その対談は、こんな会話から始まります。「あたしが、何であんたと対談してるか分かる」「いえ」「あんたには見込みがあるから」「はぁ」「『二十歳の情熱』見ました。ファーストシーン、最高かと思った。これは溝口(健二)かと。でも、後が駄目。なぜだか分かる?」「いえ、分かりません」「あんたには根性がない!」

「あんた」とは、映画監督、橋口亮輔。ずばずばと切り込んでいるのは、あの淀川長治です。橋口は二年前に公開された「恋人たち」で数々の映画賞を受賞しました。私もその年のベスト1映画でした。「まっすぐ」(800円/出品・半月舎)は、映画監督として生きる彼のエッセイ集です。でも、映画論や作家論ではなく、映画を生業として、悩み、苦しむひとりの青年の日々の記録です。巻頭に上げた淀川長治との対談は、橋口が、まだまだ無名の映画小僧の頃だったそうです。淀川は映画に生涯を捧げた人物。その言葉は厳しいが嘘がない。その人が、あんたはやれると言明したのだから、この業界で生きて行く事を決めた心情がストレートに綴られています。いい本です。タイトルの「まっすぐ」もいい言葉です。

歌人であり、エッセイストであり、小説も書く石田千は、好きな作家の一人です。彼女が東京の名所と穴場を描いた「平日」(400円/出品・ママ猫の本屋さん)は、さすが石田さん!と拍手したくなるような東京案内です。「尻ふる平日 早稲田」は、こんな風に始まります。

「木曜日 シャッターが半分あいて、晴れとわかった。。・・・・・おはよう。声をかけれても、すぐに飛び出さない。会計のうしろ、本棚の三段目、タオルをしいた段ボールのなかにいる。」

これ、早稲田にある古本屋にいる猫の眼を通して描かれた本屋さんの情景です。名所、穴場案内と帯には書かれていますが、蘊蓄などなし。その街の空気感を、文章で表現しています。お見事お見事です。

今でも、机の横に置いて何度も読んでいるのが、川本三郎「郊外の文学誌」(900円/出品・古書ますく堂)です。近代に大きく成長していった郊外の歴史を、文学作品を中心にして論じた一冊です。田山花袋、永井荷風、庄野潤三等々多くの文人とその作品が登場します。お気に入りの章を選び、そこに登場する作家の作品を読んでみてはいかがでしょうか。村上龍の「テニスボーイの憂鬱」を引合にして、多摩丘陵に広がる多摩田園都市を描いた「多摩沿いのサバービア」は、特にすばらしいと思っています。

 

 

★「女子の古本市」最終4日(日)は18時にて閉店いたします。なお、5日(月)、6日(火)は連休いたします。