弥勒世果報(みるくゆがふ)ーundercooled

「undercooledという曲は、2003年アメリカが大量破壊兵器があるという虚偽の理由でイラクに攻め入った頃、もっと頭をひやせ、という気持ちで作った曲です」

これ、作曲した坂本龍一の言葉です。その曲に沖縄で活躍する「うないぐみ」という女性ボーカルグル−プが歌詞をつけて歌ったのが「弥勒世果報ーundercooled」です。「海の美しさ、青い海の美しさ」と沖縄の自然を湛えるところから曲は始まります。そして、戦場となった沖縄を思い、こう歌います

「決して忘れられぬ 戦の世の哀れ 子供たちに語っていこう 子供たちに語っていこう 星の光 我々の地球の光 弥勒の世の 願いを立てる 願いを立てる」

とこの地の人々の平和への願いを歌います。

ジャケットの絵はCocco。UA(ウーア)が、歌の途中で「つぶやき」で参加しています。このシングルCD(1080円)は、諸経費を除いた売上げが、辺野古新基地反対を目的とする辺野古基金に寄付されます。ネットでも、CDショップでも買えます。(当店にもありますが)ミュージシャン達の思いに参加してください。

ところで「弥勒世果報」は沖縄古来の信仰で「弥勒神」がもたらす理想的な平和で豊かな世の中の意味です。そして「undercooled」ー「もっと頭を冷やせ」と言われる最も相応しい人物は、今、アベちゃんであることは、皆さんよくお分かりのはずですね。

もう一枚ご紹介します。ガザ空爆の渦中、悲惨な運命に翻弄される子供達を前にして、なす術のなかった日本人ミュージシャンが作った曲が、世界18か国のミュージシャンによって演奏されたCDです。アースキャラバンテーマ曲「SHARE」です。多くの国の人達が一つの曲を演奏すると、どれもその国が育んできたリズムで、こうもいろいろ変えてしまうのかと驚かされます。音楽の深さ、広さを再認識させられました。

(参加国)日本、台湾、カナダ、アメリカ、スペイン、韓国、パレスチナ、ルワンダ、インド、ペルー、オーストリア、タイ、イスラエル、ウクライナ、イラン、バングラデシュ、オーストラリア、イタリア

すべての人達が幸福にならない限り、個人の幸福はないという思想を展開したものです。音楽好きの宮沢賢治なら、きっと天国から、おっ〜、これはこれは、と喜んでいることでしょう。