2017年最後のレティシア書房のギャラリーは、「レティシア書房で贈り物」と題して、クリスマス・新年・バースデイなどの贈り物にしていただける作品展となりました。今まで、レティシア書房で個展をして頂いた作家さんたち7人による、楽しい作品をぜひご覧下さい。小さな額絵は、机の横や、廊下、玄関、トイレなどに飾ってもかさばらず、ちょっと雰囲気が変わるのがいいなと思います。

比較的小さな作品がこうしてびっしり集まると、それだけでワクワクして、「古本屋にクリスマスなど関係ないな〜」と思っていたのに、あの人にこれを贈ったら喜んでもらえるかも!とか、急にプレゼント病にかかりそうです。

毎回意欲的な作品を展開してくれる、北岡広子さんの版画による美しい扇子(6000円〜・写真右上)の数々。彼女のテーマでもある「アリス」や「天使」シリーズの銅版画も多く出揃いました。(2500円〜3800円)

たかせちなつさんの、愛らしいブローチがたくさん出ています。ユニークなデザインで、シャツや鞄につけても軽くて可愛い(ちくちくブローチ1500円〜1800円・写真左)。星座の銅版画・ポストカードなどもさり気ない贈り物にぴったりです。

大島尚子さんの個展でもおなじみの、木のブロックがクリスマスバージョンになって登場です(ブロック・1500円〜2500円・写真右)。小さなインテリアアクセサリーにぜひ。繊細なペン画や絵も、クリスマスツリーなどで季節感いっぱいにまとめられています。

深い世界を描く銅版画が素敵なハセガワアキコさんじっと何かを見つめる犬の顔(「LOVE」10000円・写真左)にぐっと心を掴まれました。今回は栞(500円〜)やアクセサリー(1500円〜)もいっぱいあります。手に取ってご覧下さい。

オダアサコさんの銅版画(写真右下)は、現実と幻想の隙間に入り込んだような不思議な浮遊感が魅力的です。小さな額だけれど、印象的な大きな贈り物になるかもしれません。(額込みで2000円〜7000円)

沢朱女さんは、10月に個展をしていただいたばかりですが、新作をまた作ってくれました(写真上・「木馬」8000円)。「クリスマスの小箱」という華やかなオブジェも加わりました。もちろん、毎回人気の高いおしゃれなポストカードもゆっくりご覧下さい。

もじゃハウスプロダクツによる家の模型(写真左下・奥)が、プレゼント仕様で初登場しました。5月に小嶋雄之建築設計事務所とのコラボで、面白い個展をしてくれたもじゃハウスさん。その時に展示した模型が評判だったので、美しく化粧(?)を施して箱に入りました(19440円〜)。もじゃハウスボックス(写真手前・1080円)という可愛い家型の箱も新登場です。こちらは、アクセサリーや小銭などの入れ物として。

急に寒くなって忙しい時期ですが、ちょっと手頃なアート作品を探しにお出掛け下されば幸いです。(女房)

●レティシア書房のお知らせ●

 年始年末 12月29日(金)〜1月4日(木)休業いたします。