NHK朝の連ドラ「半分青い」の舞台になっている岐阜から、素敵なミニプレスが届きました。タイトルは「Edit Gifu」(864円)。

内容は盛り沢山ですが、本好きなら、古書店「徒然舎」の記事を先ずお読みいただきたいです。当店の一箱古本市にも、毎年面白い本を選書して出してもらっている素敵なお店です。『「古書と古本 徒然舎」をめぐる4人の考察』と題して、数ページに渡る特集が組まれています。4人の方々が「徒然舎さんで購入した印象深い本」の解説をされています。探していた、向田邦子の愛読書「酒吞みのまよい箸」(浅野陽)を見つけた方、田村隆一の「スコッチと銭湯」をゲットした方など、それぞれ「徒然舎」との思いを語っています。

「徒然舎さんはどんな場所?」という質問に「ゆっくりと、本に向き合える場所」と答えた方がおられましたが、こんな風にいわれたいものです。店主夫婦の素敵な笑顔のツーショットや、店内の写真が並んでいるのを見て、ご無沙汰しているのでぜひ行ってみたくなりました。

デザイン事務所「リトルクリエイティブセンター」を中心にして、3人の若者が、様々な活動をしている街中のビルがあります。1Fは、内外の文房具を販売する「ALASUKA BUNGU」。2Fは、出版社「さかだちブックス」。ここから出版された「私的岐阜観光案内」(350円)、「地方に住み始めました 岐阜市編」(702円)は当店でもお取り扱いしています。そして、3〜4Fがデザイン事務所。ここを運営する3人のロングインタビューが載っています。等身大に、無理をせずに、地道にやったきた彼らのヒストリーを読むことができます。

一つ面白い場所を見つけました。昭和の名作を”フィルム”で上映する珍しい映画館「ロイヤル劇場」です。1作品1週間交代で上映とか。古いフィルムを取り寄せると、痛みが激しく、フィルムをつなぎ合わせる作業が待っています。でも、そんな作業すら、支配人は喜々としてされているみたいです。今や、デジタル上映全盛の時代、こういうフィルムに拘る映画館は貴重です。今、上映されいるのは、昭和38年日活映画「アカシアの雨がやむとき」。西田佐知子(知らない人も多いかも。関口宏さんの奥さんです)のヒット曲を元にした、典型的な歌謡曲映画。こんな作品まだ残っていたんですね!観たいなぁ〜。

美川憲一のヒット曲「柳ヶ瀬ブルース」で有名な夜の柳ヶ瀬やら、スウィーツやら、食の情報も満載の「Edit Gifu」です。これをお供に岐阜へ行きましょう!

★「Edit Gifu」の挿絵が大好きです。(女房)

定休日を利用して、岐阜へ行ってきました。

目的は、岐阜の古本屋「徒然舎」さんへ、この前の「女子の古本市」に参加して頂いたのでご挨拶を兼ねて。

岐阜駅から20分程歩いて、辿り着いた「徒然舎」さんは、思っていた通りの素敵なお店でした。

 

本屋さんの玄関では牛さんが出迎えてくれます。そういえば「徒然舎」さんのロゴは、読書している後ろ姿の牛でした。店内あちこちに牛の置物やらモビールがある、ある。牛の好きな人なんだ・・・。
靴を脱いで上がると、児童図書館に来た子どものように、本棚の前に座り込んで、次々と本を手に取ってしまいます。見れば、連れ合いはすでにかなり抱え込んでいる。もって帰れるのか?!

 

岐阜の本屋さん事情などお聞きしながら、緩やかな時間が流れました。その間にも常連さんらしきお客様が入って来られて、本の話に花が咲きます。

お腹が減ったので、「徒然舎」さんに教えてもらった近くの美殿町商店街のおそば屋さん「裕庵」へ。Aランチ900円はおかずと炊き込みご飯とサラダに、なめらかなおそばがついて大満足。隣のお客さんを横目で見ると何やらデザートがついてるみたい。Bランチにしてもよかったか・・・と思わなくもなかったのですが、ちゃんとご飯の後のおやつも聞いていました。

おそば屋さんの向かいのたいやき屋さん。カリカリの薄皮にちょうど良いくらいのあんこが入って、ムフフ。軽くて美味しい!

地元の方に聞くのがやはり一番ですね。レティシア書房でも、よくランチや晩ご飯の情報をお渡ししています。

 

風がきつかったので、岐阜城は断念して、それぞれ袋いっぱいの本を持って帰途につきましたが、特に観光しなくても、町をブラブラ歩くだけの、こういうちょこっとした旅が、好きです。

そうそう、徒然舎さんでもらった『岐阜てくてく』っていうフリーペーパー(地元商店の方々が作っている)も面白くて、もっと歩きたくなりましたが、次回に。(女房)

 

Tagged with: