数学に登場する「微分」、「積分」をこう読んだ輩がいました。曰く、

「『微分』とは微かに(かすかに)分かる。『積分』とは分かった積もり」

「積分」を漢文のレ点を振って読む辺りに、この人物のセンスの良さが見えてきます。数学の重要な項目を、こんな風に茶化したのはエッセイストの小田嶋隆。そして、このエッセイ「オダジマタカシの贈り物 奇跡が起きるとき」を掲載しているのが、ご近所のミシマ社が発行した「みんなのミシマガジン×森田真生0号」(1944円)です。

タイトルに上がっている森田真生さんは、在京の数学者ですが、「数学の演奏会」等のユニークな活動を行い、ミシマ社では「数学ブックトーク」を主宰。「独立研究者」として活動されている方です。

この本は、一応数学を中心に自然科科学について様々な人達が登場し、語ります。と、聞いただけで、おい、数学かよ〜と敬遠する方もあるかもしれませんが、これが面白いのです。いや、正確に言えばスリリングな一冊!!。

森田さんの「数学ブックトーク」をイントロにして、何故数学研究への道に進んだか、そして数学者岡潔(当店でも人気)の作品との出会いへと進みます。決して彼の研究成果発表の本ではありません。彼が数学を通して何を学び、考えていったかが書かれています。

「急がず、かといって怠けることなく、一日一日、小さな自分の命で、全身全霊『部分』を生き抜く。そうして生きられた時間の細やかな断片にこそ、人間を越えた大きなものを彷彿させる力が宿るのだろう。」

勿論、すべてがスルスルと理解できるものでもありません。「無限は、有限を媒介として、数学者の心の中に彷彿させられるものなのである」と言われても、ひぇっ〜て感じなのですが、硬い言葉に再度チャレンジしてやろうとさせるところが、この本のスリリングな所です。立川一門の落語家、立川吉笑さんの「数学落語ー台本問題」や、人口生命研究家、池上高志さんとのインタビュー「科学する身体」が収録されていて、読者を飽きさせない編集も良く、知的好奇心向上と、脳内活発化には最適の一冊です。

やわな本売る暇あったら、書店員はこの本売るべし。もちろん、私は買いました。

森田さんが「ブックトーク」で取り上げられた本についての紹介があり、第二次大戦中に、ドイツUボート艦隊で使用された暗号システム「エニグマ」を解読したアラン・チューリング伝です。映画「イミテーションゲーム」で主役のB・カンバーバッチが演じていたので、読んでいたらさらに面白かったはずの一冊です。この本の紹介の最後にこうあります。

「未知の荒野に立ち入る知性の勇気。学問の道はそこから開けると、この本はいつも、僕に教えてくれる」

明日は、同時発売の想田和弘の「観察する男」の紹介です。