能楽師、安田登さんの「野の古典」(紀伊国屋書店/古書1400円)は約400ページの分厚い本ですが、サクサクと読むことができ、へぇ、古典ってこんなに面白いんだと再確認させてもらった一冊です。古典と聞いただけで、大嫌い!という声が返ってきそうですが、著者に言わせると

「中学生や高校生が目にする古典は、何度も何度も検閲の網を潜った、刺激の少ない、毒にも薬にもならないものです。目黒のサンマです。そりゃあ、面白くないのは当たり前です。」

だからこの本では、「毒がいっぱい、薬もいっぱい。不思議な神秘現象もあるし、魔物だって登場する。この世のことも、あの世のこともなんでもある。ちょっと危険な美的世界も描かれる。」そんな古典を紹介しているのです。

確かに「東海道中膝栗毛」など、現代語では書けないぐらい卑猥で、下品なもので、オリジナルの言葉で読むのがベストでしょう。

本書では、「古事記」「万葉集」「論語」「伊勢物語」「源氏物語」「平家物語」「奥の細道」など、ザ・古典というものがたくさん紹介されています。難しそう、なんて引かないで読んでみてください。できれば音読で読むよう著者も勧めていますが、なかなかいいです。ふぅ〜んそうだったのかと思うようなエピソードも、全体に散りばめられています。

各章の終わりには、原本で読むならこれを、という読書案内が付いています。なんとここで紹介されている古典は、ほぼ文庫で読めるんですよ。「それにしても、これだけ多くの古典が入手し易い形で、しかも原文付きで書店に並んでいる国というのは、実はとても珍しいのです。」だそうです。

もちろん、本業の能についても書かれていますが、「能そのものに眠くなるような仕掛けがある」と、最初にあります。確かに、能舞台をみていると眠くなることがあります。「能は眠りの芸術です。」とまで言われているので、ちょっと安心しました。

「半分起きて半分寝ている半覚半睡の意識状態になると、通常受け入れられないような不思議なことも受け入れられるようになり、それによって幻影を見ることすらできるようになります。夢と現のあわいで遊びながら『妄想力』を全開させるーそれが能なのです。」

とにかくめっぽう面白い古典案内です。様々な形で伝承されている浦島太郎伝説が、実は極めてアダルト的小説だということ。これを読んだ平安貴族の脳裏には、浦島と乙姫の激しい性行為の姿が浮かんだのは間違いなかったはずで、ポルノ目的の物語でした。ところが明治期に、子供には読ませられないとアダルトシーンを全てカットして残したという事実も初めて知りました。

因みに楽しい装画は、漫画家のしりあがり寿さんです。

 

 

 

 

Tagged with:
 

上田秋成が江戸時代後期に書いた「雨月物語」。こんな難しい漢字の多い本に、手を出したくはありませんでした。しかしその昔、現代語訳付きの文庫本を読もうなんぞと思ったのは、ご承知のように、溝口健二の映画「雨月物語」の影響です。

映画「雨月物語」は5回観ても、やはりその都度発見のある映画です。現在500円の低価格で発売されているみたいですから、5回楽しむと1回たった100円です!?

一度目は、完璧な出来具合に驚き、二度目は、能面を冠ったような京マチ子の妖艶さに、ま、こんな女性なら亡霊でも抱かれるわなぁ〜と納得し、三度目には、美術の美しさと白黒撮影技術に惚れ惚れし、四度目は、こんなスゴい映画の原作に興味を持ち、五度目は、劇中で奏でられる音楽の多様性に驚嘆したという具合です。

音楽は早坂文雄。宮城県出身の音楽家です。「七人の侍」など黒澤明監督の一連の音楽で有名ですが、溝口作品でも活躍しました。「雨月物語」の音楽の秀逸さは、巧みな楽器の使い方です。観て、聴いて頂くのが一番ですが、京マチ子扮する亡霊が、屋敷で初めて登場するシーンでは、能の舞台で、幕開きに、まるで彼方の亡霊を呼ぶように鳴り響く横笛のメロディーが使われ、彼女も能役者の如く、すり足で登場します。

そうして、私は原作に手を出したのですが、脱落しました。原作には9編の怪異小説が収録されていますが、映画版は原作の「浅茅が宿」と「蛇性の婬」の2編を川口松太郎と依田義賢が脚色したものでした。これを全部読むのは、難しかった記憶があります。確か、角川文庫で読んだと思うのですが、放り投げた瞬間に、もう捨ててしまいました。今この歳になって、もう一度挑戦してもいいかなぁ〜と思っています。

 

 

Tagged with: