる大地の時の流れの中では、一瞬でしかないと思いました。私たちは、地球に生きる所詮は小さな存在でしかないことを、改めて思いださせてくれる写真展です。(8月6日まで)

もし、宮沢賢治が生きていたら、きっと観に行ったような気がしました。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

 

★★お詫び。こちらの手違いで27日(木)〜31(日)のブログが更新されていませんでした。申訳ありませんでした。

 

Tagged with:
 

京都文化博物館で開催中の「パリ・マグナム写真展」(9月18日まで)に、朝一番、行ってきました。

1947年、「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって、写真家集団・マグナムは結成されました。以後、現在に至るまで、マグナムは多くの写真家を輩出し、地球規模で新しい写真表現を発信し続けています。

マグナム・フォト設立70周年にあたり、パリをテーマにした約130点が選ばれています。占領下のパリで、レジスタンス達の戦闘シーンを捉えたものから、戦後の荒廃期を経て、華やいだ都市へと復興してゆく姿。或は全世界に波及した学生運動の原点ともなった「五月革命」の激しい戦いの一瞬を捉えたものなど、この都市に魅了された写真家たちの作品が並んでいます。

とりわけ、キャパが捉えた戦中戦後の、市民や労働者たちの姿を写した作品は、まるで映画のワンカットみたいにドラマ性に富んだ作品でした。キャパではありませんが、40年代ルノー自動車工場の労働者のストライキを捉えた作品も、ネオリアリズム系イタリア映画を彷彿とさせます。

この時のストライキの目的は、40時間労働と有給休暇の獲得でした。すでに、ここで、未だに我が国では達成されていない目標に向かっていたのは驚きでした。

展示は、マグナム発足前の1932年から始まり、デジタルカメラの登場で新しい写真表現が可能となった今日まで、そして痛ましいテロ事件の痕跡を網羅しています。

エリオット・アーウイットが1949年に撮った「パリ」、52年にキャパが撮った「凱旋門」などを見ていると市民が平和な時代に生きている姿が伝わってきます。

ところで、今回の写真展で一番気に入ったのは、実はパリの街を写したものではなく、「第三の性」で著名な作家ボーボワールの横顔を捉えたエリオット・アーウイットの作品でした。お薦めの写真展です。

なお店には、今も勢力的に活動するマグナムに所属する写真家たちの優れた作品を収録した「MAGUNUM MAGUNUM」(青幻舎3500円)をおいています。写真が持つ芸術表現の豊かな広がりを堪能できる一冊です。

ソール・ライターという写真家をご存知だろうか。

1923年ペンシルバニア生まれ。少年時代にカメラを手にした彼は、23才の時にNYに移り、写真を撮り始めます。その後、英国版ヴォーグ、ELLE等のファッションカメラマンとして活動します。「ソール・ライターのすべて」(青幻舎2700円)は、写真家ライターの魅力をぎゅっと濃縮した一冊です。

60年代から80年代のアメリカ映画、とりわけ舞台がNYなら、作品の内容に関わらず観に行っていた時期がありました。スクリーンに映し出される街並みの魅力的だったことを、今でも記憶しています。映画監督シドニー・ポラックは「雨に濡れた」街並みを撮らせれば、誰にも負けないショットを演出した人ですが、ソール・ライターの雨のNYにも、そんな雰囲気が充満しています。哀愁と孤独が適度にミックスされた作品を見ていると、そこに写っている人物の人生を想像させてくれます。

作品集の後半に、自分の部屋で寛いだり、或は着替えをする女性のヌードが数多く収められています。部屋に射し込む光線を巧みに捉えながら、女性の柔らかな肌を浮かび上がらせ、この街で生き抜く女たちの悲しみ、人生への迷いや覚悟までも、感じさせる作家の力量は凄いとおもいました。

ライターが多感な時代を過ごした1950年代のNYロウアー・イーストサイド地区は、カウンターカルチャーが花開いて、NYアートシーンの中心でした。ライターは、この地で多くの作家、アーティストと交流しました。

しかし、「それが彼の写真にはほとんど影響を与えていないように思える。」と柴田元幸は語っています。そして、21世紀に入ってから街を撮った写真を見ても、被写体の選び方、その奥行き、大胆な構図などに全く変化がないにも関わらず、「時代遅れという印象はまったくない。保守でも、前衛でもない、『ライター流』と言うしかない姿勢が一貫しているのである。」と柴田は言います。(この本の中に「うしろからあなたの左耳をくすぐる写真」というタイトルで収録)

2012年、トーマス・リーチはライターをテーマとした長編ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を製作・監督しました。残念ながら京都での上映は終了してしまいました。この写真集でその魅力を味わっていただければと思います。

 

2013年11月26日、ニューヨークで死去。

今年も、ARK(アニマルレフュージ関西)の写真展を開催することができました。ARKは、イギリス人エリザベス・オリバーさんを中心に1990年に大阪で設立されました。捨てられたり、虐待されたりしていた犬や猫たちを保護する活動を続けています。我が家のマロン(雑種犬)も11年前にARKからやってきて、16才になりました。

レティシア書房では5回目となる今回、ARKの写真を2006年からボランティアで取り続けている原田京子さんから、「新しい写真が間に合わないのだけれど、いままで撮った中から、レティシアセレクトお願い出来ませんか?」と連絡を頂き、店長と二人で選んだ作品が並びました。原田さん曰く「シブい選択」だそうで、これまでの作品展で取り上げられることが少なかった子達も登場。

 

私は、白猫アリエル(写真左)の表情に魅かれました。ARKの前に捨てられていた11匹の猫のうちの1匹ですが、ARKで働いていた平田さん(マロンを引き取る時にお世話になりました!)のもとで、昨年天国に旅立ったということです。 大きな猫(8kg)と小さな犬(1kg)フーちゃんとニックの日常風景は、思わずふっと笑ってしまいます。そして、湖のほとりに捨てられていた犬、結(写真右)と名付けられたこの子は聴導犬協会に見初められて訓練中というエピソードなど、キャプションを読んでいると彼らに親しみがわいてきます。

この写真展のタイトル「犬生、猫生、人生。」が示すように、犬でも人間でも命の大切さは一緒。どの生にも未来はあります。人と動物が一緒にいい明日を迎えられたらどれほど幸せでしょう。縁あって我が家に住みついた犬と猫も、暢気に寝たり食べたり(時々いたずらもしたり、振り回されもしますが)しているだけで、毎日小さな喜びを運んでくれます。

写真展では、Tシャツ、ポストカード、クリアファイル、キーホルダー、お散歩バッグ等々、ARKのグッズも販売しています。売上金はすべてARKの活動資金に役立てるために寄付いたします。(女房)

 

ARK写真展2017「犬生、猫生、人生。」は6月18日(日)まで。月曜定休日。最終日18時まで。

 

 

 

 

Tagged with:
 

呑海(どんかい)龍哉写真展、本日より開催です。(2月5日まで)

呑海さんは、自称「お散歩フォトグラファー」。昨年、京都のあちこちの日常風景を撮った自身の写真集「京都夢物語」を持って来店されたのですが、せっかくなのでオリジナルの写真展を企画しました。

某関西私鉄電車の、ホームにズラリと並んだ舞子さんを撮影した宣伝がありますが、同じテイストの上りエスカレーターに並んでいる舞妓さんを捉えた作品がユーモラス。タイトルは「ひよっこ舞妓」。そして、愛くるしい女の子が、自宅の魚屋さんでお店番をしている「いらっしゃいませ」(写真左)。懐かしいような、微笑ましい一瞬が切り取られています。

写真集「京都夢物語」(1944円)の表紙を飾る、唐草模様のスカーフを巻いた子いぬを捉えた「室町の若旦那」(写真右下)は、入口の最初に飾られました。なんとも愛くるしい。

以前、この写真集のことを紹介したブログで、京都大学の合唱団の部室の前で、チェロを弾く楽団員を捉えた大学の静かな情景をとらえた作品を取り上げました。こちらも、部室の前に広がる日だまりがなんとも優しい雰囲気を伝えています。練習している彼女の演奏が、聞こえてくるような素直な風景です。

映画のワンカットみたいな「それぞれの人生」(写真左)はどこかのお寺の山門に腰掛けた二人のご老人が談笑しているとことを背後から撮った作品です。山門の前に広がる木々の若さと人の老いとの対比、時間の流れを感じる構図です。

「いらっしゃいませ」もそうですが、少女のちょっとした表情を捉えた叙情性に、作家の個性があるように思います。虚無僧を見上げる興味津々な少女の姿「何してるの」、疎水べりを手紙を読みながら歩く女の子の軽やかな姿を撮った「パリからの手紙」(写真右下)、傘をさした少女を真正面から捉えた「雨あめ降れふれ」など。

京都の観光案内や、美しい風景写真集では出会う事のない、ゆっくり散歩して見つけた京都の町を観に、ぜひ足をお運びください。なお、作品は全て販売しています。

呑海龍哉写真展は、2月5日(日)まで

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。


 

 

 

 

Tagged with:
 

キッチンミノルさんの写真集「メオトパンドラ」(FOIL2160円)が入荷しました。

キッチンミノルさんは、先週までレティシア書房で『神保町』展をされていた得地さんのお連れ合いです。ちょうど『神保町』展と同時期に誠光社さんで写真展をされていました。

「メオトパンドラ」は、数十組の共働き夫婦の日常を捉えた写真と、桑原滝弥の詩が一緒になった写真集です。え?フツーの夫婦の写真ばっかの本って面白いの?

これが面白いんです。

谷川俊太郎が帯にこう書いています。「シャッターの一瞬と、詩の一節が、女と男のパンドラの函の蓋をほんの少しずらして見せる。ここから彼らふたりの物語とともに、わたしのわたしと、あなたのわたしの、いのちといのちの物語が生まれる。」

 

「ある日人生捨てて運命拾いました」という詩句の横に、マンションの通路に立つ若いご夫婦のポートレイトから、写真集は始まります。そして、部屋にいるご夫婦の前に立って、こちらを見つめる愛娘の写真と「わたしもいつかそうなるの」という詩句で本は幕を閉じます。数多くのご夫婦が登場しますが、まるで一組の夫婦の生きる時間を集約したような錯覚を覚えます。

「出会った夫婦の関係はそれぞれが独特で、唯一無二の存在なのだった。きっとそれは夫婦として、一人の人間として試行錯誤し作り上げたものだからだろう。その結果、夫婦関係には独特の味が滲み出ているのだった。」

とはキッチンさんの言葉ですが、その「独特の味」の味が画面にほのかに表れているのが、この写真集の最大の持ち味でしょう。

何回も眺めているうちに、何故か戦後の小津映画を思いだしました。何気ない日常生活を、執拗なまでに細かく描き続けた小津映画を、同じ松竹出身の吉田喜重監督は、「何気ない日常が、今日も、明日も続くことが平和であり、小津映画は、その平和を邪魔しない、されないことを描く反戦映画だ」と言い切りました。「メオトパンドラ」に登場する夫婦達にも、多くの事が起こります。それは生きていれば当然です。けれども、明日も、明後日も同じ空気を吸い、同じごはんを食べて生きてゆく、その日常の平和を願わない夫婦はありません。

「暮らしの中に死んで生まれて」という詩句が、本の中に入っていました。そういう暮らしを邪魔するものが戦争です。「私達は平和に生きる。」そんなメッセージが聞えてきそうな写真集です。

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。


 

 

 

八重山諸島(中心となるのは石垣島をはじめ、西表島、与那国島等の多くの島々)で、人と自然を撮影している「八重山ローカル写真家」中西康治さんの作品集が届きました。1967年三重県生まれで、立命館大学卒業。広告会社勤務を経て石垣島に拠点を移したカメラマンです。

雄大な自然が広がるこの島なら、誰がシャッターを押してもそれなりに美しい写真が撮れそう、と思いがちですが、プロのカメラマンならではの視点で、目前の圧倒的な風景を切り取っていきます。作品集「神々の庭」に載っている真青な空、一本のアスファルト道路を背景にして嘶く馬を捉えた作品は、熱帯の温度が伝わってきます。

 

「ゆっくりあるいていますか」というサブタイトルが付いた「しまのひ」(1080円)は、八重山の日常を、散歩するように味わえる作品集です。山羊、牛、猫、犬たちがのんびりと暮らす様子も、都会の彼らとは全く違う表情です。写真集の後ろの方に、シュノーケリングを楽しむ女性と、水面をスイスイと泳ぐ虫を撮った写真が同じページに配置されていますが、その姿がなんとなく似ているところが面白いですね。しかし、この水面の青さには驚かされます。

今回、写真集を6点並べました。八重山諸島の自然を捉えたものがメインになっていますが、その中の一冊「CIRCLE OF LIFE」(1620円)は、ちょっと視点が違います。「八重山諸島の祝い」とキャプションが印刷されている通り、島々の祝祭の様々な場面を捉えています。五穀豊穣や大漁を祈願したお祭りのような、熱気あふれる、或はちょっとおとぎ話みたいな世界が白黒フィルムで表現されています。いいなぁ〜と思ったのが、三線をかき鳴らす男たちをバックに、扇を手にした留袖姿の女性が、今、まさに踊り出そうとしている緊張感のある瞬間を捉えた作品です。宴の音が聴こえてきそうです。

今回のフェアのために、中西さんは色々なノベルティーグッズを送ってくださいました。ポストカード、石垣島特産品カタログ、表紙に自身の写真をあしらったノート”OUR ISLAND ISHIGAKI”、石垣島でクリエイティブな活動をする人達を紹介する冊子「石垣島クリエイティブフラッグ」等、すべてフリーです。どれも数量に限りが有りますので、お早めに。

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。

 

今、作品展があれば是非行きたい写真家、奈良原一高の初のエッセイ集+代表写真45点を収録した「文集 太陽の肖像」(白水社2500円)は、深い味わいのあるズッシリとした重さ(総ページ380)があります。

1931年、福岡に生まれた奈良原は、55年、池田満寿夫等と共に新鋭画家のグループ「実存者」に参加。56年「人間の土地」のタイトルで個展を開催、写真家としての道を歩み始めます。

この本は、ヨーロッパ、アメリカ滞在時代を中心に、世界と自分をみつめたエッセイが、写真家らしいクールな文体で描かれています。とりわけ面白かったのは、70年代初頭アメリカで行われた巨大なロックコンサートに行く旅を描いた部分です。まるで、あの時代の「ドラッグ&ピース」的なアメリカンニューシネマを観ている気分になってきます。

「写真は未来から突然にやって来る。僕の場合は、いつもそうだった。僕は空中にひょいと手を伸ばしてつかみとる・・・・・すると写真がひとりでに僕の手の中で姿を現す。」

彼はそう感じながら、ヨーロッパの街角を、闘牛を、NYのビビッドな姿を、そして日本を捉えてきました。

私は、初めて、男性修道士の写真に目を奪われて以来、彼の作品をたくさん観てきましたが、文章も素晴らしい。

「初夏には、僕が好んで歩く横町や路地は夏草が生い茂っています。そして、秋ともなるとそこからは虫の声がいっせいに聞えてきます。ああ、俺は東京にいるんだなあ……としみじみと耳を傾けるのはその時です。パリやニューヨークでは虫の声を街中で聞いたことはありません。東京では都市の中に田舎があります。いや、村が都市へと進化した名残りがあちこちに残されていると言ったほうがいいでしょう。東京の郷愁ともいえそうな優しさに出会うのもそのような渾然とした場所なのです」また違った東京への視線の詰まった文章です。

残念ながら、彼の写真集は高くて、中々入手できませんが、一点だけありました。「現代日本写真集」という大判のシリーズの中に「近くて遥かな旅」というタイトルで彼の作品集があります。このお相撲さんの写真凄くありませんか?この大型本、900円です。

 

 

 

★お知らせ

明日19日(土)開催の「天神さんで一箱古本市」は会場が変更になりました。長岡天神から開田自治会館に変更になりました。最寄り駅は阪急長岡天神とJR長岡京です。詳しくはこのアドレスにアクセスして下さい

 

Tagged with:
 

カナダ在住の写真家、上村知弘さんの写真展本日より開催です。2012年に続き2回目になる今回の写真展に向けて彼はこう語っています。

「極北で撮りためた自然写真に文章を添えて、写真展という形で発表します。野生の生物に惹かれるのは、彼らが自然という不確かな要素の中で、将来や自分自身に思い煩うことなく、懸命に生きているように見えるからではないでしょうか。その姿や生き方に潔さを感じ、その畏敬の念がシャッターを押させてくれるのだと思います。」大自然のカナダ・ユーコン凖州に暮らして10年目、極北の旅や暮しを通して撮った作品たちです。写真の下には、上村さんのステキな文章が添えられています。どれもが、京都に住んでる本屋には眩しいばかり。

子育て真っ最中の白頭鷲、南東アラスカで海で身体を休めるラッコの一群、厳冬を乗り切る為の栄養源であるシャケをじっと待ち続けるクマ、そして夏の終りと共に戻ってくるオーロラの幻想的な美しい輝きなど、厳しく、美しい自然に身を置いて、撮り続けた12点。

ジャコウウシが、大平原の向こうからこちらに向かってくるところを捉えた一枚は、堂々たる風格。しかし、どこかで観た記憶があるなぁ〜と考えていると、モーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」の表紙にいるウシであることがわかりました。マンモスのいた時代から生きてきたのですが、乱獲により一度は絶滅しかけた種です。内毛は、なんと羊の8倍の暖かさ、カシミヤよりも暖かいのだそう。子どもを守る為に、子どもを囲んで円になり動かないので、人間に銃撃されやすかった、などという話を聞いてから、この写真に対峙すると、その威厳ある姿にひれ伏したくなります。

私たちが、上村さんを知ったのは、レティシア書房を始める前、北海道に行った時のことでした。ちょうど先週金曜日に、当店でトークショーをしてくれた、安藤誠さんが経営するロッジ「ヒッコリーウインド」でお会いしました。上村さんは、ネイチャーガイド修行中で、一緒にカヌーに乗ったりしました。彼の写真がヒッコリーに置いてあり、その素晴らしさに見入ってしまいました。

レティシア書房をオープンした2012年、彼が追い続けているドールシープ(高山に住む羊です)の写真展を開催してもらいました。今回の個展にも、雪の中に立つ真っ白なドールシープを捉えた作品が展示されています。マイナス40度の世界で、首を傾けた表情が、なんとも素敵な作品です。(写真集「Dall Sheep/ドールシープ」1620円も販売中です)

大きな作品の手前の平台には、極北の旅の様々なシーンを撮影したものを文庫サイズの本にまとめたフォトブックが十数冊並べてあります。販売はしておりませんが、ご自由にご覧下さい。

ぜひ、個人的に行ってみたいと思われた方は、上村さんと奥様のタミーさんが経営する少人数制の自然ツアー会社“Nature Connections”もあります。またユーコン準州の観光チラシやパンフレットもありますので、お持ち帰り下さい。(店長&女房)

 

★上村知弘さんは11月6日(日)は終日在廊されています。

 

 

 

Tagged with:
 

レティシア書房では、ほぼ毎年、動物保護団体ARKの犬や猫たちの写真展を開催しています。ARKの宣伝のためにボランティアで写真を撮り続けておられるのがプロカメラマン原田京子さん。犬猫たちの表情が素晴らしいので、彼女のARK以外の作品を、ぜひにとお願いしていたところ、やっと実現しました。

「Spanish Sentiment 」と題して、スペインのアンダルシアの風景と、そこで生きる人々の表情を捉えた作品が十数点並びました。DMに使われている老人と散歩に連れて来た愛犬を捉えた作品(写真左)を中央に据えました。老人と、飼主を見上げる愛犬の姿の優しさ、愛おしさ、そして背後に広がる大空と、そこに湧き出る白い雲。色調は、人生の黄昏を暗示するようで哀切に満ちています。

原田さんの動物好きがわかるような、犬だけが被写体になっている作品もあります。暮れなずむ夕陽の前に立ち尽くす一匹の犬。広がる美しい空の色。自然の大きな営みと、今生きている命が、一つの画面に溶け合います。

原田さんは「フィルムで撮った写真は、焼いて行くうちに深さを増し、もう二度とおなじものはできない。」と言います。

遥か彼方にまで続く空の微妙なコントラスト、古い建物のもつ情緒、レストランのざわめき、じっと前をみつめる少女の眼差し、広場の噴水の前の男たちの背中、息づかい。デジタル全盛の中、フィルムで撮られたスペインの柔らかで哀愁に満ちた写真を多くの方にご覧頂きたいと願っています。(女房)

なお、それぞれの作品は、デジタルでプリントアウトしてお届け出来ます。(30000円〜送料別)

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショー 「極北 カナダ・ユーコン&アラスカの旅と暮し」(7時より)を予定しております(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

 

 

 

Tagged with: