盛岡発のミニプレス「てくり」は2019年11月に28号が出てからご無沙汰でしたが、4月に29号が発売されました。しばらく連絡がなかったので実はちょっと心配していましたが、店頭に並べることができて嬉しいです。「てくり」とは開店以来のおつきあいで、地方に生きる人々の生活、文化を紹介するというミニプレスの原点を教えてもらった雑誌です。

今回の特集は「 My Standard『ふつう』を更新する」というタイトルで、新しいビジネスに挑戦する人々が紹介されています。

「福祉実験ユニットヘラルボニー」という会社は、障害のあるアーティストとライセンス契約を結び、データ化したアート作品を企業に貸し出してラベルやユニフォームに使用してもらったり、作品をテキスタイルとして使った商品の開発や販売などの事業を展開しています。この会社が送り出す個性的な柄・色彩のネクタイやマスクは、岩手だけでなく、東京方面でも話題になっているとか。

「障害のある人が『○○さん』という個人として認識され、その生き方や人生がフューチャーされること。その結果、同社ではなく障害のあるアーティストが成功する社会になればいいと思っている。」という考え方です。

今年4月には、盛岡市内にギャラリー兼本社をオープン。「本社は盛岡に、と思っていました。その方が断然かっこいいと思っているんで」と副社長の松田文登さんがおっしゃています。東京、東京と言わないところが、ほんまにかっこいい!

「てくり」の素敵なところは、この地で愛されて続けているお店が紹介されているところです、甘栗を作り続けて55年の「甘栗太郎」や、晩秋からゴールデンウィークの期間限定ホットケーキによだれが出そうな喫茶店「パアク」。こちらも昭和44年オープンで、52年間営業されてきました。

同誌を読むたびに、もう一度行きたい!と思う魅力的な町ですね。

最新号とともに、売り切れていたバックナンバーも入荷しました。26号には「水中で口笛」(左右社/新刊1870円)などの歌集で若い世代に人気の歌人、工藤玲音さんのインタビューが載っています。