2月5日から始まる恒例の「冬の古本市」のプレ企画です。

先ずは、京都市内の印刷屋さんの作った豆本。の豆本は以前から店頭で販売していましたが、場所の関係で、いつも十数点しか設置できませんでした。今回は今まで作ってこられた全点、60作品を出していただきました。

芥川龍之介「遺書」、正岡子規「子規随筆」、夏目漱石「夢十夜よりー第三夜」、泉鏡花「胡桃」、ボードレール「パリの憂鬱」、リルケ「老人」等々の古今東西の文学作品が、趣向を凝らした装丁で、豆本化されています。形は様々ですが、全て手の中にすっぽりと治るサイズです。カフカの「道理の前で」は、昔懐かしいマッチ箱の中に入っていて可愛い装丁です。一点ずつしか並べておりませんが、すべて販売しております。熟練の職人の手仕事で出来上がった豆本をぜひ、ぜひ手に取ってご覧ください。(価格は1800円〜)

ミニプレスでは、豆本に匹敵する手作りでファンの多い小幡明さんの”Papel Soluna”(ぱぺる・そるな・330円)。昨年のレティシア書房の個展にも多くの方にお越しいただきました。世界中の国々を回って、その土地の文化を、楽しいイラストで綴ったミニ新聞風の小さなミニプレスです。約30点ほど出ていますが、達者で自由な筆遣いが生き生きとした旅に連れて行ってくれます。携帯で写真を撮って、FaceBook等ですぐに発信するのが当たり前の時代に、わざわざ紙に描き、作品にするというアナログ精神に乾杯です。

もう一つは、古本です。本好きの方が亡くなられて、その蔵書の一部を販売することになりました。元々、某TV局の管理職だった方なので、その方の元へ多くの作家が本を送っていたみたいです。鴨居羊子のデッサン画が散りばめられた安岡章太郎「ガラスの靴」(牧羊社10000円鴨居のサイン、自画像デッサン入り1000部限定)、井伏鱒二「厄除け詩集」(牧羊社3000円)、加藤一雄「無名の南宋画」(三彩者4000円)、同じく「蘆刈」(人文書院3000円)、藤田嗣治「猫と女とモンパルナス」(ノーベル書房4000円)など、あまり見かけない本も登場します。

豆本、ミニプレス、古書と本好きにはこたえられないものがズラリと並びます。眺めて、手に取って楽しんでいただければと思います。

 

お知らせ

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。