海外の出版事情に詳しい方が、「日本だけよ、出版社が無料で小冊子を配布しているなんて」と言ってた記事を読んだことがあります。

岩波書店「図書」、新潮社「波」、筑摩書房「ちくま」などが代表格だと思います。講談社も「本」と言うのを出していましたが、今年の12月号で廃刊になりました。創刊は1976年ですから、なんと44年間発行してきたのです!単に自社の新刊紹介だけでなく、今後単行本にするような連載も含めて、文芸総合雑誌ばりの多彩な内容を持っています。

新潮社の「波」12月号で、面白い企画を見つけました。南陀楼綾繁さんが、没後50年を迎え新カバーになった同社の三島由紀夫文庫34冊を、読破するのです。南陀楼さんは「他の作家ならともかく、三島は困る。正直なところ、これまでほとんど読んでいないのだ」と告白しています。SF、ミステリーを偏愛してきた人にとって、それらを毛嫌いし、文学ではないと言い張る三島を好きになれなかったみたいです。

私も三島が苦手でした。怒涛のごとく押し寄せる重厚な言葉の波を見ると、逃げたくなるのです。しかし、「憂国」を読んで、この人の短編は面白い、スリリングだ、と見方が変わりました。南陀楼さんも、「短編を読み進めると、三島という作家の広さを感じ、親しみが湧いてきた。」と書いています。新潮文庫には現在八冊の短編集があります。それを読み、解説してゆく。これはいい読書案内になります。

岩波書店「図書」には、藤原辰史と赤坂憲雄の往復書簡「言葉をもみほぐす」が連載されており、この二人の書簡を読むために毎号入手していました。残念ながら、今回が最終回です、藤原辰史が、日本学術会議の新規会員6名の任命拒否問題を取り上げています。

「あなたたちの批判が邪魔なので任命しない、と言えない。言うことを聞かない学者は必要ない、と言えない。逃げ回るだけ。名簿を見ていないのに、名簿に記載された人物が『総合的・俯瞰的な活動を確保』できないと考えて任命拒否を判断できる首相は、超能力者でなけれな、虚言を吐いたことになります」

全く正しい。藤原は、それでも言葉の力を信用しようとしています。ある高校で勉強は何のために、というテーマで討論をした時に、生徒からこんな答えが返ってきたのです。

「次の世代、子孫のために」

う〜ん、すごい回答ですね。「このような若い人たちにとって、学問の場所が楽しい場所になるためにも、私はこの期に及んでもなお、言葉をひとつひとつ、紡ぎつつづけたいと思っています」という文章で藤原はこの連載を終えています。おそらく、この往復書簡集は単行本になるのではないかと期待しています。

大きな書店で出版社の冊子を見つけたら、一度持って帰って読んでみては如何ですか。確か、京都府立図書館にもバックナンバーが置いてあったはずです。

「BOOK5」最終号で、南陀楼綾繁さんが「いま小さな出版社や書店を経営している(もしくはこれからはじめようとしている)人にこの本を読んでほしいと、機会があるたびに話してきた。」と書かれていた宮田昇「小尾俊人の戦後」(みすず書房2600円)が入荷しました。正月休みに一気に読みました。

小尾俊人(1922〜2011)は人文書出版社「みすず書房」の創業者です。敗戦の年、復員してきた彼は、弱冠23歳という若さで出版社を立ち上げました。出版関係に人脈もなければ、資金もない。本を作るための紙を集めるだけでも一苦労も二苦労もする時代に、出版社は船出します。「みすず書房」と言えば、「ロマン・ロラン全集」が有名ですが、私はナチ政権下のドイツ強制収容所の体験を描いたフランクルの「夜と霧」(700円)を思いだします。

「小尾俊人の戦後」を書いた宮田昇は、翻訳に関するエージェンシーに在籍した関係で付き合いが始まり、親交を深めていきました。彼の著書「戦後『翻訳』風雲録−翻訳者が神々だった時代」を以前読んだことがありますが、小説みたいに面白い一冊だったので、今回も期待度大でした。

宮田は、小尾の故郷、長野県諏訪郡豊平村に何度も足を運び、関係者を探しては話を聞き、様々に資料を精査して、小尾の人となりを再現していきます。それは、彼が生きた戦後史一面を描くことになっていきます。一冊の本を出版するまでの苦難の道が、宮田の抑制のきいた文章で語られます。

創立十周年まで後一年となった昭和29年、新聞社の取材で、「真面目な本ばかり出してソロバンが取れるのか」という質問に「真面目なモチーフを貫いてもソロバンが取れることを立証するのも面白い」と答えています。内容、装幀、紙質等すべての角度からみて、よい本は成功するという信念からでた言葉なのでしょう。

「みすず書房」は学術系出版社の砦と思われがちですが、昭和20年代には、長谷川四郎、小島信夫、庄野潤三、小沼丹、島尾敏雄等の小説家の作品も出していました。小島と庄野は同社からの作品で共に芥川賞を受賞しています。最近では詩人の長田弘の作品は、ほぼ同社から出版されています。明日のブログでは、長田の最後のエッセイ集「幼年の色、人生の色」をご紹介するつもりでいます。

「小尾俊人の戦後」の後半には、彼の日記「1951年」と月刊「みすず」初期の「編集後記」も併録されています。「日記」の方ですが、私は一時代の知識人の思考を読むのにかなり苦労しました。日記の最後はこう締めくくられています

「何とか物にしたいという題目 現代日本人の思想生活における『自然』と『作為』 勉強せねば駄目です。人の事ばかり言うものではない」

「勉強せねば駄目です。人の事ばかり言うものではない」肝に銘じておきます。

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。