「夏の古本市」も後半に入りました。暑い中、遠方からもお越しいただきありがとうございます。多くの本が旅立っていきましたが、まだまだ面白い本があります。

天本英世という役者をご存知ですか。東宝の映画に数多く出演していた怪優です。戦争映画、怪奇映画、SFものなどジャンルを問わず、ワンカットでも強烈な存在感がありました。彼は、またスペインの詩人ロルカを深く愛する人で、「スペイン巡礼」というエッセイを出していますが、それから2年後に出された「スペイン回想」(テルミネス出品/500円)は、彼のスペイン文化、人々への愛情が込められた一冊です。私は天本のファンだったので、彼が登場する映画があれば熱心に見ていました。「スペイン巡礼」も以前に読んでいましたが、この国への深い思い、フラメンコへの限りない情熱等が蘇ります。ロルカの詩をスペイン語、日本語両方で朗読できる稀有な役者です。

当店でも人気の作家山尾悠子は、シュールレアリスム芸術に強い影響を受け、詩的な文体で幻想的な異次元ワールドを作り出し、最後にはその世界を崩壊させるという作品を送り出してきました。「夢の棲む街/遠近法」(古書柳出品/三一書房2500円)は、あんまり目にしない一冊です。私は文庫版で読みましたが、表題作の「夢の棲む街」は難解な作品でした。「<腸詰宇宙>(とその世界の住人は呼んでいる)は、基底と頂上の存在しない円筒型の塔の内部に存在している。」で始まる「遠近法」のイメージが、無限大に拡散してゆく世界に頭の中がクラクラしつつ、山尾的なSF世界を楽みました。長野まゆみファンは必読です。 

集英社創業85年企画として出された全20巻「戦争と文学」。第9巻「さまざまなな8・15」(半月舎出品/集英社2000円)は、このお盆休みに読んでおきたいアンソロジーです。敗戦が確定した8月15日を境に日本は大きく変わっていきます。敗戦の衝撃、今まで信じていたものが崩壊してゆく様を様々な作家が描いています。中野重治、島尾敏雄、林芙美子、井伏鱒二、太宰治、茨木のり子など、多彩な作家の作品が選ばれています。同封されている月報では、安野光雅の「絵という旗印のために」というインタビューが収録。太平洋戦争開戦時、15歳だった著者の戦争体験を読むことができます。敗戦記念日には、この本ですよ。

できることなら全20巻読破していきたいと思える程に魅力的ラインナップです。

★「夏の古本市」は18日(日)まで開催しています。(最終日は18時まで)

勝手ながら、19日(月)〜23日(金)まで休業いたします。