本日より山中さおりさんの「ペーパークイリング作品展」が始まりました。

レティシア書房での作品展は8回目となりましたので、ご存知の方も多いとは思いますが、「ペーパークイリング」の説明を少しさせて下さい。細い紙(2㎜〜6㎜幅くらい)をクイリングバーという棒でクルクル巻き、小さな円や楕円、四角や三角を作ります。一枚一枚の紙を、クルクル、クルクル、さらにクルクル巻き、その小さな部品が、例えば花びらの一つ一つとなって花の作品になるという、とても細かい作業の積み重ねで出来上がるものです。英国で生まれたもので、もともとは、聖書を製本した時に出る細い切れ端を(神のことばが書かれた紙なので)大切にして、鳥の羽根(quill:クィール)で巻き、宗教道具や絵画を飾ったのが始まりと言われています。

 

 

どのような手仕事にも言えますが、細かい作業を繰り返し繰り返し積み重ねることで、美しい作品に磨きがかかります。芸事などの技が上達することを「手が上がる」と言いますが、正にそれ!「手」が思う通りに動いて、作品に命が吹き込まれます。新作のコスモスの花々をあしらったウェルカムボード(写真上)は生き生きとした感じがしますし、一方で、ポインセチアの少し落ち着いた色合いの作品も目を引きます。それらすべてが、細い紙を巻いて作った小さなパーツの集まりなのです。この写真(左)でわかっていただけるでしょうか?

 

クリスマスシーズンということで、グリーティングカードや、プレゼントに添えるクリップなど華やかな小物もたくさん並びました。また、初級〜中級者用にペーパークイリングのキットをセットしたもの、用具なども販売しております。1セット1200円のものが2セット購入の場合は、二つで2000円となる特別価格のものもご用意しておりますのでこの機会にぜひ。

山中さんは絵を描いたり絵本づくりを考えたりと進化し続けています。来年もまた新作を並べるべく、構想を練り始めました。まずはこの秋の新作を、お楽しみ下さいませ。(女房)

山中さおりペーパークイリング作品展 11月26日(火)〜12月8日(日)12:00〜20:00 月曜定休日

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。

 

 

 

 

 

ペーパークイリングは、英国発祥と言われる紙工芸。中世の昔、聖書を製本した際にできた細長い紙の切れ端を、鳥の羽(クイール)で巻いてパーツを作り、修道院で宗教画や宗教道具に装飾したのが始まりと言われています。今では、欧米を中心に世界中でアート、ホビーとして楽しまれています。 

2012年から毎年、レティシア書房で個展をしていただいているkotohana(山中さおり)さんのペーパークイリング展が始まりました。

ギャラリーコーナーで開催する作品展のブログ紹介記事は、だいたい私が担当しているのですが、山中さんに関しては、毎回「さらに技術力がアップしている」と書いた記憶があります。毎日続けることで身に付く手仕事の力は、この目の前の作品を見ただけではなかなか分からないものです。美しくできていて当たり前。ですが、1〜3㎜幅の紙をクルクル巻いていく作業にはため息がでます。彼女の努力の結晶を、今年も皆様に見て頂けることをとても嬉しく思っています。

 

色とりどりの紙で作られた花々が美しい彼女の作品が多い中、数年前から真白で作った額に魅かれていたので、モノクロで作っていってはどうかと提案した所、今回B2パネルの葡萄の作品が出来上がりました。(写真一番上)葉っぱの重なりにリズムがあり、厚みがでて、白一色にも関わらず存在感があります。山中さんは、さらにもっと大きなパネルを作りたいと、早くも来年の作品展に向けて構想を練っておられるようです。

アートフリーマーケットなどに精力的に出店して、商品アイテムも増えました。グリーティングカードなどの定番に加え、最近はのし袋(写真右)も好評だそうです。お祝いやお見舞いなどに、こんな美しい袋は嬉しいですね。紙に防水加工をほどこして、イヤリングやブローチなどのアクセサリーもできました。さらに新しくフォトフレーム(写真左上・4000円)も加わりました。11月、秋も深まりました。毎年少しずつ進化している「ペーパークイリング展」に、ぜひお運び下さい。クリスマスシーズンに合わせた小物、額も並べてお待ちしております。(女房)

 

紙工芸kotohana「ペーパークイリング作品展2018」は、11月20日(火)〜12月2日(日)12時〜20時(最終日は18時)月曜日定休