月曜日定休の店をやっていると、美術館にゆっくり行けないのがちょっと不便です。なので、たまに連休を頂くと、その火曜日を利用して、美術館へ、というのが目下の楽しみです。

今回は、愛知県立美術館で開催されている「片岡球子展」に行ってきました。長寿だった日本画家、片岡球子の作品は初めて実物を観たのですが、鮮烈な色彩、大胆な構図、パワフルな線に圧倒されました。静かに佇む富士山が、彼女にかかると、今にも噴火するぜ!という勢いです。

若い頃に、阿波踊りに興じる男たちを描いたものがありましたが、彼等の太い腕、逞しい足の動きが、踊っている真っ最中の楽しさを表現していて、好きな作品です。

80代後半になって取り組んだ裸婦像にも、その力強さは顕著に表れていました。真っ直ぐに伸びた足、ぐっと組合わさった両手。みずみずしい裸婦像です。また、古典芸能をテーマにした作品も手掛けており、歌舞伎、能、雅楽などの舞台を描いた作品も見ることができました。

一時「ゲテモノ」扱いされていたみたいですが、日本画家、小林古径に「今のあなたの絵はゲテモノに違いないが、ゲテモノと本物は紙一重の差だ… あなたの絵を絶対に変えてはいけない…」と励まされ、自分の画風を貫きました。モダンな画風は、今なら歓迎されるところでしょう。

足利尊氏のこの肖像画など、かなりデフォルメされていますが、笑っている様な、どこか寂しそうな、そして、ちょいお疲れ気味の雰囲気は、室町時代を築いた将軍の威厳こそありませんが、なんだかとても親しみやすい人物に見えてきて素敵です。横に並んでいた義満像、義政像もとてもユーモラスでした。

愛知県立美術館は、ビルの10階にあるのですが、全館アートのためのビルで、様々な企画を行っているみたいです。B2には、アート系専門書店があり、充実した品揃えでした。

さて、この美術館の近く、三越専門店「ラシック」で開催されている安藤誠さんの写真展に向いました。彼は、北海道の宿「ヒッコリーウインド」のオーナーで、今秋11月3日(火)〜15日(日)、レティシア書房で写真展の開催を予定しています。その下見も兼ねて観ておこうと足を向けました。

おしゃれな人たちが行き交う専門店の一階に、北海道の大自然に息づく動物や、広大な風景が飾られていました。多くのショッピングの途中の方々が、足を止めて写真を観ておられました。写真に力があるということなのですね。

まだ、はっきりとは決まっていませんが、写真展の直前に、3回目となるトークショー「安藤塾」も行う予定です。詳細はまたHPでご紹介していきます。ぜひご期待下さい。