夏休みに一日、尾道市立美術館へ行ってみませんか。7月6日〜9月1日まで、「絵本原画 ニャー! 猫が歩く絵本の世界」展が開催されています。

「絵本の中の猫は、あっちこっち、動き出すんじゃないかな。なぜなら、とても生き生きとしているから。隙あらば、こっちへ飛び出してきそうなほどです」とは、主催者の言葉ですが、今注目の作家から、ベテランまで15組の絵本作家の約250点の原画と貴重な資料が美術館に並んでいるのだそうです。

 

この美術展の公式図録も兼ねた「絵本原画ニャー」が京都の青幻舎から発売(2268円)されました。単なる図録とは違い、かなり独創的な作りになっています。「本書では、『原画』に、絵本にあるのとは違う言葉を並べます。それは、作者自身のコメントだったり、『原画』の特徴を指摘する文章だったり、様々です」と編集者は言います。その意図は、絵本の原画を、普段見ている状態から切り離し、少々外側から観察してみることにあります。ストーリーから離れて、とびとびの原画を、絵本としてではなく、絵そのものとして見ることで、新しい発見があるかもしれません。

例えば、当店でも開催した原画展が大好評だった「ネコヅメの夜」の著者町田尚子。階段で惰眠をむさぼる猫の絵に下には、こんなコメントが付いています。「人間は出てこない。だが、人間もそこにいることができるような空間になっている。人の『気配』を省かない」。確かにこの物語には人は登場しません。けれども、猫が暮らす家には、人の生活の匂いが漂っていたのはそういうことだったのですね。

おばあさんが暮らす古い家に遊びにきた少年が目にする恐怖を描いた絵本「いるのいないの」では、著者は絵本のラフを作る前に、家の「間取り図」を制作しています。その図を元に、映画みたいに、どの角度でどの位置でカメラを構えるかを考えながら、ポジションを決めていった、という事です。この絵本の主人公は「古い家」なので、どう表現してゆくのがポイントだったのです。

今回の原画展に出品されているのは、ささめやゆき、石黒亜矢子、加藤休ミ、牧野千穂など、人気の作家だけでなく、1960年代から活躍している瀬川康男、40年代後半に貸本漫画で単行本デビューした馬場のぼる、海外からはペロー原作の「長くつをはいたねこ」のハンス・フィッシャーなど、時代も国も様々な作家たちです。

そんな全ての作家たちの原画を分解し、新しい観点からリミックスした本書は、実にユニーク。この本を片手に、ぜひ美術館に行きたいと思いました。