立春。まだまだ寒い日が続いていますが、ギャラリーは色鉛筆のあたたかなタッチの絵でほっこりした空気に溢れました。

平林香乃さんの「ひみつばなし」は、身の回りのグッズ、ごはん、本、果物、家、などが優しい色合いで描かれていて、ゆっくり見ていると、そこから物語が立ち上がってくるようです。

平林さんの絵に登場する動物たちは、みんな顔が見えません。木の陰に隠れていたり、本の中に入っていったりして、どの子も尻尾しか見えない。月の夜、テーブルの上に置いてある本の影に、キツネの尻尾が……..。ん?もしかしたら目の錯覚かもしれないし、そこでキツネが本を読んでいたのかもしれない。夢を見ていたのか?

日常の風景に潜む不思議ないたずら心が、なんともチャーミングです。ただ可愛いだけでない魅力的な世界が広がります。

「夜とひみつは、よく似合う。 紺色の世界は 冷たさと温かさ 厳しさと優しさを持っていて 赤いルージュも 悲しげな横顔も ほっこりとしたティータイムも どんなものも包み込んで 明かす前に、忘れる前に 朝を連れてやってくる そうして紺色はさらに深く美しく その世界に置かれているものは ひとつひとつが愛おしい 触れるときっと温かく まるで生きて呼吸しているかのよう そこに居た気配は形となって 目に映っているかのよう 夜を両手に抱けたなら 嘘も本当もきっと 優しく温か。」今回の個展に向けて書いた作家の思いです。

物語を探しにぜひお出かけくださいませ。(女房)

✴︎「ひみつばなし」HIRABAYASHI KANO EXIBITIONは、2月3日(水)〜14日(日)

月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

 

 

Tagged with: