美味しいお酒を一杯味わって、芳醇な香りに身も心もホッとさせてくれるような素敵な本です。著者の斉藤倫は詩人。本作は詩集ではありませんけれども、詩の紹介をメインにした中身です。

しかし、ユニークなのはこの「Poetry dogs」(新刊/講談社1760円)の構成です。こんな具合に始まります。

「『いらっしゃいませ』 グラスを、ふいている手が、ふさふさしていた。バーテンダーは犬だった。ようやくすぎゆく夏のうしろ姿が見えた、という夜に、ふらりとはいった三軒めだった。」

このバーでは、「お通し」として「詩」を出しているのです。洋酒が詰まった棚に差し込まれた詩集から、マスターが、お客の気分や、オーダーしたお酒を見て詩集をさし出すのです。その雰囲気が気に入った「ぼく」は、ここに通うようになります。そこで出される詩を巡っての会話がメインになります。「第一夜」から始まり「第十五夜」で幕を閉じるのですが、31人の詩人が紹介されます。

「ぼく」はマスターに詩に詳しいの?と問いかけます。その答えは「ただしりたいだけなのです。にんげんが、物事をどのようにとらえるかを」

そうか、詩って「物事のとらえかた、のかたち」なのか。詩の本質を言い当てているかもしれません。

「色とりどりのボトルに、本のまじった棚からマスターは一冊を選ぶ。つきだしがわりの詩。もはやそれを待ちのぞんでいたじぶんに、ちょっとおどろく。なんだか、お薬お出ししますね、という口調に似てたけど。」

と、詩にのめりこんでゆく「ぼく」。読んでるこちらも、詩集の中に入り込んでしまう。ここに登場する詩の一つ一つに、いかにもという解釈が付いた本であったならきっと退屈だったでしょう。しかし、犬のマスターと「ぼく」との控えめな会話のせいで、私たちもカウンターに並んで一杯飲むように詩を楽しむことができます。

マスターの蘊蓄が、また面白いのです。例えば、万葉集などの古い言葉を引き合いにだして、その当時は「男女かんけいなく、いとしいひとを、つま、と呼んだようですね、夫婦か、恋人かに、あまりかかわらず」

それを聞いて「いいねえ、それ。あはは。だいじなひとは、みんな、つまか。それだけ。なんてシンプルなんだろう。」

「にんげんの皆さまは、今後そうされたらいかがでしょう」とマスター。控えめなジェンダーへの提言などつぶやくのです。

詩集ってなかなか手を出しにくいという方も、こんな楽しい紹介本があるとちょっと読んでみようかなと思うかもしれません。できればこのバーに行って、マスターに感想を話したくなります。

もう一つ、マスターの蘊蓄です。

「旅路で馬をつないで、ひとやすみするための棒。それが、バーの語源といわれています」

本日の京都新聞の読書欄で、元書店員でいつもいい本を選ぶ鎌田氏が、この本を書評してました。やるな、お主。

Tagged with: