正木香子の「文字と楽園」(本の雑誌社/古書1100円)を読みました。

ぐっとくる本とか、しみじみした感情に包まれる本、あるいは迫力に押しつぶされそうな本は沢山あります。けれども、愛しい気分にさせてくれる、読み終わった後も書架から出して、表紙をそっと撫でてみたくなる本は、あまりありません。これはそんな貴重な一冊でした。

サブタイトルの「精興社書体であじわう現代文学」とあります。精興社は1913年、東京活版所として設立された印刷会社です。。活版印刷の品質の向上を目的として、新しい書体を開発し精興社タイプと呼ばれる、細身の美しい書体を作り上げました。

古くは、1958年から83年まで25年間、串田孫一が創刊した「アルプ」の活版印刷を担当していました。岩波書店をはじめ、多くの出版社で採用されています。例えば村上春樹「ノルウェイの森」、川上弘美「センセイの鞄」、吉田篤弘「つむじ風食堂の夜」、あるいは三島由紀夫「金閣寺」と、読書好きなら一度は出会った書体です。

著者は、この文体が使用された本を十数本選び出して、美しい文字が作り出す世界を教えてくれます。吉田篤弘の「フィンガーボウルの話の続き」に入っている短編「白鯨詩人」をあげながら、こう書いています。

「この本には、文字を目で味わう楽しみがあふれている。物語が料理だとするなら、背後にある皿の美しさの「ほう」と見とれる瞬間がある。でもそれはまぐれや偶然で起きることではない」

作家が紡ぎ出した無数の言葉に命を吹き込み、読者に伝え、言葉の彼方の世界へと連れ出すような書体。その魅力を持っている精興社書体への思いが、ピックアップした本への愛情と共に語られていきます。

個人的にこの書体に着目したのは、新潮社が発行する海外文学シリーズ「クレストブックス」でした。新潮社装幀室が手掛けた、毎回変化する美しいブックデザインと、本文の読みやすさに魅かれました。それまでの、他社のお堅いイメージの書体による翻訳物は、ちょっと苦手でした。クレストブックスの流れるような美しさは、海外文学初心者には、ありがたかったです。創刊から2010年まで編集を担当した松家仁之は、「文字と楽園」によると、最初から精興社ありきで考えていたらしいです。

日頃、何気なく本を開く私たち。どんな字体を使用しているかなんて気にしている人は少ない。しかし、読んだ後も心に残り、再び読もうとする本は、人の半生と同じくらいの歳月を生き抜いた、精興社書体のような日本語書体の偉力なのかもしれません。

 

ご近所の出版社ミシマ社より、吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。

吉田は、クラフト・エヴィング商會で出版した数々の書籍を含めて当店でも人気の作家です。クラフト時代の作品では、猫、犬というテーマで文学アンソロジーを作った「犬」、「猫」(中央公論新社各900円/絶版)が、個人的にはベストだと思います。装幀のセンスの良さ、それぞれに登場する犬、猫のキャラの可愛らしさもさることながら、例えば猫編で取り上げられている寺田寅彦の「猫 子猫(大正10年発表」は寺田のエッセイストとして質の高さが伝わってきます。また、犬編で取り上げられている徳川夢声のユーモア溢れる「トム公の居候」など、選ばれた作品がどれも楽しい。

吉田のソロワークは、小説、エッセイと沢山あります。ややシュールな展開をする小説には好き嫌いもあると思いますが、「それからはスープのことばかり考えて暮らした」(暮らしの手帳社950円/絶版)などは、特に起伏のあるストーリー展開ではないのに、何故か心に残る小説です。

仕事を辞めた青年が、新しい町に来て、白い十字架が見える家を見つけ、「朝、起きると、まずカーテンをあけ、窓の向こうの白い十字架を眺めて煙草を一本吸う。この十字架も雲と光の加減で、日々、表情が変わってゆく。」という日々を見つめた小説で、初期の村上春樹っぽいニュアンスもありますが、登場するサンドイッチや、ポタージュといった小道具の使い方が絶妙です。

装幀には拘った本作りをしていますが、最近の作品「ブランケット・ブルームの星形乗車券」(幻冬舎1728円)は凝りに凝っています。本の上半分がイラストになっていて文章は下半分に集約されています。絵本のような、小説のような不思議な世界が展開します。

 

吉田篤弘の新刊「京都で考えた」ご予約お待ちしております。 

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

「人間は皆、等しく陽気であるべきだと思う。ときに寂しげであったり、陰鬱であったり、激怒していたりと、さまざまな面があるのも豊かでいいけれど、やはり陽気な人間の姿を私は一等快く思う」

ふ〜んなる程というご意見を述べられているのは、実は犬だったのです??? はぁ〜、なんのこっちゃ。

これ、吉田篤弘が2015年に発表した小説「レインコートを着た犬」(中央公論新社1400円)の冒頭部分です。映画館主の元で飼われている犬ジャンゴの一人称で語られてゆくのですが、中々彼の考え方が面白い。

彼は出来ることなら、ぜひ人間が行く銭湯なるものに行ってみたいと思っています。何故なら、銭湯帰りの人間は皆、陽気になっているからだと考えるのです。

物語は、ジャンゴの目を通して、彼が住む街と、そこで暮らす奇妙だが、味のある人達の姿を描いていきます。「お前の人生はどう呼ぶんだろう。人ではなく、犬の人生ってのは……..」と悩む古本屋のマスターとは合性が良く、店内の本の上に置かれた座布団で惰眠を貪ったりしています。なんか、いいな、この街。

ジャンゴは、こう解説します

「町の名は<月船町>。この名にあやかって、銭湯は<月の湯>、団子屋は<月見堂>、うちの映画館は<月船シネマ>と名乗ってきた」

クラフト・エヴィング商會の頃から、この作家は、ちょっと不思議な世界を好んで描いてきました。そして、小さな幸せが見えてくる場所へと読者を案内してくれます。それは、小説だけでなく、エッセイ「木挽町月光夜咄」(筑摩書房1350円)を読んでいても、日々の暮らしのなかの、ささやかな幸せを丹念に描いていきます。過剰にセンチメンタルにならずに、今日よりは、明日は少しは良いよねみたいな希望を語ってくれます。

「レインコートを着た犬」の装幀は、もちろん吉田浩美、篤弘のクラフトエヴィング商會コンビ。レインコートを着たジャンゴが描かれていますが、小説のエンディングで彼はこのレインコートを着て登場します。このエンディング、切なくで、甘酸っぱい感じ一杯で、ちょいと泣けてきます。

おっと、このラスト直前に、古本屋のマスターが、こんな台詞をふっと言います。

「これだから、古本屋はやめられねぇよな」

ごもっとも、ごもっともですね。