数年前に出来た新刊&古書のお店「待賢ブックセンター」の「処暑の古書市」を、本日よりレティシア書房で開催します。期間は9月5日まで。

で、どんな本が出ているか、ちょっとご紹介いたします。

先ずは、全13巻セットの大作「ファブル科学知識全集」(15000円)です。これは、大正11年に出された「ファブル科学知識叢書」の改訂版として、昭和4年に刊行されたもの。版元はアルス。ここはアナキスト系の出版社で、「大杉栄全集」とか出していました。ファブルなら昆虫記がメインですが、この全集は、それ以外も全て網羅しています。第1巻「天体の驚異」からスタートです。「月より見たる地球」などという口絵が載っているところとかが面白い。

夏目伸六、夏目という苗字からわかるように、漱石の次男です。明治41年生まれ、昭和15年に文藝春秋に入社し、ジャーナリストとして活躍するも、随筆家に転身しました。彼が昭和35年に発表した「猫の墓」(文藝春秋1000円)を見つけました。

「この日は、しんしんと寒気の身にこたえる、いてつく様な寒い日であったが、葬儀をおえた父の棺は、青山斎場から、すぐさま、落合の火葬場に運ばれた。そうして、父の死体は、くしくも、数年前、父自身が、始めて拭い難い肉親としての哀愁を以て、幼い末娘を荼毘に付した、その同じかまどで焼かれたのである。」

これは「父・臨終の前後」に登場する文章です。間近に父、漱石を見てきた人にしか書けません。

 

当店でも人気の絵本作家nakabanさんの珍しい本を見つけました。2002年に発行された「バースデイブック」(アムズ・アーツ・プレス1200円)です。誕生日がやってくる楽しさをカラフルに描いた小さな本です。ファンなら持っておいていいと思います。

その他、珍しい本が沢山出ていますので、暑い最中ですが一度遊びに来てください。

待賢ブックセンター「処暑の古書市」は8/25(水)〜9/5(日) 

8/29・30・31は休み 13:00〜19:00

 

●勝手ながら8/29日(日)は臨時休業させていただきます。

●北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約

税務署の事業届けでは、古本屋で申請しています。ミニプレスやら、新刊、あるいは比較的新しい作家を、このブログでは取り上げていますが、いかにも古本屋さんらしい本も読みますし、販売もしてます。ただ、私は完本(初版/帯付き/函)至上主義ではないので、まぁ、あんまり積極的でないのも事実です。

昭和15年に発行された獅子文六の「牡丹亭雑記」(白水社/重版500円)は、この作家の飄々としたユーモア精神満載のエッセイ集で、気分が良くなってくる一冊です。

「乾いて、ヒンヤリと、セーヌの河波を運んでくる風ー。『あア、いい気持ちだなア』と、思ふ途端に、河岸のプラタースの葉越しに、パッと、花火の光と音に驚いたりする。」

これ、パリ祭を現地で楽しんだ時の文章ですが、初夏の風が肌に当たる気持ちよさが伝わります。

大正11年、”東京市”神田町の金星堂から出た佐藤春夫「芸術家の喜び」(初版1000円)は、真面目な芸術論で、眠たくなったりするのですが、「室尾犀星『幼年時代』は上品な静かな情緒が私を同感させた。それにはどこか、小川未明君や秋田雨雀君や葛西善蔵君などのそれぞれの一部分と一脈の共通した『詩』の心境がある」という文章を見つけた時、極貧を描く葛西の小説の良さを理解する手助けになりました。

最近、見直したのが昭和17年に発行された堀辰雄の「幼年時代」(青磁社/函入りー穴空いてます/初版300円)です。堀辰雄の、一般的イメージと言えば、「風たちぬ」に代表される清純で、ロマンティシズム溢れる世界ではないでしょうか。この文庫サイズの函入り本「幼年時代」を読んでいると、リアルな文体で、感傷的にならずに、少年の目で見た世界を見事に描き出しています。「さういふ夏が終って、雨の多い季節になった」で、始まる「洪水」は、台風並みの風と強い雨で、彼の家の側の河川が氾濫し、避難する話で、少年ながら冷静にその時の状況を見つめています。過ぎて行った時代へのセンチメンタリズムを巧みに織り込みます。あ〜堀辰雄ね……、などと知ったような顔をしてはいけないと思いました。

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

昭和29年、私の生まれた年、という事実はどうでもいいとして、この年、岩波書店から発行された絵本が何点か入荷いたしました。

先ずは、バージニア・バートンの「ちいさいおうち」(29年4月発行2000円)。彼女の代表作で1942年に長女ドギーのために描かれ、、アメリカでその年に出版された最も優れた子ども向け絵本に授与しているコールデコット賞を受賞。10年後、ディズニー製作でアニメ化され、54年石井桃子により翻訳されました。大自然の中に建っていた小さな家が、押し寄せる都市化の中で居場所を失い、途方にくれているところを救出されるというお話。都市化される街並みの絵に注目です。

「ドリトル先生」シリーズでお馴染みのヒュー・ロフティングが、23年に発表した「タブスおばあさんと三匹のおはなし」を元に日本版「もりのおばあさん」(29年9月発行2000円)。原書ではロフティング自身が絵を描いているのですが、日本語版では漫画化の横山隆一が担当しています。農場に住むおばあさんとアヒル、犬、豚との日々を描いた作品です。ほぼ全ページにわたって横山が絵を描いているのですが、日本的なタッチが妙に魅力的です。

主人公の少年の躍動感が楽しいマージョリー・フラックの「おかあさんだいすき」(29年4月発行2000円)は、明るい色彩が特徴的な作品です。動物たちに次々に出会っていく少年を追いかけただけの絵本ですが、ページを捲るのが楽しい。この本には作者不明の「おかあさんのあんでくれたぼうし」が収録されています。

 

4冊目は「にほんむかしばなし おそばのくきはなぜあかい」(29年9月発行3000円)です。これ、注目すべきは初山滋が絵を書いていることでしょう。31年武井武雄と共に日本童画協会を設立した童画画家です。60年後半に発表した絵本「もず」で国際アンデルセン賞国内賞を受賞しています。絵本の絵にしては、デザイン性が強く、動きのある線は、今でも古さを感じません。配色も美しく、ビジュアル系を勉強中の若い方にも見ていただきたい作品です。         

最後は、黒人の扱い方に問題ありと判断されて発売できなくなったヘレン・バーマン(文)、フランク・トビアス(絵)による「ちびくろ・さんぼ」(これのみ重版で昭和45年発行3000円)です。こちらは明るくて、モダンな色と線がとても素敵な絵本。1988年、この本は人種差別との指摘で絶版になっています。でも、このキャラは愛すべき存在ですよ。

 

 

★2月9日(火)〜21日(日) 「女子の古本市」開催します。

 今回は、東京・神戸・姫路・岐阜・伊勢・大阪・滋賀・京都などから、24店舗(女性店主)の選書です。

 きっと面白い本に出会えますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラン・W・エッカートの「アナグマと暮した少年」(岩波書店・絶版1800円)が入荷しました。アメリカの作家で、この本は1971年に発表されました。カナダの開拓地を舞台に、少年とアナグマの交流と成長を描いた、自然描写が巧みな児童文学です。

主人公ベンが、ふとしたきっかけで野生のアナグマに出会います。最後は悲しい別れが待っているのですが、少年はアナグマとの暮しを通して、確執のあった父親との関係を乗り越えて成長していくのです。

ラストで、父親は、瀕死のアナグマを前に息子に向かって言います。

「アナグマが生きぬけなかったら、そしておまえがそうすることがいいと思うなら、おまえたちがいっしょに暮した場所にアナグマを運んでいこう、父さんとおまえとで。そしてこいつの最後の住かに埋めてやろうな」

アナグマの、そして少年の未来を書かずに余韻を持って終わらせる素敵なエンディングです。

ところで、この本をパラパラとめくっていた時、一枚の映画の前売り券が出てきました。それは、フランソワ・トリュフォー監督の「野生の少年」の半券です。

フランスの医師、ジャン・イタールが1799年にカンヌの森アヴェロンで完全な裸体で、粗暴極まりない状態で発見された子どもヴィクトールに出会います。いわゆる「アヴェロンの野生児」です。野生そのものの少年を人間社会に戻すまでの医師の実話を元に組み立てられた映画です。フランス版、「奇跡の人」ですね。

繊細極まる演出のこの映画を、私はトリュフォー映画のベスト3だと思っています。トリュフォー自身が演じる優しい医師の視線は、なんとなく、件の小説で、アナグマを見つめる少年にダブってきます。

そうか、この本を読んだ人は、こんな映画を観ていたんだ。どんな方だったんだろう。

本には、この半券も付けておきます。持っていた人の思いのオマケですね。こういうのも古書を買う魅力かもしれません。