「国吉康雄/ベン・シャーン展」は、1981年東京で行われた展覧会です。国吉は1889年岡山生まれで、1906年アメリカに渡ります。ベン・シャーンは1898年リトアニア生まれで、1906年、移民としてアメリカに渡りました。そして画家として一時代を築いていきます。同時代を生きた二人の展覧会は、きっと魅力的だったことでしょう。

国吉は、酒場やカフェにいる女性を描いたものがよく知られています。大戦の影を帯びた暗く深い眼差しが印象的。一方、ベン・シャーンは、どこにでもいるような庶民の生活の一場面を描いた「サンデーピクチャー」と呼ばれるものがあります。私が最初に魅了されたのもそのシリーズでした。労働者の男たちの背中に垣間見える生活の悲哀が伝わってきます。もちろん、この図録(1400円)にも収録されています。社会の弱者への眼差しは、やがて失業者、ストライキに明け暮れる労働者へ寄り添う、社会派画家としての道につながります。第二次世界大戦勃発と同時に、戦時情報局に意向に沿ったポスターを制作しますが、やがて戦争の愚かしさと虚しさに気づき、画風はさらに変化していきます。

そんなベン・シャーンの画の変遷を楽しませてくれるのが「現代美術第一巻/ベン・シャーン」(講談社2800円)です。戦後、彼は多くのレコードジャケットのデザインも担当していますが、音楽をテーマにした作品もたくさん描いています。1955年制作の「ジャズ」、翌年の「ホエン・ザ・セインツ」なんか、そのままレコードジャケットになりそうです。

その後、ビキニ環礁でおきた水爆実験で被曝した第五福竜丸の乗組員に強い関心をいだき、取材を敢行し、悲惨な兵器の姿を伝えようと「ラッキードラゴン」というタイトルで11点の作品を発表しています。その最初の作品「我々は何が起こったのか知らなかった」で、突然の被曝を表現していますが、この画集で初めて知りました。

なお、この画集には、野見山暁治が「同時代人ベン・シャーン」というタイトルでエッセイを書いています。瓦礫の中で、縄梯子にぶら下がって遊んでいる子供たちを描いた「解放」という作品に「戦争のあとの空しさというものを、ぼくはこの絵をとおして眺めた」と書いています。

もう一点、2011年から12年に全国を巡回した「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」展の公式カタログ(2000円)として美術出版社が出したものがあります。私もこの展覧会を観て、彼の多彩な活動を知りました。このカタログは資料満載でファンの人なら必須の一冊です。彼が手掛けたレコードジャケットも収録されています。シャーン好きの安西水丸、和田誠へのインタビューも掲載されています。