まぁ、ほぼ手を出さない作家というのがいます。例えば染織家、志村ふくみがそうです。しかし、彼女の「ちよう、はたり」(ちくま文庫800円)は、読みました。

何故かというと、女優で文筆家の山口智子が書いていた解説を読んだからです。「色っぽい人間でありたいなと思う」で始まる解説は「人生において忘れたくないもの、それは私にとっては『色気』だ。」と続き、志村ふくみが持つ色気をこう解説します。

「まるで生まれたての生糸のような、春爛漫の菜の花畑の羽色のような、初々しくも神々しい光の束のような色彩。私がいつも心奪われるふくみさんが纏う色気は、きよらかで眩しい。」

「色は、世界に降り注がれる光の化身。魂を震わせる宇宙からの寄せ来る波。」と。

これは読まねば、と思い本文へと入りました。本のタイトルにもなっている「ちよう、はたり」の意味を解説する最初から研ぎ澄まされた美しい言葉に数多く出会うことができました。

文庫の後に付いている解説って、通り一遍の事しか書いていないセンスのないものもありますが、店頭でパラパラと眺めて、その解説が気に入って買ったものも多数ありました。

映画、文芸評論家川本三郎が桜木紫乃の「誰もいない夜に咲く」(角川文庫400円)もそんな一冊でした。北海道出身の桜木の描く世界を「文章のなかから北海道の風景が立ち上がってくる。観光絵葉書にあるような美しい北海道ではない。人びとの暮らしがしみこんだ風景、人間を小さな存在に見せてしまう荒涼とした風景、桜木紫乃は風景のなかに人間を置こうとする。」

その言葉通り、桜木の小説にはそんな北海道が登場します。川本は最後に、地方に留まり普遍を描くという意味で、諫早に踏みとどまった野呂邦暢を引き合いに出し、彼女も同じ思いだろうと結論づけています。

解説がしっかりしているという点では、講談社文芸文庫が優れているということは、皆さんご存知かと思います。

小林信彦の「決壊」(700円)の解説を書いた坪内祐三の文章は、「『家』の問題こそ、小林文学の、小説やノンフィクションを問わず、一貫したテーマでもある。」

と言い切っていますが、小林の小説を読み続けて来た者として、的を得ていると思いました。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。

個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

 

2002年、作家の辺見じゅんが設立した出版社、幻戯書房は、日本文学を愛する人にとっては、渋いけれども、愛すべき本を出版しています。串田孫一、久世光彦、常盤新平、野坂昭如、小島信夫、北園克衛等々、放っとけない作家の本を刊行しています。

今回、その中でも人気の高い二人の作家の作品が入荷しました。一点は、上林暁「ツェッペリン飛行船と黙想」(2800円)です。これは、新たに発見された、上林の初期から晩年に至る未発表原稿を含む、上林全集未収録125編を一冊にまとめ上げた作品です。

本のタイトル「ツェッペリン飛行船と黙想」は、昭和4年、世界一周の旅の途中に日本に立ち寄った巨大な飛行船ツェッペリン号の偉容にインスパイアされて書かれた詩です。上林と言えば、私小説の第一人者ですが、この詩を目にすると、えっ?と思いたくなるような自由な詩です。或は、しょっちゅう使用する赤電話を「あの赤い色がまたいい。目立って、可愛い」なんてチャーミングな表現をしている事にもへぇ〜と、上林への興味がさらに湧いてきます。

もう一人は木山捷平です。岡山出身の詩人であり、小説家、特に短編小説に優れたものを多く書いた小説家です。二冊出版されていて、一冊は「暢気な電報」(2800円)、もう一冊は「行列の尻っ尾」(2800円)です。前者は戦後、様々な雑誌に発表した短篇で、単行本としても、全集にも収録されなかったものばかりです。後者は、未刊行の随筆89編を集めたものです。個人的には、木山は随筆の名手だと思っています。特に、お酒にからむ話は面白い。「酒のめば楽し」というエッセイでは、お酒の飲めない昭和天皇を茶化しまくっています。大酒飲みの天皇という設定で、べろべろの天皇が、時の総理大臣東条英機と架空の対談をするのですが、抱腹絶倒です。

或は、還暦を目前にして、もうここまで来れば、儲けもの。後の人生はオマケみたいなものと考え、

「人生なんてそんなにおもしろいところでもなかったというのが私の六十年の実感だが、行きの汽車で見なかったところが相当沢山あるので、帰りの汽車では勲章を胸にぶらさげて、ゆっくり見物することにしよう。」

と締めくくっています。

さらに、同社は2012年、小林信彦50周年記念出版×幻戯書房10周年企画として小林信彦の「四重奏カルテット」(1400円)も出版しました。60年代、翻訳推理小説雑誌が盛り上がった頃を背景とした中編小説を集めた傑作です。 

 

★ライブ決定 世田谷ピンポンズ「COMEBACK FOLK」

        5月25日(水)19時30分  1500円(予約受付中)

「さいきん流行の<日本大国論>はおかしい。情報過多と商品流通のみの70年代ーおそらく、人々の精神が脆弱になると思う。」

これは、小林信彦「60年代日記」(白夜書房初版1200円)の最終章1970年の1月2日に書かれた日記の抜粋です。70年代を2010年代に置き換えても、ぞっとする程に重なります。

この本は、1959年、26歳になった作家、小林信彦の1970年までの10年間の日記から抜粋、編集した作家の精神史です。増加するTVの仕事、進まぬ長編小説、小説の発売に後ろ向きな出版社との葛藤の日々。心は疲弊し、うつろに過ぎ行く膨大な時間。孤独と不安に苛まれる作家の精神。それらが、日記の中に渾然と出てきます。

TV文化が花開いた時代に、コント作りやバラエティー番組の構成のために、作家は多くの業界人と付き合うはめになります。大橋巨泉、青島幸男、前田武彦、コント55号。娯楽の頂点にいた映画が、TVにその座を奪われる前兆の時代でもあります。特に、革命的コント番組だった「ゲバゲバ90分」の話は興味津々です。蛇足ですが、この番組に吉田日出子が出ていたのは知りませんでした。

69年は東大に機動隊が突入して、封鎖していた学生を検挙。一方アメリカでもベトナム反戦運動が全土に拡大した年です。そして、70年は大阪万博が開催、巷では「ディスカバージャパン」が大ヒットして、日本全土が浮かれ始めた年でしたが、11月、三島由紀夫が自衛隊に乱入し、割腹自殺した暗い事件で暮れて行きました。

小林は、日記の最後をこう締めくくっています。

「60年代が始まる時は<黄金の60年代>といわれたー実はまったく<黄金>でなかったーが、70年代には、呼び名はおろか、最小の展望さえもない」

「最小の展望さえない」のは、今も昔も変わりません。

 

Tagged with:
 

86年から、87年まで一年間「朝日新聞」に掲載された新聞小説「極東セレナーデ」には参りました。著者は個人的に著作コンプリートばく進中の小林信彦。

ストーリーは、いわば「スター誕生」です。三流出版社にいた女性が、いつの間にやらスターに仕立て上げられてゆく物語。出版界、TV界に詳しい著者ならではのリアルな描写でぐいぐいと引っ張っていきます。ヒロインがニューヨークでブロードウェイ修行するあたりでは、さすが映画、ミュージカルに精通している著者の本領発揮で、その手の映画好きにはニンマリの描写が出てきます。

ニューヨークから帰国した彼女が、知らない間にアイドルになっていて、マスコミに追い回されるやら、映画出演が勝手に進行するやら、歌わせられるやら、の物語がスピーディに展開します。しかし、ま、ここら辺りまではよく出来た小説という感じでした。

しかし、後半とんでもない展開に突入します。こんな台詞が登場します

「でも、にっこり笑っているだけじゃ、このポスター、パンフレットは意味がない。なんせ、<わが国の原発は安全です>と言いきってしまうのだからな。きみらがいうとった、<知的アイドル>、これでなければいかん、<知的アイドル>だからこそ、説得力があるというわけだ(一部略)

<だってー日本の原発は安全なんだもん>というのだ。<だって>が効いているな。女の子の言葉にしたのは」

そうです、ヒロインはあろうことか、原発キャンペーンに駆り出されそうになるのです。物語の中に、チラリとチェルノブイリ原発事故発生のことが登場します。本筋とは無関係に出てきた時は、奇妙な感じがしましたが、成る程ね、ここに話を持ってくる布石だったんですね。で、やりたくないヒロインがこの危機を回避した手段というのが●●●●●のでっち上げ(笑いますぜ)

そして、最後にこの小説のタイトルが台詞として登場。いや、もうお見事!とひざを叩きたくなりました。ヒロインを出版界の人間に設定していた理由が最後の一行でわかります。さらに、著者が小説のヒロインと架空対談をして、新聞小説とは何かを話すというおまけまでついています。

装幀は平野甲賀、カバー絵は峰岸達。上下巻初版(帯無し)で1000円です。

Tagged with: