昨日に続いてご紹介します。島田潤一郎さんの新レーベル「岬書店」から出た新刊「本屋さんしか行きたいとこがない」(1100円)です。

巻頭で、「アンネの日記増補改訂版」を読んだ後、自分のような小出版社の役割をこう書いています。

「ぼくもまた、アンネのような小さな声を大切にしたいと思う。注意して聞かなければ聞き取れないような声にこそ、耳を澄ませ、そこから企画を立ち上げていきたいと思う。小さな出版社の役割とは、そういうものではないだろうか。」

書物を愛してやまない島田さんが、よく行った書店や思い出深い書店について語りながら、ご自身と本のつながりを綴っています。

「ぼくの頭のなかの八王子には、ほとんど本屋さんしかない。本屋さんと本屋さんをむすぶ線がそのまま町の輪郭になり、本屋さんへの道のりがそのまま町の印象となる。」

彼にとって、本屋さんが町の中心であり、いい本屋さんのある町が、いい町なのです。それは、もしかしたら本を愛する皆さんの共通認識じゃないでしょうか。私も、水無瀬の町の中心は「長谷川書店」だし、大和高田の真ん中は「とほん」だし、そんな風に町のイメージが出来上がっています。

長谷川書店については、本書でも取り上げられています。「新刊の棚も、マンガの棚も、なにがなんだかよくわからない棚も、みんな有機的に結びついている。それはただ単純に、一人の人間が棚を日々整え、自分がいつか読みたいなあと思った本を選書しているからだろう。本屋さんというより、自分の友人の家を初めて訪ねたときのよろこびに似ている。」

「自分がいつか読みたいなあと思った本を選書」というのは、きっと大正解です。そして、この本を読んで、あの人に伝えようという”Hand To Hand” 、手渡してゆくというのが本屋の原点だと思います。

「だれかからの言葉を切実に欲しているとき、本はそのひとの日々を救うだろう。それは、絶望から、希望へ、というような大げさな転換をもたらすものとしてではなく、文章と言葉を頼りに、少しづつ読者の生活を立て直すものとして、読者のそばにあり続けるだろう。」

だからこそ、島田さんは本を信じて、素敵な本を出して、注文書を持って全国を渡り歩いていけるのだろうと思います。

★HP内で紹介している本は全て通販可能です。まずは、メールinfo@book-laetitia.mond.jpまでご連絡ください。

 

 

夏葉社を営む島田潤一郎さんが起こした新レーベルの岬書店から、本に関する書籍が二冊発売されました。二冊共面白い!そこで、本日と明日の二回に分けてご紹介します。

まずは「ブックオフ大学ぶらぶら学部」(1430円)。多分こういうアプローチでブックオフ書店を論じたものは無かったと思います。「ブックオフ大学ぶらぶら学部」代表の島田さんが、書店主やライターなどに、ブックオフについて書いてもらいました。

ライターの武田砂鉄が「ブックオフにあり、新刊書店や目利きのいる古本屋には無い点とは何か。『本のことをよくわかっていない人が、これはたぶんこっちじゃないかと並べてみちゃった感じ』である」と、その特徴をピックアップしていますが、いっときのブックオフはそんな感じがありました。私もよくブックオフに仕入れに行きましたが、なんでこの本がこんな所に?しかもこの価格で出すかな?とニンマリしながら、買った時がありました。

さらに「新刊書店は体調が悪くても楽しめるけれど、ブックオフは体調が悪いと楽しめない」と書いていますが、正解ですね。膨大な量を納めた棚を見つめるには体力と集中力が必要なのです。

京都「ホホホ座」の山下店長も参加してます。4〜5時間ブックオフで楽しむことができる筋金入りの人です。「最近いちばんよかったのは、あれですよ。向田邦子のエッセイを岸田今日子が朗読しているCD。めちゃくちゃいいですよ。」

きっと、均一価格のCD棚で見つけたんでしょうね。私も500円コーナーはじっくりチェックしますが、280円コーナーまではとてもとても身が持ちません。

「ぼく、ブックオフがつぶれたらほんとに困るんですよ。あそこはとにかくほっといてくれるし、広いし、多様性があるし、生活と地続きな感じがあるし。居てて安心するんです。ぼくみたいな『オッサン』がいつまでもいてていい場所ですからね」

この意見には同感です。オッサンが100円文庫棚を真剣に見つめている様はなんかホッとさせてくれます。ところで、ブックオフ店内で携帯電話片手に本のバーコードを読み取っては、店内のカゴに本を山盛り入れている人物、ご存知でしょうか。いわゆる”せどらー”さんです。バーコードリーダーで価格を読み取り、ネット上の販売価格と比較して、安ければ買って、高く売るという商いをされている方々です。

「ブックオフで仕入れた本を、Anazonで売ることによって、差益を得る人種」と、便宜上ここでは、せどらーを定義しています。私もたまには仕入れにゆくので、その時はせどらーになるわけです。(Amazonでは売りませんが)本書では、このせどらーの生態と、日々の業務?についてかなり詳しい解説が付いています。いやぁ〜凄いですね。これで生活している人がいるんですから。せどりのハウツー本まであるんです。

最後にぶらぶら学部代表の島田さんが、2000年代前半のブックオフの状況を「お金がなくて、時間だけがある文化系の若者たちはこぞってブックオフに足を運んだ。」と振り返っています。

「ブックオフはまるでセーフティネットのようだった。社会に行き場のない人たちが集い、カルチャーをなんとか摂取しようとしていつまでも粘る場所。」であり、105円出せば、なんらかの本をゲットでき、新しい文化、芸術を知ることができる場所であったのです。

最近のブックオフは粗視化され、すべての本がデータ化されたため、おっ!この本がこの価格!という驚きは無くなりました。でも、何時間いても文句も言われずに本に出会える場所であることは間違いありません。

本書の裏表紙に、ブックオフそっくりの価格表が付いています。ブックオフへの愛着一杯のシールです。

「なnD7」(972円)は、「なんとなく、クリティック」、「nu」、「DU 」の編集者三人が集まって作ったミニプレスです。それぞれの雑誌の頭文字を取って作った雑誌です。最後の「7」は7号の意味です。

本好き、ギャラリー好き、音楽好きには刺激的な記事、インタビューが満載です。最近話題のケイト・ザンプレス著「ヒロインズ」を翻訳して、自らが主宰する翻訳・出版プロジェクトC.I.P.Booksから出版した西山敦子さんの元へ、近代ナリコさんがインタビューにゆく記事が巻頭にあります。

近代さんはこの本を、文学の本質、作家という職業の意味、ジェンダーなど、多くの問題を詰め込みながら、「書くことから疎外された女の人たちの歴史を追っている評伝でもある。しかも、そのスタイルを壊すような評論家という客観的な立場から対象化して何かを評論する方法も、ひっくり返して書いていますよね」と評価しています。ザンプレスと一歳違いの翻訳者の西山さんと、熱っぽい対談が始まります。

暫くページをめくっていると、夏葉社代表島田潤一郎さんが登場。島田さんは、夏葉社としての出版活動とは別にインディーズレーベル「岬書店」を立ち上げ、その第1作として本人が執筆した「90年代の若者たち」(1404円)を刊行しました。なぜ、インディーズレーベルを立ち上げたのかを語っています。インタビューの場所が、書店「title」さんに納品にゆく道すがらというのが島田さんらしくていい感じです。「綺麗な本を作る、美しい出版社」という夏葉社のイメージに対して、島田さんは「くすぐったいところはあるんですよ」と話し始め、こう続けます。

「綺麗な装丁の美しい本って、洗練されているようで非常に保守的だし、排他的なんです。綺麗な本作りって、雑味のようなものをどんどん省いていけばできるし、そんなに難しいものではなくて、少なくとも僕以外の人でもできる仕事で、そこにあまり未来はない」

だから自由な雰囲気で表現できる場として、岬書店を立ち上げたということです。私は90年代の若者ではありませんが、この本は面白かった。以前ブログで紹介しましたので、ぜひお読みください。

さらに読み進めてゆくと、神戸元町の古書店「1003」のオーナー奥村千織さんが登場します。元司書の彼女が、何故、古書店を立ち上げようとした のか、その後押しをしたのが岡本太郎の著書「自分の中に毒を持て」だったことなど、興味あるお話ばかりです。こんな風に、様々な場所でユニークなコンセプトでお店を始めた人たちの話が満載です。文庫サイズなので、持ち運びも便利ですよ。

★イベントのお知らせ

6月5日(水)より「世界ひとめぐり旅路録」展をされる小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約

 

連休のお知ら

 

6月3日(月))4日(火)連休いたします