京都に本拠地を置くアート系出版社、青幻舎の傑作を集めてみました。

人の踊る姿って、なんでこんなに楽しいの!と思わせてくれるのが奥山由の写真集「ポカリスエット」(2484円)です。

2017年に話題となったポカリスエットの春・夏キャンペーン広告に参加した300人の高校生。その彼らの踊る姿をさまざまな角度から捉えた写真集です。ダンスレッスンに打ち込む姿に肉迫し、シャッターを押します。そこに現れる踊ることへの無条件な喜びが満ち溢れています。登場する高校生たちの数人が、側にでもいたら、ちょっとうっとおしいな!などと、もしかしたらおじさんは思ってしまうかもしれませんが、髪をなびかせ、手を大空に突き上げ、足を振り上げる姿は素敵です。踊ることに命を燃やしている無垢の魂がここにはあります。波打ち際で踊っている姿は、羨ましいほどかっこいい!

彼らも、最初は戸惑い不安に思い、踊れるかなぁ〜と思っていたかもしれません。でも、レッスンを重ねるうちに、俺ってできるじゃん、私っていいかも……..と感じだしたのでしょう。その胸の高まりや、興奮が伝わってくるのです。本の帯に「自分は、きっと想像以上だ」と書かれていますが、その実感100%の写真集です。今の所、今年観た写真集で、最も気に入りました。

さて、もう一点、写真集をご紹介します。

マーリア・シュヴァルボヴァーの「Swimming Pool」(4104円)です。スロヴァキアで活躍するマーリアは、自国の公共の水泳施設の空間に惹きつけられていきます。撮影された水泳施設の殆どが、スロヴァキアの社会主義の時代に建造されています。その無機質で、幾何学的な構造が放つ美しさと、人形のように配置された水着姿の人間が作り出すクールな作品が、ズラリと並んでいます。泳ぐことを楽しんでいるという雰囲気は全くなく、シーンとしていて冷たく、体温が全く感じられません。独特の色使いの建造物に佇む人間の姿は、まるで夢の中のような不思議さです。眩しいはずの青空さえ、クールです。だからと言って、観る者が寒々しくなることはなく、どこかでこんな風景見たよなぁ〜という懐かしさに誘い込みます。水の中に入りたいと思わせる不思議な写真集です。誰もいない、プールの魅惑。

今回10点程アートブックを入荷しました。追加でさらに揃えていきます。その中には、ぜひブログで紹介したいものも沢山あります。乞うご期待!!

トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。