最近、京都市動物園に行かれたことは?古い動物園のイメージをお持ちの方、一度行ってください。素晴らしい場所ですよ!

京都市動物園は明治36年開園で、上野動物園に次いで古い動物園です。2008年、京都大学と連携をきっかけに、「共汗で作る新『京都市動物園構想』」を策定し、それに基づいて全面リニューアルしました。「いのちをつなぐ動物園」(小さな子社/古書1300円)は、生まれてから死ぬまで、動物達にとって住み心地の良い暮らしを模索する動物園の人たちの日々が詰まっています。

動物園の動物達がストレスなく、生き生きと暮らしてゆく環境を保持し、生活の質を向上させるのが動物福祉(アニマルウェルフェア)で、この考えは世界的な広がりを見せています。見る者が楽しければそれでいいという時代は終わりました。

2019年、京都大学と京都市動物園を舞台にして、第14回国際環境エンリッチメント会議が開催されました。環境エンリッチメントとは「動物達が心身ともに健康で暮らせるように、動物の生物学的な知見やライフヒストリーをもとに必要な要素を特定し、飼育環境や飼育管理手法に工夫を加える」ことです。その世界大会が京都で開催されたのです。

また、動物園で動物を飼育するということは、調査や研究と切り離せません。本書の様々なレポートの中に、身体障害を伴うチンパンジーの研究をしている櫻庭陽子さんのレポートがあります。京都市動物園には障害を持つチンパンジーはいませんが、彼女が研究してきた他の動物園のチンパンジーのそれぞれの障害の例を知ることができます。先進的なユニークな取り組みなども紹介されていて、収録されている写真から、彼らの日常を見ることができます。

最終章は、動物園の主役ともいえるゾウをめぐる物語です。現在、5頭のゾウが暮らしています。推定48歳の「美都」はマレーシアから、他の4頭は、ラオスからやってきました。この5頭の暮らし、そして世界のゾウの状況が語られていきます。

多くの研究者や飼育員達が、思考し、実践し、時には失敗しながらも、動物園に暮らす多くの動物達の幸せを守っている姿を知った上で、実際に訪れたら、また感じ方が変わるかもしれません。