街を歩けば、桜が今を盛りに咲き誇っています。そして、小さな本屋にも幅2〜3㎜の細長い紙をクルクル巻いて作った桜や、色とりどりの花が満開です!

「ペーパークイリング」は、英国発祥と言われる紙工芸で、中世の昔、聖書を製本した際にできた細長い紙の切れ端を、鳥の羽(クイール)で巻いてパーツを作り、修道院で宗教画や宗教道具に装飾したのが始まりと言われています。欧米を中心に世界中でアート、ホビーとして楽しまれていますが、日本でも広がってきているようです。

山中さおりさんは、開店以来ずっとレティシア書房で個展を開いているペーパークイリング作家です。11回目となる「私的クイリング植物図鑑」と題した今回の展覧会は、約12年模索を続けてきた彼女の一つの到達点になったような気がします。

花や果物や小さな動物をつくることから始め、個展を重ねる度に新しい作品に挑戦してこられました。アートマルシェなどでグッズを販売したり、教室で教えたりするだけではなく、新作を発表し続けることで、技術や表現の力を確実にアップしてきました。2020年、ペーパークイリングの特徴である美しい色を排して白一色で大きな作品を並べた時も、その試みに感動したものです。とても几帳面な性格がペーパークイリングの製作にとても合っていたのですが、いまひとつ殻を破れない、と悩まれていたこともありました。そして、昨年から一日一個の作品を作り上げることを自らに課して、200にも及ぶ植物を作ってきました。その手しごとを続ける中で湧き上がってきたのが「植物図鑑」でした。

ペーパークイリングの植物の横に、その植物にまつわる文章を添えた図鑑のような形にたどり着いたのは、彼女のたゆまぬ追求心の結果です。読書家で詩や文章を書くことが得意だったことと、技術力のアップで得た表現が結実しました。例えばフキノトウの横には、花の解説や花言葉などと共に「父に連れられて行った冬の田んぼで初めて見ました。あまり目にしない形の花に『こんなものがあるなんて!』と子供心に自然の造形美に対して深い感銘を受けました」というような思い出なども書かれています。

山中さおり進化中!ぜひレティシア書房へお花見にお越しくださいませ。(女房)

✴️山中さおり個展「私的クイリング植物図鑑」は4月6日(水)〜17日(日)月火定休

13:00〜19:00

 

 

 

本日より山中さおりさんの「ペーパークイリング作品展」が始まりました。

レティシア書房での作品展は8回目となりましたので、ご存知の方も多いとは思いますが、「ペーパークイリング」の説明を少しさせて下さい。細い紙(2㎜〜6㎜幅くらい)をクイリングバーという棒でクルクル巻き、小さな円や楕円、四角や三角を作ります。一枚一枚の紙を、クルクル、クルクル、さらにクルクル巻き、その小さな部品が、例えば花びらの一つ一つとなって花の作品になるという、とても細かい作業の積み重ねで出来上がるものです。英国で生まれたもので、もともとは、聖書を製本した時に出る細い切れ端を(神のことばが書かれた紙なので)大切にして、鳥の羽根(quill:クィール)で巻き、宗教道具や絵画を飾ったのが始まりと言われています。

 

 

どのような手仕事にも言えますが、細かい作業を繰り返し繰り返し積み重ねることで、美しい作品に磨きがかかります。芸事などの技が上達することを「手が上がる」と言いますが、正にそれ!「手」が思う通りに動いて、作品に命が吹き込まれます。新作のコスモスの花々をあしらったウェルカムボード(写真上)は生き生きとした感じがしますし、一方で、ポインセチアの少し落ち着いた色合いの作品も目を引きます。それらすべてが、細い紙を巻いて作った小さなパーツの集まりなのです。この写真(左)でわかっていただけるでしょうか?

 

クリスマスシーズンということで、グリーティングカードや、プレゼントに添えるクリップなど華やかな小物もたくさん並びました。また、初級〜中級者用にペーパークイリングのキットをセットしたもの、用具なども販売しております。1セット1200円のものが2セット購入の場合は、二つで2000円となる特別価格のものもご用意しておりますのでこの機会にぜひ。

山中さんは絵を描いたり絵本づくりを考えたりと進化し続けています。来年もまた新作を並べるべく、構想を練り始めました。まずはこの秋の新作を、お楽しみ下さいませ。(女房)

山中さおりペーパークイリング作品展 11月26日(火)〜12月8日(日)12:00〜20:00 月曜定休日

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。