例えば、嫌な仕事をなんとか乗り切った翌日。下らないいざこざに決着を付けた夜。そんな時に沢木耕太郎の「彼らの流儀」(新潮文庫300円)をポケットに入れて、電車やバスを待っている時に好きな部分を読めば、足下が軽くなってきます。

普通に生きている多くの人々の人生の「一瞬」を掴み出して、エッセイでもなく、小説でもなく、ノンフィクションでもない手法で描いた33篇の物語です。

平成3年、朝日新聞社より単行本が発売された時、書店で最初の短篇「ナチュラル」を立ち読みし、即決で買ってしまいました。「ナチュラル」は、ロバート・レッドフォード主演の野球映画の名作です。映画のラストシーンでファンタジックなホームランが飛び出すシーンと、野球選手だった父親の後を追い、プロの世界に飛び込んだ息子の選択を描いた、たった5ページの短篇です。ぜひ、映画も見て下さい。そうすれば、ラスト数行に涙してしまいます。

 

あるいは、「最後のダービー」。これは、年老いたドライバーが、老朽化したタクシーを運転する車に乗ったときの、沢木との会話で成り立っています。競馬の話は最後まで出てきません。戦前からハイヤーのドライバーとして生きてきた老人は、78才になって、ドライバー人生に幕を降ろすことを決心します。土曜日、車に乗って場外馬券を買いに行く楽しみも最後です。その寂しさと、納得のゆく人生を送ってきた満足感を、やはり数ページで描きます。

こういうストーリーを読むには、やはりこちらもちょっとした人生の坂道を上り下りした時がベストでしょうね。さて、明日から…..と顔を上げさせてくれるのに、市販のビタミン剤よりも効果絶大かもしれません。

もう一冊、沢木の「流星ひとつ」(新潮文庫500円)。これは歌手藤圭子へのインタビューを、丸ごと収録したインタビューノンフィクションの傑作です。目次は、「一杯目の火酒」「二杯目の火酒」と続き、「最後の火酒」でおわります。1979年秋、東京ホテルニューオータニのバー「バルゴー」で、酒杯を重ねながら、藤圭子の心の奥へと降りてゆく作業を本にしたものです。芸人の子供として、小さな時から「三条純子」という芸名で全国を流れてきた彼女は、15才のころには、「何も考えないで生きてきた。人生について考えるのなんて、25過ぎてからでいいじゃない」「わかっていたことは、食べて、寝て、生きてゆくことだけ」と沢木に呟いています。そして、音楽業界で認められて、ヒット曲を連発し、若くして結婚、一年後に離婚。28才で芸能界を去る決意をするまでの人生を語り尽くします。まるで、沢木と一緒に酒を飲みながら、彼女の話に耳を傾けるような臨場感溢れる作品です。一気読みしそうです。                                                                                                                                                                                                                          

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)