2015年、映画をテーマにした「荒野の二人展」を、イラストレーター朝野ペコさん楠木雪野さんコンビにより開催しました。レティシア書房の名前の由来である映画「冒険者たち」から始まって、連想ゲームのようにセレクトされた映画のイラストが並んだ楽しい企画でした。続いて2017年の「続・荒野の二人展」には「私たちのするめ映画」という副題がつき、地味ながら味のある映画の一場面のイラストがずらり。そして、映画好きイラストレーター二人によるお待ちかね第3弾!!「新・荒野の二人展」のテーマは「ヒーロー」です。自分にとって「ヒーロー」は誰か?ヒーロー映画とは何か?という二人の問いに、想いを巡らせてください。

選ばれたヒーローたちは、カッコいい「グロリア」のジーナ・ローランズや、「ドラゴンへの道」のブルース・リー、「サムライ」のアラン・ドロンもいれば、「幕末太陽傳」のフランキー堺というひねりの効いた人もいて、やっぱりこの映画好きの二人、一筋縄ではいきません。

モノクロの朝野さんの作品は、計算されたこれしかない!という気持ちのいい線は相変わらずですが、今にも次のシーンに続く動きがあって新鮮な感じがしました。シャッ!とか、バン!なんていう音が聞こえてきそう。「ピンポン」(写真上)の緊張感は本人が卓球を始めたせいもあるのか…….。ちなみに朝野さんが映画好きになったきっかけになった映画は「狼たちの午後」とか。

一方の楠木さんは、白い画面を大きくとった構図に、少しだけ加えられた色彩が美しい。添えられた文字がとっても上手くて洒落ています。こんな程よい軽やかさは、簡単そうに見えて実はとても難しいと思うのですが、センスの良さに舌を巻きます。映画好きになったきっかけになった映画は「明日に向かって撃て」、R・レッドフォードが楠木さんのヒーローだそうです。描かれた「コンドル」のレッドフォードには愛を感じます。

それぞれの作品には、「どんな映画?」「どんなヒーロー?」の説明が書かれていて、一つ一つ読んでいくのも楽しいです。私のヒーローは、「十二人の怒れる男」のヘンリー・フォンダかな。この展覧会が終わるまでに今まで見てきた映画をゆっくり思い出してみよう………。それにしても毎回楽しいこの企画。ぜひ続けてほしいと願っています。(女房)

なお、作品は全て販売しております。「ヒーローオリジナルグラス」(1200円)、ポストカードなどのグッズも販売中。

「新・荒野の二人展 ヒーロー」は8月24日(土)〜9月8日(日) 12:00〜20:00(最終日は18:00まで)月曜定休日