毎年2月恒例の「女子の古本市」改め「女性店主による一箱古本市」が次週2月5日(水)より始まります。今年も27店舗参加していただくことになり、今、各地から続々と本が入荷中です。その中から、ご案内していきます。

今日は、本に関する本を数点ご紹介します。

先月亡くなった坪内祐三の著書を、少し前にブログで紹介しましたが、二冊見つけました。明治時代を生き抜いた文豪達の青春を、膨大な資料をもとに描きこんだ「慶応三年生まれ七人の旋毛曲り」(新潮文庫450円/出品・古書ますく堂)は、日本近代文学を読むときには、目を通しておきたい一冊です。もう一冊、個人的に好きだった「私の体を通り抜けていった雑誌たち」(新潮文庫250円/出品・古書ますく堂)には、印象に残る文章があります。それは、雑誌「ブルータス」創刊時、作家の田中康夫がこの雑誌を批判しましたが、そのことについて。

「田中康夫の眼には、当時の『ブルータス』が、団塊世代(全共闘世代)の転向雑誌に見えたのである。つまり、1960年代末から70年代初めにかけて、社会に対して異を唱えラディカルにあばれてきたはずの彼らが、1980年代に入って、30歳を過ぎ、社会が安定し、その中でそれなりの身分を得たら、その『おいしい生活』を堪能する消費者になってしまったことを。そしてそのくせ、かつて社会派(ラディカル)の名残りをイレズミのように時どきチラつかせることを、田中は批判した。」

やや、強引な解釈ですが、田中康夫という人物をどう捉えていいのかわからなかった私は、この文章で納得した記憶があります。

本に関するエッセイとしては、かなりニューウェイブ風の仕上がりの一冊が、小林聡美「読まされ図書室』(宝島社400円/出品・榊翠簾堂)です。職業はてんでばらばらの老若男女から推薦された本を、小林が読んでゆくという企画です。井上陽水、吉本ばなな、皆川明、酒井順子等々、個性的なメンバーが繰り出してくる本を小林が料理してゆきます。写真家の高橋ヨーコが推挙したのは、なんと「オバケのQ太郎」だったり。小林のセンスの良さが一杯の面白い一冊です。

 

こんな雑誌あったんですね、知りませんでした。「本の探検マガジンBOOKMAN」(トパーズプレス/各150円)です。20号(1987年)から、26号(1989年)まで揃っています。今でいうなら、「本の雑誌」みたいなものだと思います。

資料として貴重なのは、21号の「東京古本屋帝国ベスト店」と「関東古本屋帝国ベスト店」ですね。この当時、取材された店舗の写真がずらりと並んでいます。添えてあるコメントも面白いものが沢山あります。80年代後半の書籍界が俯瞰できる、まとめて買っておくべき雑誌です。

★期間中、出品されている本を日々、紹介していきます。面白そうと思われたら、ご予約いただければお取り置きしておきます。なんせ期間中のみの販売ですから。

★古本市準備のため2/3(月)〜4 (火)連休いたします。