「『詩、読みますか?』と聞いて、まだ『ハイ』といわれたことがない。たいてい『本は好きなんだけど』とか、『小説は読むんだけど、』という具合に、あとは続くのです。」

大阿久佳乃「のどがかわいた」(岬書店/新刊1430円)はこんな風に始まります。詩のことを知ってもらいたくて、彼女は「詩ぃちゃん」というフリーペーパーを発行しました。私は、何人かの詩人を除いて、あんまり詩を読まないのですが、彼女が紹介している詩人やら、詩の楽しみを読んでいると、こういう読み方もあるんだと、視界が広がります。

著者の大阿久さんは、2000年三重県鈴鹿市の生まれで、このフリーペーパーは2017年、17歳の時に出しています。

「半年ぐらい学校に行っていなかったのだと思う。けれど、はっきりいつから行かなくなったかは覚えていないし、そういえば、学校に行っていた間のこともあまり覚えていない。」

結局、出席日数が足りず留年、そして退学。本書の第二章で、その息苦しかった時代のことを振り返っています。「もともと私には、十八歳まで時が止まっていて、十九歳から一気に死に向かっていくという、謎の思い込みがある」とまで書いています。

思春期にありがちな不安、苛立ち、孤独の告白といえば、そうかもしれません。ここにはそんな状態から、彼女を支えた言葉と共に、出口を求め、模索する一人の女性の偽らざる姿が描かれています。先の見えない閉塞感と息苦しさは、数十年前に”穏やかだった”十七歳を経験した私には、理解できないものが潜んでいます。

でも、これは、あくまで彼女の心を支えた読書案内です。フランシス・ジャムという詩人を紹介する件は、この詩人の言葉がどれだけ彼女の心に寄り添っていたのかがわかります。

「ここを読んでいると、自分が難しい顔ばかりして生きてきたと思い、これからもずっとそうなんだろうと、落胆したり、度が過ぎてちょっと面白くなくなってしまったりする。しまいには涙が出て、人生がなんなのかさっぱりわからなくなって、このやろう、と乱暴に、すがるようにジャムの詩をまた読み進めてしまう。」

とても素直な文章で、店にあるジャムの詩集を開いてみたくなります。

彼女の祖父母が京都市内に住んでいる関係で、よく来京しているそうす。そこで出会ったのが「古書善行堂」の店主山本さんでした。あぁ、いい店に出会ったなと思いました。ここで、彼女は多くの作家や本を山本さんから紹介してもらいます。書店にとって、読者の心持ちに沿った本を紹介できるほどの喜びはありません。そしてここから、岬書店の島田潤一郎さんに出会い、本書の発行へと繋がっていきました。しかるべき時に、しかるべき出会いがある、という事です。

お知らせ コロナウィルス感染拡大の緊急事態下、これ以上感染者を出さないために、営業日、時間を下記のようにさせていただきます。

営業日:毎週 火曜日、木曜日、土曜日 営業時間:13時〜17時

通販、メールでの在庫確認は常時できますので、ご利用ください。通常営業再開はHPにて告知いたします。(info@book-laetitia.mond.jp)