三浦しをん「あやつられ文楽鑑賞」(ポプラ社/古本700円)は、笑いの止まらない文楽入門書です。

ご存知「忠臣蔵」に登場する若い二人、おかると勘平。文楽でも歌舞伎でも見せ場の多い人物ですが、二人が何とか時間を工面して逢瀬する場面も、しをんさんにかかると、こうなります。

「『おいおい、ちょっと待てよ』『なによ、なにを待つってのよ。もう夜が明けちゃうわ。ほらほら、ねえ』と、ラブホテルにしけこむのであった」

大星由良助が、討ち入りの話を盗み聞きした九太夫を捕まえて、部下の平右衛門に引き渡す場面は、こうです。

「『そら、平右衛門、そいつを加茂川で……..。」「加茂川で、どうします?「水雑炊を食らはせい」ぶるぶる、こわいよ。陰湿な比喩も操る由良助。これがヒーローの発言でしょうか。『東京湾に沈めるぞ』に匹敵する、ヤクザ顔負けの由良助のセリフなのだった。」

この調子で演目の解説が続くかと思えば、ミーハー丸出しで、ご贔屓の演者に体当たりインタビューを敢行します。さらに、文楽が歌舞伎になった演目や、文楽が関係する落語の演目を見にいきます。ほんとに、文楽が好きなんだなぁ〜と言うことが伝わり、こんなに楽しい舞台観なきゃそんだよ、というしをんさんの声が聞こえてきます。

何度か、私も大阪に文楽を観に行きました。初心者にも理解しやすいように、舞台横に字幕が出るので安心です。こじんまりした劇場なので、三味線の音も、大夫さんの感情の籠った声もガンガン響いてきます。もう、これはライブコンサートです。しおんさんがハマるのも理解できます。

文楽って不思議で、何しろそれまで単なる人形だったものが、いきなり魂を持った人物に豹変するのですからね。

「文楽の人形は、魂の『入れ物』である。大夫さんの語り、三味線の奏でる音楽、そして人形さんが遣うことによって、はじめて魂を吹きこまれる『容器』なのだ。だから場面に応じて、人間以上に『人間』になることも、聞き役に徹する『背景』になることもできる。」

空っぽの木の人形に魂が取り憑く。その瞬間を私たちは体験できるのです。歌舞伎ほど、チケットも高くはないので、気楽に行けます。

尚、しをんさんは、先程の「仮名手本忠臣蔵」には大和なでしこなんていない。日本女性は、なでしこのようだなんて世迷い言だ!「強い女、自分の意見をはっきり言う女、いざとなったら腕力に訴える女」ばっかりだという意見です。同意見です。