今年4月、東京立川にオープンする美術館の開館記念展が「エリック・カール 遊ぶための本」です。その記念図録がブルーシープ社から発売されました(新刊/2200円)。

図録の帯に記載されていますが、これはエリック・カールの全てがわかる立派な書籍です。カールといえば、「はらぺこあおむし」が有名な、色彩を巧みに操る魔術師みたいな絵本作家。

本書で序文を書いている、今人気の絵本作家tupera tuperaは、カールの世界をこう表現しています。 「画面を隅々まで眺めてから、今度は、顕微鏡でも覗くかのように、ぐっと絵に顔を近づける。すると、まるで色鮮やかな銀河や惑星をみているような光景が目の前に広がる。エリック・カールによって生み出された紙の宇宙だ。」

カールの作品では、アメリカの童歌を元に、カールが描いた動物たちが登場する「月ようびはなにたべる?アメリカのわらべうた」(1993)が大好きです。ここに登場するヤマアラシの美しい姿に目を奪われました。「ごきげんななめのてんとうむし」(1977)に登場するサイや、「えをかくかくかく」(2011)に出てくる馬なども、今にも画面を蹴破って飛び出しそうです。

そんな楽しい本と遊ぶ子供達を、人気の写真家長島有里枝が撮影して、子供達の素敵な表情が収録されています。さらに マサチューセッツにあるカールのアトリエや、カール美術館の訪問記や、カールのこれまでの歴史、そして書影入りの作品リストが網羅されています。グラフイックデザイナー時代の作品を初めて見ることができました。永久保存版として持っておいても損はないと思います。

 

以前、サントリーミュージアムで開催された「THE ドラえもん展」の図録は、かなり凝った内容です。ページをめくると武蔵野美術大学教授で、デザイン評論家の柏木博が、当展覧会アドバイザーとして「消えてしまった風景への夢」という文章を寄せています。ドラえもんの連載が始まったのは1970年。60年代の高度経済成長時代は終焉を迎え、それまでの産業社会、あるいは消費社会に疑問が出てきた時代です。

「そこに描かれている風景、そして、のび太やしずかちゃんやジャイアンといった子どもたちは、60年代の『高度経済成長』の経過の中で、次第に消えていった存在であり、それが、この漫画の中で生き返っているのである。」と書いています。

遊び場としての空き地がなくなり、集団で遊ぶことが失われていった時代に登場したドラえもんというキャラクターを巡って、様々な表現ジャンルで活躍するアーテイストたちが、ドラえもんへのオマージュを表した作品が図録に収録されています。奈良美智の「シャイアンにリボンをとられたドラミちゃん」は有名な作品ですので、ご存知の方も多いと思います。

美術家の森村泰昌も参加しています。曰く、「ドラえもんをイメージしたドレスを作り、それを『私=モリムラ』を形どった人形に着せます。といってもドラえもんの着ぐるみを作るのではなく、ドラえもんを優雅に演出したドレスを作ります。ドラえもんのドレス。ですから、『ドラス』です。宇宙的でありながら、かわいく、そしてエレガント。」

エレガントかどうかはさておき、宇宙的であることは間違いありません。

デザイン的にいいな〜と思ったのが、グラフィックデザイナーの松下計が製作した「すべての階層のドラえもん」。ビルのあらゆる階にドラえもんらしきシルエットが出没しています。なんの違和感もなく溶け込んでいるところが、さすがドラえもんです。

そして最も微笑ましかったのは、写真家蜷川実花が、他の仕事ほっとらかしにして取り組んだ「ドラちゃん1日デートの巻」。この後ろ姿を見て、微笑まない人は、いないでしょう。

どのページにもアーティストたちの才能が開花した作品が一杯。(古書/700円)

 

 

 

大阪の動物保護施設ARK関西アニマルレフユージュの2020年カレンダーが入荷しました。

壁掛けタイプ1000円、卓上サイズ800円です。なお当売上は、保護活動費に当てられます。

絵画展の図録が、沢山入ってきました。ネットでは高値で売っているものもありますが、重たい、大きいというハンディを鑑み、割と安く出しています。

2011年京都で開催された「ワシント・ナショナル・ギャラリー展」(古書1300円)は、印象派がズラリと並び、西洋美術の教科書みたいな一冊です。ルノワール、モネ、ゴッホなどの作品が、左ページには全体像、右ページには作品の一部を拡大したものが載っています。ルノワールやセザンヌのデッサンなど、美術館で近づいて観たときのように、筆致がよくわかります。(きっと実際の展覧会は混雑していて一つ一つ近づいてじっくり見られなかったに違いない)ドガやカサットなど、年を取ったおかげで今になって改めていいな〜と眺めてしまいます。

2001年、東京と愛知県岡崎で開催された「カラヴァッジョ光と影の巨匠」(3000円)は、解像度の高い印刷技術で、この画家の世界を捉えています。「メランゴロをむく少年」では、白いシャツの間から見える少年の肌をクローズアップしていますが、艶かしい光沢を放っています。全編カラヴァッジョの強い光と陰を堪能しました。

フェルメールも2冊あります。「恋文」を収録した「レンブラント、フェルメールとその時代」(700円)と、「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」「手紙を読む青衣の女」を収録した「フェルメールからのラブレター」(600円)は、来年大阪の展覧会に行く前には目を通しておきたいものです。

日本の画家の図録では、2007年、横浜と島根で開催された「有元利夫展 光と色・想い出を運ぶ人」(900円)があります。堂々とした女性像を中心に据えた独特の画風で知られた画家ですが、この図録には、素描、版画、立体等の作品も入っています。音楽が好きで、様々な楽器を演奏した有元が、ビバルディの「四季」をモチーフに作った版画は、ビバルディの楽曲への深い理解と賛美が根底にあります。夭折した画家の豊かな表現をみることができます。

竹内栖鳳、伊藤若冲、長谷川等伯、藤田嗣治、河鍋暁斎、海北友松、藤田嗣治、等々日本画壇を代表する画家たちの図録もありますが、実は私が最も気に入った図録は、2006年高島屋グランドホールで開催された「没後50年 モーリス・ユトリロ展」(800円)。あまり興味もなかったユトリロでしたが、今回パラパラと捲っているといい気分になりました。ちょっと散歩にでも行きたくなるような感覚。雪のつもった家々が見える町、春風が吹き抜ける目抜き通り、青空が眩しい田舎の乾いた道…….。どの街角も歩いてみたくなる魅力一杯です。

まだまだありますので、お気に入りの一冊を探してください。

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772