様々なジャンルで活躍する安田登は、下掛宝生流能楽師です。「見えないものを探す旅」(亜紀書房/新刊書/1650円)は、古典文学、能楽などを、今を生きる私たちの目の前に表出させて、生きることを考えるヒントを提示してくれます。

「姥捨」という能は、主役(能楽ではシテと呼ばれる)は姥捨山に捨てられた老女です。孤独を受け入れ、夜空に光る月を友として暮らしています。そんな老婆のところに立ち寄った旅人の前で、「胡蝶の舞を戯れ舞い、ついに月と一体化して山気の中に昇華する」のです。

「かつて日本人は、孤独の中で一体化するすべを知っていた。それは、姥捨山に捨てられた老女という、絶対の孤独者であってすらだ。そして、それは芸能として長きに亘って人々に、老いとは何か、孤独とは何かという問いかけを投げかけていた。それは孤独の芸能、能だからできたことではなかっただろうか。

現代人である私たちは、そこから何を学び、未来に向けて何を提示することができるだろうか。」

 

本書は、「旅」「夢と鬼神 夏目漱石と三島由紀夫」「神々と非在 古事記と松尾芭蕉」「能の中の中国」そして「日常の向こう側」に分かれています。タイトルだけ見れば、文学評論、古典芸能評論っぽい感じを持たれるかもしれませんが、能の演目なんて知らなくても、著者がその世界へと連れて行ってくれます。

ところで、著者は能でいうワキ(シテに対して)役者です。能の舞台では、ワキだけが亡霊に出会えるのです。その理由を「ワキは、『分く』を語源とする『境界にいる人物』だからだ。この世とあの世、生者と死者との境界にいる。」と解説しています。

「ワキには、本来出会うことができないあの世とこの世とを『ここ』で出会わせてしまう力もある。だからこそ、能の観客も、ワキの目を通じてあの世を見ることができるのだ。」

不思議な芸能ですね。

この世とあの世の境界にいる「ワキ」は、安田がよく使う「あはい」という言葉とも重なっています。「あはい」は、例えばお盆という時のようにあの世とこの世の接点で、それは、「間」とは違い、少し重なった「糊代」のようなもの。建築でいえば縁側みたいに外と内を緩やかに繋ぐような。生活の中でいえば、「門掃き」のように、自分の家の前だけでなく隣家の前も少しだけ掃除するような。または「掛詞」のように意味を重ねて使うような。

日本にはそういう「あはい」の文化がもともとあることを、能楽や古典から引っ張ってきて、その面白さを平易に伝えてくれます。

 

 

 

 

能楽師、安田登さんの「野の古典」(紀伊国屋書店/古書1400円)は約400ページの分厚い本ですが、サクサクと読むことができ、へぇ、古典ってこんなに面白いんだと再確認させてもらった一冊です。古典と聞いただけで、大嫌い!という声が返ってきそうですが、著者に言わせると

「中学生や高校生が目にする古典は、何度も何度も検閲の網を潜った、刺激の少ない、毒にも薬にもならないものです。目黒のサンマです。そりゃあ、面白くないのは当たり前です。」

だからこの本では、「毒がいっぱい、薬もいっぱい。不思議な神秘現象もあるし、魔物だって登場する。この世のことも、あの世のこともなんでもある。ちょっと危険な美的世界も描かれる。」そんな古典を紹介しているのです。

確かに「東海道中膝栗毛」など、現代語では書けないぐらい卑猥で、下品なもので、オリジナルの言葉で読むのがベストでしょう。

本書では、「古事記」「万葉集」「論語」「伊勢物語」「源氏物語」「平家物語」「奥の細道」など、ザ・古典というものがたくさん紹介されています。難しそう、なんて引かないで読んでみてください。できれば音読で読むよう著者も勧めていますが、なかなかいいです。ふぅ〜んそうだったのかと思うようなエピソードも、全体に散りばめられています。

各章の終わりには、原本で読むならこれを、という読書案内が付いています。なんとここで紹介されている古典は、ほぼ文庫で読めるんですよ。「それにしても、これだけ多くの古典が入手し易い形で、しかも原文付きで書店に並んでいる国というのは、実はとても珍しいのです。」だそうです。

もちろん、本業の能についても書かれていますが、「能そのものに眠くなるような仕掛けがある」と、最初にあります。確かに、能舞台をみていると眠くなることがあります。「能は眠りの芸術です。」とまで言われているので、ちょっと安心しました。

「半分起きて半分寝ている半覚半睡の意識状態になると、通常受け入れられないような不思議なことも受け入れられるようになり、それによって幻影を見ることすらできるようになります。夢と現のあわいで遊びながら『妄想力』を全開させるーそれが能なのです。」

とにかくめっぽう面白い古典案内です。様々な形で伝承されている浦島太郎伝説が、実は極めてアダルト的小説だということ。これを読んだ平安貴族の脳裏には、浦島と乙姫の激しい性行為の姿が浮かんだのは間違いなかったはずで、ポルノ目的の物語でした。ところが明治期に、子供には読ませられないとアダルトシーンを全てカットして残したという事実も初めて知りました。

因みに楽しい装画は、漫画家のしりあがり寿さんです。

 

 

 

 

Tagged with:
 

読んでいる本の著者のお会いするなんて、なかなか叶わないことが実現しました。

先日、出版社のミシマ社設立11周年記念パーティーの席上で、同出版社から「あわいの力」(1836円)を出されていた安田登さんにお目にかかることができたのです。

安田さんは、ワキ方能楽師です。ワキ方というのは、簡単に云えば、主役(シテ方)を補佐したり、物語の進行をする道案内を行う立場です。じゃ、この本は能楽の本?いえ、全く違います。

著者は、現代を「心の時代」と捉えています。心を厳密に定義してゆくと、膨大な時間を要しますので、著者は「自己意識」ぐらいに思って下さい、と言います。主体的に意志決定したり、自我をぐいぐいと押し出すことを覚えた人類は、やがて得体の知れない「心」に振り回されます。古代から孔子、釈迦、イエス等が心との付き合い方を巡って悪戦苦闘してきましたが、その答えが出ていません。

著者は「心」という文字が出る以前、人類はどうしていたのか。「『文字』以前の人間は、身体の感覚に従って生きていました。それが『文字』を使い始めたことで、脳で思考することが増え、人間がいわば『脳化』していった。それによって『心』が肥大化し、『心』がもたらす副作用がどんどんどんどん大きくなっていきます」

自殺、精神疾患の急速な増加はその副作用ではないか、というのが著者のスタンスです。え?じゃ、癒し系の本なのこれ?それも違います。

ここから、能楽師としての経験を踏まえて、「心の時代」の次を生きる「あわいの力」について、実証的に、知的に論じられていきます。ちなみに、「あわい」というのは、あいだのこと。自己と他者、異界と現実界、時間と空間、あっちとこっち。能楽におけるワキは、両者をつなぐ象徴的な存在だということです。

個人的なことですが、小鼓を習い始めて数年、能の舞台も何度も見ましたが、もう〜めちゃくちゃ眠たくなる時があります。実際寝てる人もよくお見かけしますが……。

著者は「それでいいのです。能は『そういうもの』であるからです。そういうもの?はい、そういうものなのです。つまり目の前で流れている時間とは別の時間に生きていることになる。まさに、『あわい』の世界に身をおくことになるわけです。」

この先は、能楽の世界へ入り、日本の芸能から日本語の持つ動的で、身体的な特質へと向います。ここら辺りのお話が好きな方にはたまらん知的興奮をお約束します。

さらに著者は、もう一つの専門でもある古代文字の世界へと読者を誘い、文字のなかった時代、人々はどう心と向き合ったのかまで話が広がります。

昨日、このブログで伊坂幸太郎の小説をご紹介した時、物語が「もう飛び跳ねまくりです」と書きましたが、こちらの本も宗教、古代文字、文学、古典、歴史と方々に飛んでいきます。成る程、成る程と頷きながら、「あわいの力」という抽象的表現の意味するところを学んでいきます。日本文化って、こんなに深く、面白いものなのだったんですね、安田さん。

一つ、いい文章に出逢いました。

「学びというのは、役に立たなければ立たないほど面白い」

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。数名で満席ですのでお早めに(要・予約 レティシア書房までお願いします)