金子兜太と、いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」(小学館/古書850円)は、ずるずると危険な時代へと向かう今だからこそ、読んで欲しい一冊です。

読者の投稿した平和をテーマにした俳句が、東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井のが朝刊1面に、15年1月1日から12月31日まで、毎日1句掲載されました。投稿された句は1年間で57000通以上。本書は、毎朝1面を飾った俳句を1月〜12月まで日にち順にまとめました。

2月15日はこんな作品です。

「暴言を はかないことが 平和へと」

これ小学六年生に作品ですよ。いとうせいこうは「暴言だらけの世の中では、足元の平和もおぼつかない。話し合いの習慣がやがて外交にも通ずる。」と評価しています。そのままトランプさんに進呈したい作品です。

3月5日には「平和ぼけ結構なこと縁温し」

「『ぼけ』は『ぼけ』でも、『平和ぼけ』とは結構なことですぞ。縁側で日なたぼっこ。幸せなことですよ。」金子のユーモアたっぷりの評です。

5月31日 「立ち止まり 犬と平和の 風を嗅ぐ」

これはいいなぁ。私も犬と散歩に出かけていたので、この気分よく分かります。

8月29日の一句、是非アベさんにお送りたい。

「改憲という声 開戦に聞こゆ」

いとうせいこうは「素直な一句と見えて、奥に潜む怒りやおそれや皮肉は複雑である」と評しています。この大バカ野郎と言いたい気分を、明解な作品に乗せたのかもしれません。

思わず笑ってしまい、ベスト1だと思ったのはこれ。 「平和とは 水中に見る カバの顔」

水にゆがんで映るカバの顔を平和の象徴にしています。

全く俳句を詠んだことはないのですが、数少ない言葉でここまで大きな表現ができるのかと驚きました。