まぁ、ほぼ手を出さない作家というのがいます。例えば染織家、志村ふくみがそうです。しかし、彼女の「ちよう、はたり」(ちくま文庫800円)は、読みました。

何故かというと、女優で文筆家の山口智子が書いていた解説を読んだからです。「色っぽい人間でありたいなと思う」で始まる解説は「人生において忘れたくないもの、それは私にとっては『色気』だ。」と続き、志村ふくみが持つ色気をこう解説します。

「まるで生まれたての生糸のような、春爛漫の菜の花畑の羽色のような、初々しくも神々しい光の束のような色彩。私がいつも心奪われるふくみさんが纏う色気は、きよらかで眩しい。」

「色は、世界に降り注がれる光の化身。魂を震わせる宇宙からの寄せ来る波。」と。

これは読まねば、と思い本文へと入りました。本のタイトルにもなっている「ちよう、はたり」の意味を解説する最初から研ぎ澄まされた美しい言葉に数多く出会うことができました。

文庫の後に付いている解説って、通り一遍の事しか書いていないセンスのないものもありますが、店頭でパラパラと眺めて、その解説が気に入って買ったものも多数ありました。

映画、文芸評論家川本三郎が桜木紫乃の「誰もいない夜に咲く」(角川文庫400円)もそんな一冊でした。北海道出身の桜木の描く世界を「文章のなかから北海道の風景が立ち上がってくる。観光絵葉書にあるような美しい北海道ではない。人びとの暮らしがしみこんだ風景、人間を小さな存在に見せてしまう荒涼とした風景、桜木紫乃は風景のなかに人間を置こうとする。」

その言葉通り、桜木の小説にはそんな北海道が登場します。川本は最後に、地方に留まり普遍を描くという意味で、諫早に踏みとどまった野呂邦暢を引き合いに出し、彼女も同じ思いだろうと結論づけています。

解説がしっかりしているという点では、講談社文芸文庫が優れているということは、皆さんご存知かと思います。

小林信彦の「決壊」(700円)の解説を書いた坪内祐三の文章は、「『家』の問題こそ、小林文学の、小説やノンフィクションを問わず、一貫したテーマでもある。」

と言い切っていますが、小林の小説を読み続けて来た者として、的を得ていると思いました。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。

個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

 

三人のYOKOさん、即ち佐野洋子、平松洋子そして山本容子は、当店のベストセラー?作家です。さらに、須賀敦子、梨木香歩、高峰秀子、森茉莉、石田千、大橋歩、白州正子を加えると、女性作家の売れ行きでは7割を占めています。

しかし、ここにもう一人加わりそうなのが、山口智子。そう、俳優唐沢寿明の奥様です。すでに著書は6冊あります。以前、まとめて購入した本の中に一冊混じっていました。あ〜、唐沢の、という軽〜い気持ちで棚に出した所、翌日「これ、探していたんです」と、さっそく女性が手に取られました。

その後、また2冊程入荷しました。今度は男性のお客様。「山口をあなどってはいけない」とのお言葉でした。北斎、光琳、ロダン等を論じた美術エッセイ「名も知らぬ遠き島より」(筑摩書房/初版650円)。エッセイの中には、「ニュージーランド紀行」のような旅行記もあります。その出だしはこうです。

「ニュージーランドは『羊の国』だと思っていた。しかし、本当は『羊歯の国』なのだ」

思わず引き込まれます。彼女のエッセイはこういう旅ものが真骨頂かもしれません、「手紙の行方」(ロッキンオン/初版650円)は「私、この国のことなにも知らない」と思い立って、チリへの長い旅を綴ったものです。300ページ全部チリというのも驚きです。彼女が撮った写真もふんだんに使われて、読者も一緒に旅します。そして、旅の最後で「知ろうとすれば知ろうとするほど、まだまだ知らないこと、知りたいことが、無尽蔵にわき上がる」と考えてつぶやくのです。

「知ったつもりになんて、収まっていられない。世界は豊かで、道は尽きない。」

さすが松尾芭蕉の門弟杉山杉風の子孫にあたる(Wikipediaに拠る)、というだけのことはありますね。

 

Tagged with: