2022年に出版活動を停止する予定のLIXIL出版が、今まで発行してきたBOOKLETシリーズを6月末から販売してきました。ご好評をいただきましたので、一部入れ替えて第二弾としてお届けします。様々な文化を、独自の視点で捉えて多くのBOOKLETを発行してきました。第二弾として、30数点を改めて入荷いたしました。いくつかをご紹介いたします。

滋賀県には、村内の豊作と安全を祈願して、一月から三月にかけて圏内の各地の神社で行われる「オコナイ」という祭りがあります。その全貌を捉えたのが「オコナイ湖国・祭りのかたち」(1650円)です。「オコナイ」という言葉は、平安時代の書物「今昔物語」が初見とのこと。そんな昔からの祭りが、今も形を変えながら残っているのです。

今や、電話と言えばiphoneに代表される携帯電話ですが、「電話 コミュニケーション・ジャングル」(1540円)は、ここに至るまでの電話の歴史を貴重な写真と共に知ることができる一冊です。この中の「The Telephone1876-1993」では、1876年グラハム・ベルの初めての電話による会話から、高度情報化社会の電話機までの発展史が、図版で構成されています。携帯しか知らない世代には、ぜひお読みいただきたい。また、いとうせいこうと香山リカとの対談や、宮台真司の論文「電話風俗」など面白い企画満載です。

京都在住の方なら、京大総合博物館はご存知だと思います。「科学開講」(1980円)は、その博物館にある資料の一部を見ることができます。京大の前身の第三高等学校で使用されていた教育のための機械や道具です。「顕微分光器」とか「伏角計」、あるいは「リース電気空気温度計」とか、私には何に使うのかさっぱりわからんのですが、機会や道具のフォルムがとても美しい!眺めているだけで楽しくなる器具のオンパレードです。

コラムニストとしてよく知られている山本夏彦が、1955年に創刊した雑誌「木工界」。61年に「室内」と改題し2006年まで発行されました。全615冊、52年の歴史を一冊にまとめたのが「室内の52年」(1650円)です。現場で道具を持って働く人たちの姿を見つめるというのがテーマの雑誌で、一見地味ですが、奥が深い。世の中に迎合せずに、働く人々をバックアップする姿勢は首尾一貫していました。インテリアの雑誌ながら、文芸誌のような雰囲気を作り、出久根達郎らにも執筆を依頼していたところは山本夏彦らしいと思いました。

オタク的アプローチで迫ってゆくこのBOOKLETシリーズを、ぜひ手にとってみてください。

 

★お知らせ  勝手ながら8月17日(月)〜20日(木)夏季休業いたします。