次週9日(火)から始まる「女子の古本市」に出る本のご紹介第二弾です。

酒井駒子が表紙の絵を担当した、岩瀬成子著「そのぬくもりはきえない」(偕成社650円)。彼女らしいデッサンの少女「波」ちゃんと、静かに佇む愛犬「ハル」を描いて、この長編小説の世界を表現しています。とある家に飼われている犬の散歩を任されたことから始まる事件を通して、少女の葛藤を描いていきます。駒子ファンなら持っていて欲しい一つです。

この著者のものでは、「朝がだんだん見えてくる」を読んでいました。この小説、70年代初頭、岩国にあって、ベトナム戦争拒否の兵士たちの支援をしていた、べ兵連(ベトナムに平和を!市民連合 作家の小田実が代表)の活動家が、経営していた喫茶店「ほびっと」をモデルにしています。岩国出身の作者は実際にこの喫茶店に出入りしていて、その体験を元に、中学生の女の子の意識の変化を描いた小説です。物語の構成が巧みで読ませる作家です。

同じく、犬が登場するのがクリスティーン・ハリスの「ジャミールの新しい朝」(くもん出版450円)です。トルコの小さな町に一人ぼっちで暮らす少年が、ある日、やせっぽちの犬に出会います。徐々に犬と心通わす少年。しかし、大地震が彼らを襲います。地震というスペクタクルを利用しながら、それまで周囲に対して頑に心閉ざしていた少年の心の変化を描いていきます。ラスト、救助に駆けつけたおじさんが、少年に向かって、この犬は誰のものと問いかけ、少年はこう答えます

「ぼくの犬だよ、ぼくの大事な友だちなんだ。」

爽やかな幕切れ。どちらも子供向けの小説ではありますが、心がボキッと折れそうな時にこそ、大人の貴方に読んでいただきたい作品です。読んだ後は、飾っておいても。

やはり、ホッとさせてくれるのが、坂崎千春の「クウネルがゆく」(マガジンハウス500円)ですね。緑の星グウタラ星の住人、クウネル君の日常を描いた脱力系イラストですが、こんな文章に出会いました。

「郵便局(小さくてもいい)、本屋さん(中くらいがいい)、パン屋さん(もちろんおいしくなくちゃ)、公園(芝生と噴水があれば申し分ない)、この町にはクウネル君が必要とするものが、ちゃんとそろっています」

これって、幸せを感じさてくれる町の定義ですよね。こちらも部屋に飾っておくには良さげな一冊です。

鬱陶しい気分の日々を慰めてくれる本を探してみるのも、この古本市の楽しみですよ。しかも安い!!

 

「女子の古本市」 2月9日(火)〜21(日) 15日(月)定休