横118㎝、縦81㎝の木版画。長い髪の分け目から白いうなじがみえる。読書している女性の後ろ姿が、力強い刀の音がきこえてくるように彫られています。白黒で刷った上に、もう一版重ねて、微妙に重なる黒が奥行きになった、木版画としてはかなり大きな作品が、本屋の壁の中央に掲げられました。熱心に読んでいる人の背中をしっかり捉えたい、という熱量を感じました。なんかとっても瑞々しい!

奥の壁面には「柿」が一個ずつ描かれた木版画が8枚。固い柿から熟した柿の順で並べてあります。見ていると、8個の柿は、確かに触った感じがちがうだろうとわかります。同じ「柿」という素材の、しかしそれぞれ少しずつ違う質感を、木版画という手法で追求することは容易いことではないと思います。けれど、見てるとなんだかちょっとユーモラスでカワイイ。淡々としている作風なのに、あきらめない強さ、良い意味で頑固なところが素敵です

海外の個人美術館の螺旋階段と、古いアパートの階段を、上から見た作品は、形の面白さに魅かれて手掛けられたのですが、階段とは違うデザインにも見えたりします。今までの作品ファイルを見ると、毛糸で編んだ物、セーター、ソックス、てぶくろ、他にワンピースやTシャツなどの布ものなどが多く描かれていました。あたたかな手触りのあるものが好きなんですね。そこから、また階段などの建物の空間へ、新しい展開はこれからもまだまだ続いていきそうです。

山田真実さんは、今年京都芸大美術学部、版画専攻を卒業。初めての個展をレティシア書房で開いてくれました。現在、同大学では卒業展覧会の真っ最中です。実は、2016年2月、「とうかんかくでむがいなもの」という二人展をしていただいたことがありました。そこはかとない、透明感のある、不確しかで虚ろな、けれどよく見たら在るもの、という感じの作品がならんでいました。

もしかしたら、モノを囲む空気のようなもの、それが「物語のとなり」なのかもしれません。

伸び盛りの面白い木版画をどうぞお楽しみください。(女房)

山田真実木版画展『物語のとなり』は、2月18日(日)まで 月曜定休日

 12時〜20時(最終日は18時まで)   

★お知らせ★

  レティシア書房 第5回「女子の古本市」2/21(水)〜3/4(日)

京都・大阪・兵庫・滋賀・岐阜・東京などから、出展者が女性という古本市です。お買い得の面白い本を見つけにお越しくださいませ。