山田英生編著「貧乏まんが」(古書/650円)は面白い企画本です。

「かつて誰もが貧乏だった時代から、『経済成長期』を経て貧乏が見えにくくなった時代、さらに、『バブル経済』崩壊以降の現在につながる格差社会まで、背景に貧乏(貧困)の諸相を織り込んだ作品を選び、戦後庶民の暮らしをうかびあがらせる意図」で編集されたコミックアンソロジーです。つげ義春、つげ忠男、水木しげる、赤塚不二夫、永島信二、谷岡ヤスジ等々17名の作品が並んでいます。

この最後に入っているのが、こうの史代の「長い道」です。貧乏ぐらしを続ける若いふたりを描いた作品で、なけなしのお金を持って銭湯に行った帰りの空の青さが目に染みる作品です。そして、注目したのは、鈴木良雄の「フルーツ宅急便」。ここに登場するのは、貧困の生活環境から、中卒で「非正規」雇用になってしまった若い男女の物語です。楽天的なばら色の未来なんて存在しないのですが、最後にわずかな希望を見せるところに味わいがあります。

 

山川直人の「ハモニカ文庫と詩の漫画」(中古/ 600円)山川直人は、ご存知のように「コーヒーもう一杯」シリーズ等で人気の漫画家です。ちょっとオールドファッションな世界が魅力的です。古びたコーヒーショップ、薄暗い古本屋、静かに音楽が流れる名曲喫茶などなど。山川は、20代後半の漫画家としてデビューしますが、売れ行きは芳しくありませんでした。代表作「「コーヒーもう一杯」の連載が始まったのは40代になってからでした。

萩原魚雷は「『ハモニカ文庫』の羽守町の物語はどこにでもありそうな、ちょっと懐かしい商店街を行き交う人たちの日常を淡々と描いている。主人公らしい主人公はいない。まちが主役の作品と行ってもいいかもしれない。コーヒーの旨い喫茶店、均一台にときどき掘り出し物がある古本屋、ハンバーガーショップ、コロッケが名物の精肉店、最近、あまり見かけなくなった模型屋……。」とこの物語世界を解説し、愛しました。ふと迷い込んだ街角の奥に、こんな古びた商店街がまだあるかもしれませんね。

★イベントのお知らせ

6月5日(水)より「世界ひとめぐり旅路録」展をされる小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)